Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉を噛む心理は病気?吃音症が原因?言葉を噛むを直す、噛まない方法

うまく話せない…

あなたは言葉を噛む状態に悩んでいないだろうか?

 

実は、言葉を噛む背景には、話す時にストレスを感じてしまうだけでなく、様々な問題が隠れている。

 

しかし、言葉を噛む心理や原因を知り、直すために確実な“噛まない方法”を実践していこと。

 

そうすれば、言葉を噛む状態は改善することができる。

 

今回は、言葉を噛む状態を改善、さらには克服するための内容を詳しく説明していきます。一緒に克服を目指そう!

 

言葉を噛む心理は?吃音症の病気との関係は?

言葉を噛む背景には、人間の複雑な心理が隠れている。

 

それは、言葉を噛む本人が気づいていないことも多い。

 

と、いうのも、人が意識できている部分というのは“氷山の一角”とも言われるほど。

 

 

つまり、自分が本当に考えていることなんて、ほんの一部しか理解できていないということ。

 

自分が理解している「自分の気持ち」なんて、分かっているようで分かっていない。

 

だから、あなたの深層心理のうちに根っこを張っている、

 

ストレスや緊張

 

これらが悪さをしているのだ。

 

 

だからこそ、あなたがどんなに意識したところで、なかなか言葉を噛むのを直すのが難しいということ。

 

では、どうしたら良いのか?

 

それは、自分の深層心理に考えていること、緊張やストレスを和らげることから始める必要があるのだ。

 

 

しかし、深層心理なんてどうやって理解できるの?というのが普通だと思う。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

言葉を噛む心理とは?吃音症や人前、電話で緊張せず噛まない方法

[/su_box]

 

上記の記事に、その方法を詳しくまとめているので言葉を噛む深層心理をよく理解しておこう。

 

 

あえて、大切なことなので、何度もお伝えしたい。

 

それは、言葉を噛む状態を直すには、まずは自分が抱えている本当の悩みとしっかり向き合う必要があるということ。

 

なぜ、それが大切なのか、それは、

 

言葉を噛むのを直すのは自分自身だから。

 

 

それは深層心理に対しても同じことで、しっかり向き合う必要がある。

 

あなた自身があなたのことを理解できていなければ、言葉を噛む状態を直すのは難しい。

 

それだけは、言葉を噛むのを直すために大前提で大切になる。忘れないでほしい。

 

 

しかし、「そんな状態って普通じゃない。病気なんじゃないの?」と不安になってしまうかもしれない。

 

実は、言葉を噛む原因の一つには、吃音症が関係している。

 

吃音症とは、特定の言葉や特定の場面に強くストレスを感じてしまうことが多い。

 

 

そして、吃音症の特徴的な症状として、言葉が詰まる、言葉を噛む、言葉をどもるなどがある。

 

また、言葉を噛む前に「また言葉を噛むかもしれない」と不安や予感を感じて、さらに症状を悪化させてしまうことも。

 

 

また、言葉を噛むことと吃音症は、どちらが原因になることも、逆に、どちらが症状となって現れることもあり得る。

 

言葉を噛む⇄吃音症

 

つまり、このような関係性なのだ。

 

 

これは、それこそ深層心理が支配している部分が大きいので、個人によってルートは変わる。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

言葉を噛むのは病気?吃音症の言葉が出てこない、詰まる、噛む、どもる原因はストレス?

[/su_box]

 

言葉を噛む吃音症については、こちらの記事で特に詳しくまとめている。

 

さらに詳しく知りたい人は、じっくり理解を深めてほしい。

 

スポンサードリンク

言葉を噛む、を直す!吃音症でも原因から考える“噛まない方法”

言葉を噛むのを直すためには、先にお伝えしたように、自分が抱えている本音の部分(深層心理)を理解すること。

 

つまり、なんとなく言葉を噛むように見えていても、実は理由があったりするのだ。

 

たとえば、話す相手が苦手と感じていたり、苦手な言葉を言おうとしている場合であったり。

 

 

そして、それだけではなく、その時にどのような感情を抱いているのか。

 

また、自分がどうしたらそのような感情を落ち着けることができるのか。

 

そのような客観的な視点で、自分を見つめ直すこと、自分の深層心理との対話が大切になる。

 

 

このような自分の深層心理を追求するとともに、言葉を噛むのを直すためには、もう一つ大切なことがある。

 

それは、スキル的な面でどのような原因を抱えているのかを見つけること。

 

つまり、言葉を噛む心理的な面とスキル的な面から、言葉を噛むのを直すイメージだ。

 

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

言葉を噛む原因ベスト5!吃音症や緊張しても言葉を噛まずに話す方法

[/su_box]

 

言葉を噛む原因については、こちらの記事に詳しくまとめている。

 

言葉を噛む、という人には必ず原因がある。

 

自分が当てはまる原因をしっかり把握しておこう。

 

 

ここまでご紹介してきたように、言葉を噛む状態を直すには、2つのポイントがある。

 

  1. 言葉を噛む自分の深層心理を理解すること
  2. 言葉を噛む原因となるスキル面での自分の弱点を知ること

 

これらが欠かせない、意識したいポイントだ。

 

 

そして、ここまでを総括してまとめたのが、こちらの記事。

 

言葉を噛むのを直すために、必要な情報を詰め込んでいるので、言葉を噛むのを克服したい人は、ぜひ目を通しておこう。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

言葉を噛むのを直す!吃音症が言葉に詰まる、噛まずに話す方法

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

言葉を噛む原因と吃音症でも噛まない方法のまとめ

言葉を噛むのを直すこと。

 

今のあなたが、言葉をよく噛むのであれば、それはきっととても難しいと感じているに違いない。

 

しかし、言葉を噛むのを直すというのは、心理面とスキル面を改善できれば良い。

 

 

実は、言葉を噛むのを直すのはとてもシンプルなのだ、ということ。

 

あなたがもし、現状の言葉を噛む状態を改善・克服したいのであれば、今回ご紹介した記事をじっくり読むことから、まず始めてみよう。

 

あなたが言葉を噛むことにストレスを感じずに、話せるようになることを心から願っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。