Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音は大人になってからだと克服できない?難発が治った方法チェック!

吃音症の悩み

吃音は大人になってからだと克服できない?

あなたもそんな風に不安を感じていないだろうか?

 

確かに、吃音は小さいうちの方が治る確率は高いといわれている。

そうなると、吃音を大人になってから発症した場合は、あきらめるしかないと考えてしまいがちだ。

 

しかし、実際はそんなことはない。

むしろ、吃音は放っておくと悪化の一方だ。

 

吃音が大人になってから現れたとしても、あきらめることなく克服を目指していこう。

今回はその方法を具体的にお伝えしていく。

 

吃音を大人になってから感じるようになったとしても、大丈夫。

前向きに、難発やどもりが治った方法をチェックしていこう。

吃音は大人になってからでも克服できる!電話など苦手な場面でも難発が治った方法をチェック!

吃音は大人になってからでも克服できる。

大人になってから吃音になると「吃音になる前の話し方をすればいい」と言われてしまうことがあるかもしれない。

 

でも、吃音に大人になってからなったあなたならば分かると思うが、吃音というのは、気づいたらなっているもの。

当然、吃音になる前の話し方をすんなりできれば苦労はないが、それが難しかったりする。

 

 

吃音に大人になってからなる場合、その頃に大きなストレスやショックがセットになっていることが多い。

たとえば、大人にありがちな仕事や人間関係のストレス。

 

それにより、思うように話せなくなり、気がついたら吃音になっていた…という場合が多いもの。

また、吃音の人の真似をしたことで、自分自身も吃音を獲得してしまった、ということもあるようだ。

 

 

いずれにしても、吃音に大人になってからなった場合は、小手先でどうにかしようとするのはおすすめしない。

というのも、吃音になる前の話し方を取り戻そうとしたり、自己流の練習をしても効果がないからだ。

 

それよりも恐ろしいのは、逆に吃音から抜け出せなくなってしまうこと。

そう、いたずらに吃音でない話し方をしようとすればするほど、ドツボにハマりやすいので注意が必要なのだ。

 

 

その考え方で言えば、吃音に大人になってからなった場合は「新しい話し方を身につける」つもりで臨むのが良い。

言ってしまえば、吃音の話し方も、後から新たに身についてしまった新しい話し方。

 

それをどうこうしようとしても、吃音から抜け出すことは難しい。

だからこそ、吃音ではない新しい話し方を身につける感覚が一番克服に合っているということ。

 

 

電話などの苦手な場面でも難発やどもりが治った具体的な方法は、こちらで詳しくチェックしておこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音は大人だと治る確率が低い?どもり原因は遺伝?頭の回転?発達障害?正しい克服法とは?

[/su_box]

 

スポンサードリンク

吃音は大人になってからでも克服できる!いかに吃音に振り回されない生き方ができるかがコツ

吃音は大人になってからでも克服できる。

そのために大切なことは、吃音にいかに振り回されずに生きるかということ。

 

吃音に大人になってからなったといって、うまく話せないことばかりを気にしていると、吃音はどんどん悪化してしまう。

苦手な言葉やうまく話せない場面がどんどん増えてくる。

 

 

それを避けるためには、吃音であることをなるべく気にしないようにして、話す言葉を準備したおかないほうがいい。

吃音になると、どうしても言いやすい言葉を選ぶようになったり、電話を避けるようになってしまう。

 

でも、そのような行動を取っていると、吃音はなかなか克服できない。

もちろん難しいけれど、なるべく話すこと自体に意識を向けず、アドリブで話すようにしたいもの。

 

 

また、吃音だからといって何かを避けるのは止めるようにしよう。

吃音に大人になってからなると、吃音が出そうな場面は避けがちになってしまうことが多い。

 

あなたも、やりたい仕事があっても吃音を言い訳にしたりしたことはないだろうか。

積極的に人と関わるのを、あきらめようとしたりしたことはないだろうか。

 

 

吃音に振り回されて、やりたいことをあきらめるような生き方をしていると、吃音の克服自体から遠のいてしまう。

吃音に囚われずに、前向きに行動することができるか試されていると考えてほしい。

 

大事なことは、とりあえずやってみる姿勢だ。

吃音に大人になってからなったとしても、仕事もできるし結婚だってできる。

 

 

吃音だから…と言い訳するのは、これを機に一切やめよう。

そういった姿勢をもつことが、吃音克服の一歩につながるのだということを意識していこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

吃音は大人になってからでも克服できる!より効果的な克服法とは?

吃音は大人になってからでも克服できる。

そうは言っても、やはり目の前の現実に不安を感じることはあると思う。

 

吃音でなかった頃の記憶もある分、以前の自分と比べて、辛くなることもあるだろう。

誰にも相談できず、辛い思いを抱えていると吃音が悪化する原因にもなりかねない。

 

 

そんな思いを抱えているのなら、ぜひ私の無料メルマガに登録しておくことがおすすめ。

メルマガでは私の吃音克服の体験談や、吃音でも前向きにとらえるコツをお伝えしている。

 

だから、吃音の辛さや失敗に押しつぶされそうになっても、負けない体質になれるのだ。

吃音に大人になってからなって、誰にも相談できない不安や辛さを抱えているのなら、ぜひメルマガを受け取ってほしい。

 

 

実際に、吃音を克服した人の話を聞くことで、明日からの生き方に前向きになれるはずだ。

あなたが吃音の辛さを克服し、より人生を楽しく生きられるようになることを心から願っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,101 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。