Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音克服方法!大人のどもりや難発が治った方法をチェック!意識すべきコツを伝授!

吃音症の悩み

吃音の克服方法について、具体的な方法をお伝えしていこう。

吃音の克服方法は、大きく分けて2方向からの働きかけが大切だ。

 

一つは、吃音の症状(言葉が詰まる・どもりが出る)が出やすい、今の話し方を改善していくこと。

そして、もう一つは吃音による不安やストレスを感じにくい環境を作っていくこと。

 

それにより、吃音が悪化していくのを防ぐとともに、自分の話し方に自信をつけていく。

これが、吃音の克服方法の主な流れだ。

 

この方法でいけば、今は辛い吃音でも克服していくことができる。

大人のどもりや難発が治った方法を詳しくチェックしていこう。

吃音の克服方法①大人のどもりや難発が治った話し方の改善方法

吃音の克服方法として、まず初めに大切なのが、大人のどもりや難発を出にくくする話し方を習得していくことだ。

吃音の克服にとって、この考え方は欠かせない。

 

なぜなら、吃音はもともと持っている「吃音が出やすい話し方」が表面化した症状。

そして、それによる失敗などの経験から、ストレスが重なって吃音として現れるものだから。

 

 

つまり、吃音の土台ともいえる話し方を改善していくことで、結果的に、吃音を克服しやすい態勢を整えることができるのだ。

その具体的な方法としては、大きく分けて2つ。

 

これらを意識して、今もっている話し方を改善していくことで、大人のどもりや難発の症状も軽減していくことができる。

それではさっそく、その改善方法についてチェックしていこう。

 

スポンサードリンク

吃音の克服方法(話し方編)①とにかく力を抜いて話す

吃音の克服方法として欠かせない、大人のどもりや難発が治った方法。

その一つめは「とにかく力を抜いて話すこと」。

 

吃音の症状である、言葉が喉にひっかかるような詰まる現象。

いわゆる、難発性吃音は話すときに必要な喉や舌、口の筋肉がこわばってしまうことが原因の一つ。

 

 

つまり、必要以上に力んでしまうことで、ガチガチに力が入って声が出せなくなる。

その状態を軽減するには、とにかく力を抜いて話すことが重要だ。

 

しかし、力を抜けと言われて抜けるなら、こんなに簡単な話はない。

「力が入っているのは分かるけど、どうやって力を抜けばいいのか分からない」

 

 

こんな風に感じてしまうと思う。

そのため、力まずに話すことが難しい場合、このようなことを意識するようにしてほしい。

  • 肩を上下に動かす
  • 深呼吸をする
  • 軽くジャンプをする

 

「どもるかもしれない」と不安になってくると、緊張したり、余計に力が入ってしまうものだ。

そんな時はこれらの方法で、意識的に力を抜くことを試してみよう。

 

吃音の克服方法(話し方編)②ゆっくり話す、そして呼吸を意識する

吃音の克服方法として、大人のどもりや難発が出にくい話し方をしていくためには、ゆっくり話すことが基本。

つまり、話すことの先を急がないこと。

 

目の前の言葉を丁寧に、一つ一つ話していくイメージが大切だ。

単純に感じるかもしれないが、ゆっくり話すことで、どもりにくくすることができる。

 

 

また、ゆっくり話すということは、たっぷり息を吸う・しっかり息を吐くということを繰り返さなければいけない。

難発の場合、このことが大きく改善に関わってくる。

 

それに、先にお伝えした力を抜いて話すことにもつながる。

これらをチェックして、吃音を克服するための話し方をしていこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音の克服法をチェック!大人の難発、どもりでもう悩まない!実際に治った方法とは?

[/su_box]

 

スポンサードリンク

吃音の克服方法②ストレスによる悪化を防ぐ環境の作り方とは?

吃音の克服方法として、大人のどもりや難発が出にくい話し方とともに大切なもう一つの要素がある。

それは、吃音のストレスを溜めない、吃音を悪化させない環境をつくることだ。

 

吃音は「どもるかもしれない」「言葉が出てこないかもしれない」といった不安感が強く作用するものでもある。

つまり、うまく話せないことへの心理的なストレスが悪い影響を与えてしまうもの。

 

 

そのため、そういった心理が出にくい環境を作っていくことも、また大事だということ。

では、吃音を悪化させない環境はどうやって作るか?

 

それは、なるべく安心して話せる状態を作っていくことに他ならない。

その一歩として、まずは自分が苦手だと感じている場面で話す練習を行っていくこと。

 

 

たとえば、電話やスピーチ、プレゼンなどの具体的な場面。

そういった場面で、先にお伝えしたどもりや難発が出にくい話し方で話す練習をしていこう。

 

そのほか、吃音であることを周りの人にカミングアウトすることもおすすめ。

吃音をカミングアウトすれば、大人にありがちな、どもりや難発をごまかす必要もない。

 

 

ごまかす必要がないということは、話しやすい環境をつくることにつながる。

吃音のカミングアウトは勇気がいることだが、その分、得られるメリットも大きいということだ。

 

こちらの記事も参考にして、吃音のストレスを溜めにくい環境から吃音克服を目指していこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音を克服した人の治った方法をチェック!どもりの大人あるあるから脱却せよ!

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

吃音の克服方法まとめ

吃音の克服方法として、急ぎ足ではあるが、その大枠を説明してきた。

なお、もっと詳しくより実践的な内容を知りたいという人のために、無料メルマガを配信している。

 

そちらの方では、私自身が実践してきた吃音の克服方法など、より詳しくお伝えしている。

あなたの悩みを解決していくために、無料でお伝えしているので、ぜひ活用してみてほしい。

 

 

人数・期間ともに限定なので、興味があれば今すぐ登録しておこう。

あなたが吃音を克服することで、自分らしく生きる素晴らしさを実感できるよう、心から応援しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,102 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。