Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音の大人のための治療法をチェック!治る確率を上げる克服方法とは?

吃音症の悩み

吃音の大人のための治療法をチェック!

大人の吃音だからといって、あなたは克服をあきらめていないだろうか?

 

大人の吃音は克服しにくい環境があるため、なかなか治る確率が低いとされている。

しかし、だからこそ吃音の大人のための治療法をチェックしていくことが大切。

 

つまり、吃音の大人に特化した治療法を実践していくことで、治る確率を上げることができるということ。

大人の吃音だからといって、あきらめる必要は全くない。

 

吃音の大人のための治療法をチェックして、治る確率の低い吃音も克服していこう。

吃音の大人のための治療法チェック①どもりにくい話し方で吃音克服!

吃音の大人のための治療法チェック!

まず、始めにチェックしたいのが、吃音克服の土台となるどもりにくい話し方について。

 

吃音の大人は、苦手な場面や言葉でも無理をして話さなければいけない環境がある。

人によって、吃音が出やすい場面は異なるが、吃音の大人が悩みやすい場面の一つが電話。

 

 

電話はお互いの表情が読み取れないので、非常に「吃音の大人泣かせ」だ。

一生懸命話そうとしているのにも関わらず、イタズラ電話と思われてしまうことも。

 

逆に、「だいじょうぶ!?ちゃんと落ち着いて話して!」などと発破をかけられることもある。

思い出すだけで冷や汗が出るほど辛く、トラウマ化して電話恐怖症になってしまうことも少なくない。

 

 

ましてや、仕事の場面では言い訳することも許されない。

社内の人間ならまだしも、取引先相手となると会社の信用まで奪ってしまうことにもなる。

 

そんな風にして、吃音の大人は実際そうでなかったとしても「甘ったれた人間」として、見くびられてしまう。

でも、「そうじゃない!吃音が原因なんだ!」と強く言おうとしても、うまく言葉にならない…。

 

 

そんな大人ならではのストレスを抱えながら、吃音を克服していくためにはどうしたらいいのか?

その答えは、どもりにくい安定した話し方を手に入れることだ。

 

そんな吃音の大人の治療法の基礎となる部分をチェックし、吃音の問題点を解決していこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音は大人だと治らない?遺伝のせいにしない!どもり克服法チェック!

[/su_box]

 

吃音の大人のための治療法チェック②話しやすい環境づくりで吃音克服!

吃音の大人のための治療法として次にチェックしたいのが、話しやすい環境を固めていくことだ。

先にお伝えしたどもりにくい話し方が、吃音克服のための土台。

 

そう考えると、その土台を補強し、より確実に吃音を克服させるために大切なのが話しやすい環境をつくること。

逆に、どんなにどもりにくい話し方を実践しても、この先100%どもらないなんてあり得ない。

 

 

むしろ、今までクセになってきた吃音の話し方は、ちょっとした波や調子の良し悪しで表れてしまうものだ。

だからこそ、より安定してどもりにくい話し方を実践していくためにも、この話しやすい環境をつくるのは大事だということ。

 

そして、吃音の大人が話しやすい環境をつくるために大切なことは2つある。

一つは、周りの人に働きかけて、自分自身が話しやすい環境をつくることだ。

 

 

具体的には、こちらの記事に詳しく書いてあるので参考にしてみよう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音を克服した人の治った方法をチェック!どもりの大人あるあるから脱却せよ!

[/su_box]

 

そして、もう一つは、自分自身の心理コントロールで、話すことに前向きな気持ちをつくるようにすること。

自分自身の気持ちを前向きに、というと少し「?」が浮かんでくるかもしれない。

 

 

実は、本人もなかなか気づきにくいことなのだけれど、吃音の大人はどうしても自分を否定的に考えてしまいがち。

自分を否定しやすいから、自分に自信をもつことができないのだ。

 

あなたもこんな風に考えてしまいがちではないだろうか?

「どうせ自分は吃音だし…。」

「俺にはどうせ無理だよ…。」

吃音の大人は、どうしてもこういった考え方をしがちだ。

 

 

もちろん、そう思わざるを得ないほどの吃音の苦しみがあるのも事実。

むしろ、どもったぐらいで何とも思わない、という人であれば、吃音にはならないのだから。

 

でも、これこそが実はポイント。

吃音を克服したいのであれば、自分自身の考え方を変えていかなければいけない。

 

 

「どもったぐらいで何とも思わない」

これが、吃音から抜け出すための最終的な目標となる心理。

 

それを自分のものにするためには、ちょっとずつ意識を変えていくこと。

そして、話すことに前向きな気持ちを持てるようになることが大切だと理解しておこう。

 

詳しい方法は、こちらで確認しておこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音がつらい…仕事のストレスから抜け出す2つの克服法をチェック!

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

吃音の大人のための治療法チェックまとめ

吃音の大人の治療法をチェックしていくと、

  1. どもりにくい話し方の土台をつくる
  2. 話しやすい環境をつくるために、周りの人に働きかける
  3. 自分自身が前向きに、話すことに向き合うように努力していく

これらの要素が大切になる。

 

 

一つ一つのポイントについては、参考記事に詳しくまとめてある。

よりイメージが湧きやすくなるので、じっくり読んでみよう。

 

また、さらに具体的な吃音克服について知りたい人は、無料メルマガに登録しておくことがおすすめ。

私自身の吃音克服の体験談をもとに、あなたに最適な吃音克服ルートをお伝えしていく。

 

 

メルマガに登録しておくだけで、吃音克服が身近に感じられるので、あなた自身も克服しやすくなるというわけだ。

なお、メルマガは無料だが、人数限定なので今すぐ登録しておくようにしよう。

 

あなたが吃音の呪縛から解放され、より自分らしく生きられるようになることを心から願っています。

マコト

56,442 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。