Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音は大人だと治る確率が低い?どもり原因は遺伝?頭の回転?発達障害?正しい克服法とは?

吃音症の悩み

吃音は大人の場合、治る確率が低い。

あなたもそんな話を聞いたことがあるかもしれない。

 

結論から言えば、大人であろうと吃音を克服することはできる。

しかし、やみくもに吃音対策をしていても大人の吃音は克服が難しいということ。

 

吃音は大人の場合、克服までにいくつも壁を乗り越えなければいけない。

今回は、吃音を大人でも最短で克服していくために、大切になる内容をお伝えしていく。

 

吃音は大人こそ素早く克服すべき。あなたも吃音克服の一歩を踏み出そう。

吃音の大人、どもりの原因は遺伝?治る確率が低いとされる理由は?

吃音を大人になってから発症すること。

もしくは、大人になっても吃音が治らないという原因は、実は一つとは限らない。

 

一般的には、どもりの原因は遺伝と言われることが多い。

しかし、場合によっては、発達障害や頭の回転が原因など言われることもある。

 

 

吃音になる原因はさまざまな要素が影響しあって、その結果が吃音という形で現れることが多いもの。

だからこそ、吃音の大人はどうやったら克服できるのか、克服方法に出会えずに右往左往してしまうことが多いのだ。

 

そして、吃音の大人は、ストレスとの相性がまるで良くない。

この事実も、吃音の大人がなかなか吃音を克服できない原因につながっている。

 

 

言い換えれば、吃音であると自覚しながら克服できず、思うように話せない状態が長引く状態。

そうなってしまうと、吃音の大人は、さらに吃音を悪化させやすいのだ。

 

もちろん、吃音が悪化すればするほど、吃音の大人は克服が難しくなる。

つまり、これが吃音の大人は治る確率が低いと言われる原因だということ。

 

 

また、吃音の大人は、仕事などのストレスも相まって、どうしても吃音の治る確率が低くなりがちになる。

  • 言葉が出てこないのに、声を振り絞るようにして、無理やり話さなければいけないストレス
  • 言葉が詰まるなんて言い訳ができないので、電話や取引先、上司との毎日の会話に冷や汗を流している
  • どもりが出て、電話相手に笑われる。上司に怒られる。治したい気持ちはあるのに、もどかしい

 

こんなストレスを、吃音の大人は毎日抱えて過ごしている。

そんな状態では、吃音の大人は次第に言葉と居場所を失ってしまうのも当たり前だ。

 

 

吃音の苦しみは、子供より大人の方がダメージを受けやすい。

もちろん、子供だって繊細な心に突き刺さる吃音の苦しみはある。

 

でも、大人は言い訳がなかなか許されない。

言葉が出ないからといって「仕方ないね。でも頑張っているよ」と肩に手を置いてくれるような環境はまずない。

 

 

吃音の大人であるあなたが、本気でつらい現状を変えたいなら。

方法はただ一つ。

 

自分で、環境を変えていくしかないのだ。

また、ただ環境を変えればいいということではなく、今もっている話し方をより良いものに進化させていくことも必要。

 

吃音の大人がどうしたら、このように環境を変えていくことができるのか、その方法について説明していこう。

 

吃音の大人は話し方と環境を変えていくことが克服へのカギ

吃音の大人が、吃音を克服したいなら現状の環境を変えていくことが必要だ。

なぜなら、いくら吃音を克服したいとあがいても、その気持ちを押さえつけてしまうストレスが多い環境だったら身がもたない。

 

また、それだけでなく押さえつけられた反動で、さらに吃音のトラウマを強めてしまうことになってしまう。

だから、吃音の大人が吃音を克服したいのなら、今の環境を「吃音を克服しやすい環境」に変えていくことが不可欠。

 

 

では、そのために一体なにをしたらいいのか?という話になるが、まずは以下を意識していくことが大切だ。

  • 周りの人に、あなたが吃音であることを理解してもらう
  • 今まで以上に、話すことを中心とした周囲とのコミュニケーションを大切にする
  • 今もっている話し方を、より良いものにしていく

 

少し抽象的ではあるけれど、吃音の大人が吃音を克服していく方向性として理解してほしい。

大切なのは、今置かれている環境を変えていく、ということは仕事を辞めれば解決するような問題ではないということ。

 

 

なぜなら、吃音を克服するために仕事を辞めたとしても、また新しい職場で信頼関係を築いていくことになる。

それでは、結局同じことになってしまう。

 

むしろ、新しい環境に馴染むためにより一層ストレスを抱えてしまうことにもなりかねない。

結果として、吃音の大人が吃音を克服するには、逆にマイナスの環境になってしまうことさえある。

 

 

だから、今置かれている環境を変えるということは、その環境自体の中で、自分の立ち位置を変えていくことに近い。

  • 今の環境の中で、吃音である自分を理解してもらう
  • 理解してもらうために、今まで以上に丁寧にコミュニケーションをとるようにする
  • 理解してもらうために、自分の話し方自体にも改良を加えていく

 

このようなイメージをもつと、吃音の大人でも吃音を克服しやすいということ。

吃音の大人が吃音を克服しようとするとき、むやみに進んでいくと失敗しやすい。

 

 

だからこそ、進むべき方向性を先に見つけることが肝心なのだ。

その具体的な克服方法については、ある方法でお伝えしてく。

 

吃音の大人でも、確実に吃音を克服したいという人は次の章に進んでみてほしい。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

吃音の大人のための治る確率を上げる正しい克服方法

吃音の大人が、吃音を克服するためにとるべき正しい克服方法。

吃音の大人が吃音の治る確率を上げるためには、トラウマになりかねない回り道は避けなくてはいけない。

 

そして、最短のルートで正しい克服方法を実践していくことが欠かせないのだ。

そのためには、吃音の大人が吃音を克服できる環境をつくること。

 

 

 

その環境をつくるためには、自分自身が変わっていかなければいけないということをまず意識してほしい。

そして、具体的な克服方法については、無料のメルマガで丁寧にお伝えしていくことにする。

 

そのほうが、より実践に即した内容をお伝えしやすいからだ。

吃音を克服して、自分らしい話し方を手に入れたい。

 

 

吃音のつらいストレスに振り回されるのは、もうウンザリだ。

 

こんな吃音を克服したい強い気持ちがある人にだけ登録してもらいたい。

メルマガは無料だが、克服したい気持ちの強い人だけ登録できるよう、先着順・人数限定で克服法を公開させていただく。

 

もし、あなたが本気で吃音を克服し、自分らしい生き方を手に入れたいのであれば、今すぐ登録しておこう。

吃音で悩むのはもう終わりにしよう。今この瞬間があなたにとって新しいスタートとなることを、心から願っています。

マコト

57,814 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。