Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で噛む原因は吃音症?緊張による噛みまくり心理はどう克服する?

うまく話せない…

電話で噛む原因は、吃音症なのか?

 

結論から言えば、電話で噛む原因は吃音症であることが多い。

 

というのも、もし電話以外の場面でも同様に噛むことが多いのならば滑舌などの原因も考えられる。

 

しかし、電話という場面で特に噛む症状が出るのであれば、吃音症だ。

 

今日は、電話で噛む原因がなぜ吃音症なのか?吃音症とは何か?また、どうしたら緊張による噛みまくり心理を克服できるのか?についてお話ししていこう。

 

電話で噛む原因は吃音症?吃音症とは一体なに?

吃音症が電話で噛む原因となる状況について、少し具体的に示してみよう。

 

電話で噛むことが何度かあると、次第に電話に出ることがトラウマになる。電話に出ようとすると極度に緊張してしまい、声が出ない。震えて、脂汗が出る。

 

そのような状態から、電話で特定の言葉をいつも噛んでしまう。

 

電話で噛むのを何とかしたい。そう思えば思うほど、電話で噛んでしまう。

 

このような特徴的な状態であれば、吃音症が電話で噛む原因といえる。

 

吃音症は、滑舌を良くしようとトレーニングしても、それだけではなかなか克服することができない。

 

それは、吃音症が心理的なストレスと深く結びついているからだ。

 

吃音症を克服するには、その心理的なストレスによる心の負担を軽くすることが必須。

 

このように話すと、少し抽象的すぎて、「実際どうしたら吃音症の心理的ストレスが緩和できるの?」と思われてしまうかもしれない。

 

しかし、要は電話で気持ち良く話せる環境を作ること。この意識が欠かせない。

 

そうすることで、電話への苦手意識が小さくなり、吃音症による噛みまくりの状態も減ってくる。

 

では、電話で気持ちよく話せる環境を作るには、何をすべきか?についてお話ししていこう。

 

スポンサードリンク

電話で噛む原因の吃音症による噛みまくり心理を克服する方法

電話で噛む原因の吃音症でも、噛みまくり心理を克服するにはどうしたらいいのか?

 

これは、先ほどもお話ししたとおり、自分が電話で気持ちよく話せる環境を作ることが欠かせない。

 

その電話で噛む原因となっている吃音症を克服するためにも、自分が電話で気持ちよく話せる環境を作る。

 

その環境の作り方をお話ししよう。

 

スポンサードリンク

電話で噛む原因を克服する方法① 電話の隣に鏡を置く

電話で噛む原因を克服する方法の一つ目は、電話の横に鏡を置くこと。そして、電話で話すときは鏡で自分の顔を見ながら話すようにしてみよう。

 

電話で話すときに、鏡で自分の顔を見ながら話すのは少し恥ずかしいかもしれない。

 

でも、これは電話で話すことを職業としているオペレーターも実践している手法なのだ。

 

電話というのは、相手の顔も見えないし緊張してくる。でも、そんなときだからこそ、鏡を使って自分の表情を確認すると、電話で噛むことも少なくなる。

 

それに、電話で噛むことが少なくなるだけでなく、声や話し方も穏やかに変わってくるから不思議。

 

自分が電話で気持ちよく話せる環境を作る、という意味ではこの電話の隣に鏡を置くことが効果的。ぜひ実践してみよう。

 

電話で噛む原因を克服する方法② 大きな口を開けて、ゆっくり話す

電話で噛む原因として多いのは、緊張から焦ってしまうこと。そのために、電話先の相手も聞き取れないほどの早口で話してしまうことだ。

 

「電話で噛まないようにしなきゃ!」

「電話で噛みたくない!」

「電話で噛んだら恥ずかしい」

 

という思いが先にあるため、それが原因で焦ってしまう。緊張してしまう。そう、自らハードルを上げているようなものなのだ。

 

実際に、ゆっくり話していて電話で噛むことは少ない。電話で噛むくらい、速いスピードで話しているから電話で噛むのだ。

 

そうは言っても、電話で噛むことを意識せずにはいられない。電話で話していると焦って、緊張してしまう・・・。

 

そのような場合は、とにかく大きな口を開けるようにして話すことを意識してみよう。

 

電話で話すときに、大きな口を開けるようにして話すことを意識していると、いつもより動作が増えるので必然的にゆっくり話すことができるようになる。

 

また、大きな口を開けるようにして話すと、しっかり口を動かせるので噛むことが少なくなる。

 

このように、大きな口を開けることを意識して電話で話すことは、電話で噛む人にとってメリットが大きい。

 

それに、先にお伝えした鏡を見ながら大きな口を開けることを意識すれば、効果は倍増だ。ぜひ取り入れてみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

電話で噛む原因の吃音症による噛みまくり心理を克服する方法まとめ

電話で噛む原因の吃音症。その噛みまくり心理を克服するための方法をお話ししてきたが、ここで今日の内容をおさらいしておこう。

 

  • 電話で噛む原因の吃音症には、心理的ストレスによる心の負担を軽くすることが必要
  • 心理的ストレスによる心の負担を軽くするには、自分が電話で気持ち良く話せる環境を整えること
  • すなわち、自分が電話で気持ちよく話せる環境を整えることが、電話で噛む原因を克服することにつながる
  • 電話で噛む原因を克服するには、電話の隣に鏡を置くこと
  • 電話で話すときに鏡で自分の表情を確認することで、電話で噛むことが少なくなる。声や話し方も穏やかになる
  • 電話で噛む原因を克服するには、大きな口を開けることを意識してゆっくり話すこと
  • 大きな口を開けることを意識するときにも鏡で確認することが有効

 

これらが電話で噛む原因を克服する方法だ。

 

初めは違和感を覚えるかもしれないが、慣れてさえくれば、電話で噛むことで悩んでいたことがずいぶん昔のことにさえ感じられる。

 

その状態を目指して、取り組んでみよう!健闘を祈る!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,101 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。