Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音がつらい…仕事のストレスから抜け出す2つの克服法をチェック!

吃音症の悩み

吃音がつらい…。

吃音による仕事のストレスから抜け出すにはどうしたらいいのか?

 

職場で話をしなくても済む仕事を探したり、転職を繰り返してきたけれど、そのたびにぶつかる、つらい吃音の壁。

どうしたら、そんな仕事のストレスを感じずに済むのか?

 

今回は吃音のつらいストレスから抜け出すきっかけとなった克服法をお伝えしていく。

あなたも吃音がつらい、仕事のストレスで押し潰されそう、と感じるなら今すぐ克服法をチェックしていこう。

吃音がつらい…仕事のストレス克服法チェック①話しやすい環境をつくる

吃音がつらい…うまく話せないことによる仕事のストレスから抜け出したい。

そんな風に思い始めたら、その原因をつくっている環境を変えていくことが大事だ。

 

吃音がつらいと感じる環境のまま、我慢していることを選ぶとどんどん吃音が悪化してしまう。

話せない言葉が増えてくる。どもりが止まらない。

 

 

これ以上、吃音がつらいと感じないことが、吃音の悪化を防ぐことになるいうこと。

この吃音がつらい環境を変える、というのは2パターン考えられる。

 

一つは、自分自身がその環境から立ち去ること。

つまり、今の仕事を辞めれば、吃音がつらいストレスからは解放されるだろう。

 

 

しかし、これは一時的なものだ。

なぜなら、転職して別の仕事を始めたら、また吃音がつらいと思う確率が高いから。

 

今の仕事より極端に話すことが少なくなれば、確かに吃音がつらいストレスも減ってくる。

しかし、面接や同僚から理解してもらうこと、また安定しないうちは給料面でもストレスは避けられない。

 

 

そのようなことも踏まえた上で、長期的に見て仕事を変えることがメリットが大きいと思えるなら、それも一つの方法だ。

そして、もう一つは、今の仕事環境を話しやすい環境に変えること。

 

いやいや、その方が難しいでしょ、と思われるかもしれない。

それができたら、仕事を辞めたりしない、と思うかもしれないのだが、実はそれは違う。

 

 

というのも、私が実際に、吃音のつらい仕事のストレスを克服したのはこちらの方法だからだ。

もちろん、少し勇気はいるけれど思いきって上司や同僚に、吃音のことを話してみてほしい。

 

そうすれば、なぜ言葉に詰まることがあるのか納得してもらえる。

どうしても話せない場面の対応を相談することもできるのだ。

 

 

吃音がつらいので仕事を辞めようと思っている人も、どうせ辞めるんだったら、話してから辞める決断をしよう。

吃音のつらい部分を打ち明けることで、一発逆転し仕事のストレスを克服することは十分可能だ。

 

まずは、吃音の状態を理解してもらうことを目標にしてみよう。

 

吃音がつらい…仕事のストレスから抜け出す克服法チェック②楽に話す練習をする

吃音がつらい、仕事のストレスから抜け出したい。

そう考えるなら、つらい吃音が出にくい話し方を練習していくことも一つの克服法だ。

 

つまり、先ほどの吃音がつらい環境を変えることとは対照的に、自分を変えることも一つの対策だということ。

このつらい吃音が出にくい話し方というのは、2つの方向から始めていくのが良い。

 

 

一つは、吃音が出にくいように話し方を改善していくこと。

そして、もう一つは話すことに向き合う心理を改善していくことだ。

 

一つずつ詳しく説明していこう。

まず、つらい吃音が出にくい話し方としては、以下を意識して話すことを心がけてみてほしい。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

吃音がつらい…話し方を改善するには、

  1. ゆっくり話す
  2. 最初の言葉が出てこない時は、2文字目から話す
  3. 肩を上下させたり、軽くジャンプをすることで力を抜く
  4. 口の中を大きく開けるようにして話す
  5. 短い言葉を使うようにし、間にしっかり呼吸をする

[/su_box]

 

まずはこのような部分に注意をして、吃音が出にくい話し方をするようにしていこう。

そして、次に話すことに向き合う心理を改善していくことも重要。

 

 

あなたも感じたことがあるかもしれない。

また言葉がどもるかも、出てこないかも、と思った瞬間に、イヤな予感が当たって吃音が出てしまうことを。

 

吃音は話し方だけの問題ではなくて、話す心理とも密接に関わっている。

言ってしまえば、話し方と心の両輪で進んでいくのが正しい克服法。

 

 

だからこそ、話すことに向き合う心理を安定させるために環境を変える、というのも一つなのだ。

そして、ここでは自分自身で話すことに向き合う心理をコントロールしていく方法について。

 

吃音がつらいのは、話すことにトラウマを抱えてしまっているから。

また、そのトラウマが「うまく話さなければいけない」という心の束縛を強めている状態だ。

 

 

その吃音の束縛を解くには、自分の中の目標を変えてみること。

つまり、「うまく話す」という目標から、「楽しく会話する」ことを意識するようにしてほしい。

 

不思議なもので目標が変われば、話すときに吃音が出ることにこだわらなくなる。

それよりも、相手と笑い合えたり、お互い通じ合っていることを確認することに注目してみるのだ。

 

 

難しいと思えるかもしれないが、これは意外に簡単。

吃音が出ないことを願うよりもずっと達成しやすい目標になる。

 

あなたが吃音がつらいと感じるなら、話すことにおける目標を変えてみることだ。

そうすることで、話すことに対する意識が変わり、吃音が気にならなくなる。

 

 

吃音がつらい、仕事のストレスを克服することは、いかに目線を変えるか、ということでもある。

吃音がつらいと感じるなら、ぜひ自分自身を変えることにチャレンジしていこう。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

吃音がつらい…仕事のストレス克服法まとめ

吃音がつらい仕事のストレスから抜け出したい。

そんな風に考えるのなら、吃音がつらい環境と自分自身を変えていくことが克服に効果的だ。

 

今回は、簡単にできる方法をお伝えしたが、もっと詳しく知りたい方は無料のメルマガに登録しておこう。

メルマガでは、ブログでは伝えきれない吃音克服法についてお伝えしている。

 

吃音を克服したい、と考えるならこれ以上の近道はないので、今すぐ登録しておこう。

あなたが吃音のつらい仕事のストレスを克服できることを心から願っています。

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。