Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音は就職できない?求人に不利なのか?緊張・どもりが治った方法とは?

吃音症の悩み

吃音が就職できないのは本当なのか?

表立っては公言されていないけれど、「吃音は求人に不利」という噂をあなたも耳にしたことがあるかもしれない。

 

しかし、私の経験から言えば、吃音だからといって就職できないのは間違っている。

そして、年々吃音などの障害に対する就職先の理解も進んでいるのだ。

 

でも、就職試験などでは「自分をどう見せるか」が大切なことも確か。

その点で失敗すると、当たり前だが就職はできない。

 

そう、吃音で就職できないと叫んでいる人の多くは、就職試験の正しい攻略法を知らないだけ。

今回は、吃音で就職ができないなど言い訳しなくて済むように、吃音の就職試験の乗り越え方をお伝えしていく。

 

あなたも吃音だからといって就職を棒に振ることがないよう、しっかり対策をしていこう。

吃音は就職できない?求人に不利?嘆く前に自分を理解してもらう

吃音は就職できない。求人に不利だ…。

冒頭で厳しいことを言うようだが、こんな風に嘆く人に限って、就職試験の対策が何もできていない。

 

確かに、吃音を言い訳にして、逃げ道をつくる方が簡単だ。

吃音というハンデをくつがえす努力をするのはなかなかつらい。

 

 

「なんで俺だけ吃音なんだ…。」

そんな劣等感を正面から受け止めることになるからだ。

 

そのつらさも、もちろん分かるつもりだ。

でも結局は、自分の生きる道は自分でつくっていかなくちゃいけない。

 

「吃音があるから就職しなくていいよ」なんて誰も言ってくれない。

就職ができないならできないで、あなた自身の能力がないと評価されるだけ。

 

 

そう、吃音は就職できない言い訳になんてならないのだ。

じゃあ吃音でありながら就職を掴みとるためにはどうしたらいいのか。

 

そこで重要になってくるのは、就職試験で「吃音でありながらも、自分を採用するメリット」を語るテクニック。

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

詳しくはこちら:面接どもりまくりの吃音症が受かる方法を吃音症で面接官だった私が伝授しよう。

[/su_box]

確かに、吃音はあなたにとって足を引っ張ることが多いかもしれない。

でも、吃音はあなたの一部分でしかないということ。

 

 

大切なのは、吃音を抱えながらもどれだけ会社に貢献できるのか?を就職試験で伝えることが大切だ。

吃音があるから何なのか?

 

何が不自由で、どうしたらその不自由を最小限にして働くことができるのか。

そして、どんな分野ならその分を挽回できるのかを真摯に伝えることだ。

 

就職試験は、あなたの特性を企業にアピールする場。

でも、吃音であることを理由に、あなたの良い部分すら企業に理解してもらえないのはもったいない。

 

 

自分という人間を、企業に理解してもらえるように説明していくことが社会人としての一歩だ。

でも、それこそ吃音が原因で、就職試験でうまく説明できなければ元も子もない。

 

そうならないために、次に就職試験で緊張・どもりが出ないための対策、治った方法をお伝えしていこう。

 

スポンサードリンク

吃音は就職できない?就職試験の敵「緊張・どもり」が治った方法

吃音は就職できないのは、どもりを気にして就職試験で緊張してしまうのも一つの原因。

だとしたら、実際に緊張やどもりが治った方法で、徹底的に就職試験対策をすることは欠かせないだろう。

 

吃音の人の特徴として良い部分なのは、感受性が強く人の気持ちを理解することが得意なこと。

でも、逆にマイナスなのは、吃音を克服する努力を面倒くさがってしまうことだ。

 

 

就職試験でどもりや緊張が出ないようにしたい。

でも、そのために努力するのは面倒くさい…そんな人は実に多い。

 

それをクリアすれば吃音でも就職できるのに、本当にもったいないと思う。

吃音で就職できない、求人が不利だと責任転嫁してしまう人の多くは、自分が吃音を克服する努力ができない。

 

あなたがそうなりたくないのであれば、今すぐやるべきことは決まっている。

就職試験でどもりや緊張が出ない、実際に治った方法を実践していこう。

 

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

吃音が就職試験で悩む「どもり・緊張」が治った方法

 

就職試験までにやっておくべきこと

  1. 就職試験で絶対に聞かれる志望動機や自己PRは、しっかり作り込む
  2. どもりにくい言葉を入れるなど、自分が話しやすい工夫をする
  3. 緊張していてもスラスラ話せるよう、暗唱できるまで練習する(20回くらいが目安)

 

就職試験で緊張しそうな時に意識したいこと

  1. 吃音は、恥ずかしいことでも悪いことでもない
  2. 自分がどもったり緊張することに、面接官はあまり興味ない
  3. 吃音をバネに前向きに頑張る姿は、就職試験に有利だ

 

就職試験の本番を乗り切るコツ

  1. できるだけ面接官の目を見て、伝えることを意識する
  2. いつもの2倍大きな声で、ゆっくり話す
  3. 緊張を感じたら、肩を動かすようにして力まないようにする

[/su_box]

 

 

実際、吃音だからといって就職試験がうまくいかないなんて考えるだけ無駄なことなのだ。

自分の良い部分を面接官に理解してもらうことを意識して、自分の強みを売り出していこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

吃音は就職できない?絶対に就職したいなら克服が必要

吃音は就職できない、求人が不利だといわれる都市伝説。

その実態は、吃音を言い訳にして努力できないことの責任転嫁に他ならない。

 

厳しい言い方をするようだが、甘えたことを言っていても、就職できない現実を突きつけられるだけだ。

それならば、危機感を持って自分にできることを実践し、就職を掴み取る方が絶対にいい。

 

 

そして、絶対に就職を掴み取りたいのなら、悪いことは言わない。

吃音の克服を一刻も早く始めるべきだ。

 

吃音の克服は早ければ早いほど、就職に有利なのは言うまでもない。

今ならメルマガの中で、無料で「吃音の克服方法」をお伝えしている。

就職を勝ち取りたいのなら、今すぐ登録しておくのが良いだろう。

 

 

最後に、自分の力で就職を掴み取った時のことを想像してみてほしい。

就職は、吃音に打ち勝った自信と達成感を与えてくれる。

 

今後のあなたにとって、これらの経験は価値しかない。

今はつらいが、これを克服した時に大きな経験を得られるのは間違いないのだ。

 

 

吃音を克服し、必ず就職を掴み取ろう!

吃音に負けず、今を前向きに生きるあなたを応援しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,102 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。