Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音は仕事のストレスが半端ない!電話や言葉が出てこない悩みを克服するには?

吃音症の悩み

吃音は仕事のストレスが半端ない。

同僚や上司とのやり取りに会話は欠かせないし、電話対応で取引先に失礼があっても困る。

 

思ったように言葉が出てこない吃音の場合、仕事のストレスに飲み込まれて病気になってしまうことも多いもの。

今回は、吃音の人が仕事のストレスから抜け出すための具体的な克服法をお伝えしていく。

 

電話や会話で仕事のストレスが多いと感じているなら、つらい状態から一刻も早く抜け出そう。

吃音でも仕事のストレスを克服できる、ちょっとした会話のコツ!

吃音だと仕事のストレスは大きい。

それは、上司や同僚、取引先など仕事相手とのコミュニケーションがうまく取れないことが発端だ。

 

そもそも、吃音だと「うまく話せるかどうか」を強く意識してしまいがち。

でも、この意識が逆にあなたを仕事のストレスに縛り付けている。

 

 

吃音による仕事のストレスを克服したいなら、「うまく話すこと」にこだわらないこと。

それよりも、「相手に伝える」能力を高めるようにしてほしい。

 

そうすることで、仕事相手とのコミュニケーションは今よりもっと円滑に進む。

そして、吃音による仕事のストレスも大きく減らすことができる。

 

 

では、どうしたら「相手に伝える」能力を上げることができるか?

それは、話すことに頼らないことだ。

 

吃音は意識したところで今すぐ治るものではないし、そうすることでむしろ悪化しやすい。

だから、いろいろな伝達手段を身につけておくことが大切。

 

 

たとえば、メモでもメールでもなんでもいい。

笑顔などの表情一つでも、意識するだけで今より伝えられることを増やすことができる。

 

また、なんとかうまく話そうと考えないようにすることは、仕事相手との関係が改善されるだけではない。

あなた自身を仕事のストレスから解放することにつながる。

 

 

ここで大切なことは、仕事や仕事相手に苦手意識をもたないこと。

話すことに頼らず相手に伝える、ということは相手との距離感も大切になる。

 

そのためには、自分から積極的に伝える意志が必要だ。

ちょっとした勇気を出すことが、吃音による仕事のストレスを克服するコツ。

 

今すぐ始められることなので、難しく考えずぜひチャレンジしてみよう。

 

吃音でも仕事のストレスを少なくできる!電話克服法

吃音で仕事のストレスを少なくしたいと感じるのなら、電話対応の克服も欠かせない。

電話の音がするたび、電話を見るたびに仕事のストレスを感じるのは、もう終わりにしよう。

 

そのためには、やはりちょっとした工夫が大切。

たとえば、電話の最中であれば、少し体を動かすようにしながら電話すると「うまく話せるか」に意識が向きにくくなる。

 

 

その結果、電話で話すのが楽に感じるようになるのだ。

また、自分なりにリズムを取りながら電話したり、メモを取ることに意識を持っていくことも効果的。

 

そのほか、スマホや携帯電話で電話すると名前や会社名が言いにくい人には仕事のストレスが減る。

携帯電話なら、名前が表示されるから名前を名乗るストレスから解放されやすくなるのだ。

 

 

また、もし可能ならば、よく電話する相手とは電話以外の場でもコミュニケーションを取るようにしよう。

そうすることで、あなたのことを理解してもらいやすくなる。

 

電話だけで仕事する関係だと、お互いにどうしても話しにくいと感じてしまうもの。

しかし、一度顔を合わせておけば、吃音があっても電話で配慮してくれることが多いのだ。

 

ちょっとした工夫ではあるけれど、吃音による仕事のストレスがかなり楽になるので試してみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

吃音でも仕事のストレスが少ない、おすすめの仕事は2パターン

吃音には仕事の向き不向きが出てしまうのも事実だ。

無理にストレスの多い仕事を続けることは体調にも影響する。

 

そう、吃音で仕事のストレスがつらいのなら転職をするのも一つの手だ。

しかし、一般的には、ストレスの多い仕事でも続けることは良い事とされ、辞めるのは悪とされることが多い。

 

 

しかし、一番大切なのは、あなたがどうしたいか。

あなたの人生なのだから、あなたが納得する方向で頑張ればいいだけだ。

 

周りの意見に振り回される必要はないのだということ。

そんな思いから、ここでは吃音による仕事のストレスが少ない仕事もご紹介していくので参考にしてほしい。

 

 

吃音による仕事のストレスは、やはり話すことに影響される。

つまり、

  1. 話すこと自体が少ない仕事
  2. 吃音のことをよく理解してくれる仕事

を選ぶことで、吃音による仕事のストレスを抑えることができる。

 

 

たとえば、話すこと自体が少ない仕事としては、ものづくり系の仕事が良い。

料理や機械、工場などものづくりの仕事はたくさんあるので、仕事自体に困ることも少ないのが良いところだ。

 

話すことが少ない仕事として、事務の仕事が挙げられることもあるがこれは間違い。

勘違いしやすいのだが、事務の仕事はただ黙々と作業をする仕事ではないということを覚えておこう。

 

 

実際、事務の仕事は電話対応や情報伝達など、仕事内容も多岐に渡るので注意が必要だ。

また、吃音のことをよく理解してくれる仕事としては、障害者施設や医療機関などがおすすめ。

 

このような仕事の場合、一般の会社などよりも吃音に理解を示してくれる。

だから、その分、吃音による仕事のストレスも受けにくいのだ。

 

 

そして、何か資格を活かした仕事であれば、吃音であっても仕事の範囲も担保されやすい。

もし、職場などの影響で仕事のストレスが大きかったとしても転職しやすくなる。

 

資格が取得できるようなら、いざという時のために積極的に取得しておくのが良いだろう。

 

吃音でも仕事のストレスなく働くには、克服が重要

吃音による仕事のストレスは、吃音以外には分からないかもしれない。

時にすべてを捨てて、逃げ出したくなることもある。

 

しかし本音を言えば、いくら会話や電話のコツをマスターしても、転職しても必ずつらい場面は出てくるもの。

仕事のストレスからは、完全に逃げることはできない。

 

 

もし、あなたが吃音による仕事のストレスから抜け出したいと考えるなら…。

それは吃音を克服するしかないのだ。

 

吃音の克服については、メルマガ(無料)で詳しくお伝えしている。

もし、あなたが吃音を克服し、今の自分を変えたい気持ちがあるのならメルマガに登録しておこう。

 

あなたが吃音による仕事のストレスを克服し、自分らしく働けることを心から願っています。

マコト

57,815 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。