Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音は大人でも改善できる!難発やどもりの治る確率UP法をチェック!

吃音症の悩み

吃音は大人でも改善できる!

むしろ、難発やどもりが辛くて悩んでいる人ほど、絶対にあきらめないでほしい。

 

吃音は、仕事などのストレスも多い大人にとっては、とても大きな障壁だ。

でも、正しい知識と方法を実践していくことで、治る確率をグンと上げることができる。

 

今回は、難発やどもりの治る確率が上がる方法をチェックしていく。

 

何度も言うが、吃音は大人でも改善できる。

さっそく、あなたもその一歩を踏み出していこう。

吃音は大人でも改善できる!難発やどもりの治る確率を上げるには、話す環境をチェック

吃音は大人でも改善できる!

しかし、そのためには、単純に話し方を練習していくだけでは難しい。

 

なぜなら、吃音が出るのは、話す環境によるストレスの影響が大きいからだ。

むしろ、誰もいない一人の場面で、難発やどもりが出るのは珍しいこと。

 

 

どんなに難発やどもりが出にくい話し方を練習したところで、実際の場面でその力が発揮できなければ意味がない。

だからこそ、吃音の大人が改善していくためには、話す環境をチェックすることが大切だということ。

 

たとえば、どんなに難発やどもりが出にくい話し方を練習しても、会社の電話だと全くうまく話せないこともある。

それは、やはり練習と実際の場面では状況が異なるからだ。

 

 

仕事で疲れていたり、電話相手に気を使いながら話す場面というのは、練習ではなかなか手応えが掴みにくい。

それに、電話相手が吃音であることを知らなければ、「ただの不誠実な人」というレッテルを貼られてしまう可能性もある。

 

練習では難発やどもりが出にくい話し方をできている。

でも、実際の場面では、逆に落ち込んでしまうことも少なくない。

 

 

「練習ではうまくいったのに…。」

こんな振り返りばかり増えていくようでは、吃音を大人で改善していくことは難しい。

 

つまり、吃音を大人が克服していくためには、いかに練習と実際の場面での差を小さくするか、ということが大事。

私の経験からすれば、吃音を大人が改善していくためには、周りの人の協力が不可欠だ。

 

 

どういうことかと言うと、なるべく自分が苦手で難発やどもりが出やすい場面を共有しておくこと。

これは言うまでもなく、とても勇気がいることだ。

 

それに、周りの人間関係の問題もあると思う。

吃音であることを打ち明けたところで、理解を示してくれなければ何の意味もないと思うかもしれない。

 

 

しかし、吃音をカミングアウトするデメリットを差し引いた上でも、周りに協力してもらうことは大切だ。

そうでなければ、吃音を大人で改善していくのは難しいというのは電話の例でも明らか。

 

吃音をカミングアウトするコツとしては、一番信頼のおける同僚や上司から相談していくこと。

そして、吃音をカミングアウトすると意外に「知ってたよ」と言われることが多い。

 

 

つまり、吃音であることを隠そうとしていても、意外とそういった症状が出ていることはみんな分かっている。

ということは、吃音の辛さを理解してもらえる下地はできているのだから、あとは具体的にどうすべきかを相談することだ。

 

そのコツとしては、このような言い方をするといい。

「自分も努力するが、このままでは会社に不利益となることが多いので協力してほしい」

 

 

吃音を大人が改善していくためには、話す環境を整えていくことが必須。

まずは、話す環境をチェックして、自分にとって話しやすい環境をつくるには、誰に・どの場面を相談すべきかチェックしていこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音は大人だと治る確率が低い?どもり原因は遺伝?頭の回転?発達障害?正しい克服法とは?

[/su_box]

 

吃音は大人でも改善できる!話す際の心理チェックは想像以上に大切

吃音は大人でも改善できる!

そのためには、自分自身の話す際の心理チェックも大切にしてほしい。

 

なぜ、話す際の心理チェックが吃音を大人が改善していくために欠かせないのか?

それは、思い通りに話せないときに、

  • 周りからどう思われているか不安
  • 自分に対しての自信のなさ
  • 自己嫌悪

などが原因となって、トラウマを抱えてしまいやすいからだ。

 

 

あなたも経験があるかもしれないが、吃音にとってトラウマほど怖いものはない。

うまく話せていた場面でも、うまくいかなかった時のトラウマが波のように広がっていって、どもる予感がしてしまう。

 

吃音の悪化とトラウマの経験は、とても強く関係している。

だからこそ、吃音を大人が改善していくためには、話す際の心理チェックが必要なのだ。

 

 

吃音を改善していく過程において、吃音による失敗はどうしても避けられない。

(むしろ、吃音による失敗がないのなら、もうすでに吃音は克服できていると言える。)

 

そんな中で、吃音を大人が改善していくためには、トラウマを跳ね返すような前向きな気持ちが必要だ。

話す心理チェックについては、こちらの記事で詳しい方法をチェックしておこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:言葉を噛む心理は病気?吃音症が原因?言葉を噛むを直す、噛まない方法

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

吃音は大人でも改善できる!克服していくために大切なこと

吃音は大人でも改善できる!

しかし、そのためには計画的な克服ルートを実践していくことが大切。

 

やみくもにやったからといって、必ずしも効果的だとは言えないので注意が必要だ。

そういった意味では、私自身の吃音克服の体験談はとても参考になると思う。

 

 

私の吃音克服の体験談は、無料のメルマガで配信しているので、この機会に登録しておくようにしよう。

なお、無料だからといって妥協したものではないので、人数限定で濃い内容をお伝えすることにしている。

 

吃音をちゃんと克服していきたい人だけ登録しておいてほしい。

あなたがこれ以上の吃音の苦しみに振り回されず、思うがままに生きられる素晴らしさを実感できるよう心から願っています。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。