Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音の仕事おすすめ5選!求人や職場に困らない!就職できないを克服できる仕事はコレ!

吃音症の悩み

吃音の仕事でおすすめは何?

どんな仕事なら、吃音でも働きやすい?

 

吃音であれば、誰でも一度はこの悩みにたどり着く。

仕事となれば、吃音を気にしないわけにはいかない。

 

そんなあなたのために、今回は求人や職場に困らない吃音の仕事おすすめ5選を紹介していく。

就職できないといった悩みも克服できるので、あなたに合った仕事を一緒に探していこう。

吃音の仕事おすすめ第5位:ドッグトレーナーやトリミングの仕事

吃音の仕事おすすめ第5位は、ドッグトレーナーやトリミングの仕事。

吃音は人間相手だとストレスを感じやすいもの。

 

でも、そんな吃音でも、動物や自然を相手にすることでストレスを緩和することができる。

というのも、人間には一日15分以上毛のある動物に触れていると、精神的に落ち着くという効果もある。

 

 

ドッグトレーナーやトリミングは、学校に通って技術を学ぶ人も多い。

しかし、まずは見習いでも仕事を始めてみるのもOKだ。

 

もちろん、本格的に学校に通って、専門的な技術を習得する方が良いが、お金と時間がかかってしまうことになる。

それに、実際に働いてみなければ、自分に合う仕事なのか?働きやすい環境なのか?というのは、やっぱり実感しづらい。

 

 

そのため、まずは吃音の仕事としておすすめのドッグトレーナーやトリミングの仕事を始めてみよう。

そして、さらに極めたいと思ったら、学校に通うなどを検討するのがおすすめだ。

 

スポンサードリンク

吃音の仕事おすすめ第4位:ハウスクリーニングの仕事

吃音の仕事おすすめ第4位は、ハウスクリーニングの仕事。

ハウスクリーニングの仕事は言うまでもなく「どれだけキレイにしてくれるか?」という品質が求められている。

 

つまり、吃音で話すことに苦手意識をもっていたとしても、そのことでクレームを受けるようなことにはならないということ。

客とのやり取りでうまく話せなかったとしても、その分、きちんと仕事をすれば成果を認められる。

 

 

吃音にとって、こんなにやりやすい仕事はハッキリ言ってない。

それに、言ってしまえば客とのやり取りだって、基本は本部の人が対応することになる。

 

そのため、実際はほとんど会話にストレスを感じることなく、作業を頑張れば認められるのだ。

黙々と作業を頑張れる人や吃音で仕事の評価を下げられたくない、という人にはチャレンジしがいのある仕事になる。

 

 

ハウスクリーニングの仕事は初めて、という人でも大丈夫。

興味があれば挑戦してみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

吃音の仕事おすすめ第3位:介護の仕事

吃音の仕事おすすめ第3位は、介護の仕事。

介護の仕事は、日本が超高齢化社会になったことで一気に需要が高まっている仕事の一つ。

 

つまり、幅広い人材を受け入れる間口が整っているということでもある。

実際に、介護の仕事は人材が足りておらず、言葉に不自由な外国人の採用にも積極的なほどだ。

 

 

多種多様な人材が受け入れられている介護の仕事は、もちろん吃音の人でも働きやすい環境だということ。

それに、吃音の人は人一倍困難な状況を乗り越えてきている。

 

だからこそ、人の気持ちになって考えてあげることができるのだ。

これは、介護に大切な「介護される人を思いやる心」に欠かせない条件でもある。

 

 

自分がつらい状況を経験している人こそ、介護の仕事では活躍しやすい。

人の役に立ちたい、という人は特に向いているし、資格がなくても大丈夫なので挑戦してみよう。

 

スポンサードリンク

吃音の仕事おすすめ第2位:警備員の仕事

吃音の仕事おすすめ第二位は、警備員の仕事。

実は、警備員の仕事はとても需要が多く、給料も高給であることが多いのだ。

 

それもそのはず、会社やイベント、公共施設や道端の道路まで常に警備員が配置されている。

普段、警備員に注目して生活することも少ないので、なかなか実感がないかもしれない。

 

 

でも、実際は意外に身近な仕事でもあるのだ。

仕事内容としては、夜間やイベント、道路事情の業務が問題なく進行されるように見守ること。

 

つまり、基本的には話すことは求められないので、吃音の仕事としておすすめなのだ。

立ち仕事や見廻りなどは必要になってくるため、少し体力は必要かもしれない。

 

しかし、慣れが必要な部分でもあるので、臆せず挑戦してみよう。

 

吃音の仕事おすすめ第1位:運送業の仕事

吃音の仕事おすすめ第一位は、運送業の仕事だ。

運送業の仕事は、基本的には荷物を無事に運び、渡すこと。

 

だから、話すことに苦手意識の強い吃音の人でも、取り組みやすい仕事だといえる。

一言で運送業といっても、その内容は実に幅広い。

 

 

長距離のトラック運送から、宅配便などの荷物を運ぶ業者。

そして、少し印象が違うかもしれないが、新聞配達などもそれに含まれるといっていいだろう。

 

もちろん、長距離トラックなどの方が給料も高くなるが、専門の運転免許を取らなければいけないなどの面も出てくる。

こういった費用は、会社の方で負担してくれる場合もあるので要相談だ。

 

 

また、普通免許があれば、一般車両で運ぶ運送は可能なのでこちらの方が気兼ねなく始めやすいのは確か。

あとは、個人の性格にもよる部分があるので、自分が興味のある運送の仕事を選ぶようにしてみよう。

 

吃音の仕事おすすめ…吃音を克服して更に選択肢を広げるのもアリ!

吃音の仕事おすすめをランキング形式でご紹介してきた。

あなたの興味のある仕事はあっただろうか?

 

どの仕事も吃音があっても支障が出にくい、働きやすいものばかりなので具体的に行動していこう。

しかし、もう一つ選択肢を挙げるとすれば、吃音を克服して、本当に自分が働きたい仕事をするのも一つ。

 

 

長い人生において、自分の本当にやりたかった仕事で働けるということは、とても意味があることだと思う。

年老いてから「本当は、あの仕事がしたかった…」と後悔しても遅い。

 

それに、その仕事にチャレンジできなかった理由が吃音だったなら、悔やんでも悔やみきれないだろう。

そんな将来が待っているのであれば、この機会に吃音を克服してしまうのがベストだ。

 

 

吃音の克服については、無料のメルマガで詳しく説明しているので登録しておこう。

あなたが自分らしく生きるために、やりがいのある仕事で働けることを心より応援しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。