Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音を克服した人の治った方法をチェック!どもりの大人あるあるから脱却せよ!

吃音症の悩み

吃音を克服した人の治った方法をチェックすることは、吃音克服の最短ルート。

というのも、吃音で悩む多くの人は「吃音から抜け出せない思考」にはまりがちだ。

 

特に、どもりのある大人はその傾向が強く、「どもりの大人あるある」とも言える。

今回は、そんな「どもりの大人あるある」から抜け出す、吃音を克服した人の治った方法をチェックしていこう。

吃音を克服した人から見た、どもりから抜け出せない「どもりの大人あるある」とは?

吃音を克服した人から見た、大人のどもりから抜け出せない理由。

それはすなわち、どもりの大人がはまりがちな「あるある」でもある。

 

あなたが吃音を克服したいと思うなら、この「どもりの大人あるある」に当てはまらないように注意すること。

この意識が、吃音克服にとってとても重要になってくる。

 

 

その「どもりの大人あるある」とは、

  • 吃音を克服した人は特別で、自分とは違うと考えてしまう
  • 自分の吃音は重度なので、克服なんて無理だと思い込んでしまう
  • 自分に自信がない

 

こういった考え方が「どもりの大人あるある」なのだ。

つまり、このような考え方をしているうちは、なかなか吃音を克服できないということ。

 

 

でも、冒頭でもお話ししたとおり、こういった考え方はどもりの大人が陥りがちな思考。

だからこそ、このあるあるにはまらないように、意識していくことが吃音克服の一歩とも言える。

 

この「どもりの大人あるある」を一つずつ見ていってみよう。

まず、吃音を克服できた人は特別だと感じること。

 

 

実際に吃音を克服した人がいる中で、自分が吃音の症状で悩まされていると別次元の話と感じてしまうものだ。

でも、それは間違い。

 

吃音で悩む以上、誰もがつらい思いをしているのは確か。

その中で、吃音克服を「自分ごと」としてとらえられた人だけが、吃音を克服することができる。

 

 

根性論のように感じてしまうかもしれないが、吃音を克服していくためには、根底となる「とらえ方」がとても大事なのだ。

また、吃音が軽度か重度かで、克服のしやすさが違うと感じてしまうこともあると思う。

 

確かに、吃音は個人差がある。

しかし、それが直接的に吃音の克服に作用するわけではないということ。

 

 

それよりも、吃音克服のとらえ方が影響する部分の方が絶対的に大きい。

そして、自分の自信がない人も非常に多いのが事実だ。

 

もちろん、吃音でボロボロになっているなかで、意味もなく自信を持つのは難しい。

吃音を克服する自信がないのであれば、自信を積み上げていく行動・経験が大切だということ。

 

その具体的な方法について、詳しく見ていこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音の克服法をチェック!大人の難発、どもりでもう悩まない!実際に治った方法とは?

[/su_box]

 

吃音を克服した人の治った方法をチェック!どもりの大人が意識すべき2つのこと

吃音を克服した人の治った方法を、実際にチェックしていこう。

吃音を克服した人の治った方法として、どもりのある大人が意識すべきなのは大きく2つ。

 

まず、その一つは、電話や面接・プレゼンなどの苦手な場面では「役になりきる」ことを意識してみよう。

実は、吃音を克服した芸能人には、俳優や女優なども多い。

 

 

彼ら・彼女らは、舞台などで役になりきってセリフをいう場面では、吃音症状が出ないという。

その原因は明らかではないが、

  • 役になりきることで、吃音に意識が集中することを防ぐ
  • 役になりきることで、話し方のスイッチが切り替わる

などが考えられる。

 

 

もちろん、細かい理由を気にする必要はない。

吃音を克服した人は、そのきっかけとして「役になりきる」ことを実践している。

 

どもりのある大人は吃音の症状が出そうな時ほど、自分以外の話し上手な役になりきるようにしてみよう。

そして、吃音を克服した人の治った方法として、どもりのある大人が意識したいもう一つの方法。

 

 

それは、自分が出来るだけ安心して話すことができる環境をつくるように努力することだ。

つまり、どもりのある大人でも、どもりが出ることがプレッシャーに感じにくい環境作りをするということ。

 

たとえば、少し勇気がいるかもしれないが、周りの人に吃音であることをカミングアウトする。

そして、吃音でどもることがあっても、周りの人に理解してもらったり、協力してもらうのが効果的だ。

 

 

どもりが出ると、自分自身に嫌悪感を持ち、さらに吃音が悪化することが多い。

しかし、周りにカミングアウトしておけば、そのストレスを最小限にすることができる。

 

吃音を克服しやすい環境を整えるということも、どもりの大人が意識すべき重要な点だ。

以下の記事を参考に、吃音でも話しやすい環境を作っていくようにしよう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:会話でどもる吃音症、その原因は?克服のための3ステップ

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

吃音を克服した人が治った方法のまとめ

吃音を克服した人は、何となく吃音を克服できたわけじゃない。

吃音を克服するために、必要なステップを確実に乗り越えてきたからこそ、吃音を実現できたのだ。

 

そこにたどり着くまでには、勇気を出して一歩踏み出すこともあっただろう。

その結果、恥をかくこともあったかもしれない。

 

 

確かに、恥をかくのは怖い。

吃音は克服した方がいいと思ってはいても、なかなか一歩を踏み出すのは怖いものだ。

 

吃音を克服したいけれど、どこかでこのままでいた方がと思ってしまう自分もいると思う。

でも、それではいつまでたっても吃音に生き方を縛られるだけ。

 

 

もう吃音に悩み続ける人生は終わりにしたい。

そんな風に感じたら、吃音克服のために勇気を出して一歩を踏み出してみることをおすすめする。

 

吃音克服については、無料のメルマガで詳しくお伝えしている。

今すぐ登録して、吃音克服のために必要な情報をそろえるところから始めよう。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。