Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉が出てこない、どもる病気は吃音症!大人のどもりの治し方をチェック!

うまく話せない…

言葉が出てこない、どもる病気は吃音症。

 

あなたも言葉が出てこなかったり、どもることで悩んでいないだろうか?

 

実は、吃音症は100人に1人が発症する病気だ。

 

大人になってから、環境やストレスなどが原因で吃音症になってしまうこともある。

 

言葉が出てこない、どもりがある場合は無理やり声を出そうとすると逆効果。

 

吃音症の症状が悪化することもあるので注意しよう。

 

今回は、言葉が出てこない・どもる病気の吃音症の治し方をお伝えしていく。

 

大人のどもりの治し方をチェックして、どもりが出ない話し方を身につけていこう。

言葉が出てこない・どもる病気“吃音症”難発性吃音症の症状をチェック!

言葉が出てこない、どもる病気の吃音症。

 

実は、吃音症にはいくつかパターンがある。

 

大きく分けると、

 

  1. 難発性吃音症
  2. 伸発性吃音症
  3. 連発性吃音症

 

この3パターンに分かれていて、それぞれの症状別に治し方が変わってくる。

 

 

まずは、自分はどの症状に当てはまるのか、さっそくチェックしてみよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

言葉が出てこない、どもる病気“吃音症”のパターン別の症状をチェック!

  1. 難発性吃音症→喉が締まるような感覚で、言葉が出てこない。(・・・おはようございます)
  2. 伸発性吃音症→難発性吃音症から発展した吃音症。なんとか言葉を発しようとして、引き伸ばしながら話す。(おーはようございます)
  3. 連発性吃音症→難発性吃音症から、こちらも発展した形の吃音症。いわゆる“どもる”状態。(お、お、おはようございます)

[/su_box]

 

あなたはどの症状に一番当てはまるだろうか?

 

 

このように、吃音症は大きく分けて3パターンあるものの、いくつかの症状が組み合わさって現れることもある。

 

たとえば、言葉が出てこない難発性吃音症と、どもりが出る連発性吃音症が混ざっている場合など。

 

また、特定の言葉にだけどもる、接客や電話など特定の場面になると言葉が出てこない、など人によって症状は様々だ。

 

 

いずれにしても言えることは、初めは言葉が出てこない難発性吃音症からスタートしていること。

 

そう、言葉が出てこない状態から、無理やり言葉を出そうとすることで引き伸ばして話したり、どもりが出るというものだ。

 

そのほかにも、心理的な面から副作用的な症状が出ることもある。

 

 

たとえば、言葉が出てこない自分に対して、自己嫌悪を抱くこと。

 

また、周りの人の目を必要以上に気にしてしまうこともある。

 

それ以外にも、なんとか言葉を絞り出そうとして、手足をバタバタ動かしたり、顔をゆがめて話すことも。

 

 

もちろん、これらの症状は人によるので、出ない場合も多い。

 

しかし、共通しているのは、言葉が出てこない・どもる状態をとても気にしていて、つらい気持ちになっていることは確か。

 

あなたも、今すぐ言葉が出てこない、どもる病気を治したいと考えていることだろう。

 

 

大事なことは、このようなつらく、もどかしい症状は改善することができる。

 

そして、克服できないと言われている吃音症を克服することも、実際には可能だということ。

 

しかし、そのためには正しい治療法のチェックが欠かせない。

 

 

だから、アレンジせずに、正しい治療法を実践することを意識していくことが大切だ。

 

それでは、言葉が出てこない、どもる病気“吃音症”の治し方をチェックしていこう。

 

言葉が出てこない・どもる病気の治し方!大人どもりの治療法をチェック!

言葉が出てこない・どもる病気というのは、大人の場合、様々な影響が考えられる。

 

大人のどもりや言葉が出てこない吃音症の治療法としては、これらの原因を潰していくことが必須だ。

 

だから、まずはその原因をつかまなければならない。

 

 

言葉が出てこない・どもる病気、その中でも大人の場合は、以下のような原因が考えられる。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

大人のどもり、言葉が出てこない原因は、

  1. 人前で話すことに、大きなストレスを感じるようになった(たとえば、朝礼でたくさんの人の前で話す時にうまく話せなかった経験がある、など)
  2. 早口で話すクセがあり、話すスピードに口や舌の動きがついていけない
  3. しっかり呼吸ができておらず、酸欠状態で話している
  4. 言葉が出てこない、どもるイメージに引っ張られて、うまく話すことができない

[/su_box]

 

このような様々な原因が複雑に組み合わさって、症状として出てくるのが、言葉が出てこない・どもること。

 

 

だから、大人のどもりや言葉が出てこない症状の治療法としては、これらの考え方や話し方を治していくことが大切だ。

 

しかし、一気にすべてを解決しようとすると、つまずきやすい。

 

そのため、自分が当てはまる症状を確認しながら、確実に一つ一つ治していくようにしよう。

 

 

上記の、言葉が出てこない・どもる原因の治し方としては、以下の通りだ。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  1. 人前で話すことに慣れていない・自信がない場合は、少人数の前で話す機会を増やしてみよう。そして、少人数の前で話す自信をつけるようにしていこう。
  2. 言葉が出てこない・どもる場合は、絶対に早口はNG。1秒に1つの音を話すイメージで、ゆっくりと話せば、どもりは改善できる。
  3. 話すときに腹式呼吸を取り入れよう。話す前に息を吸う。話し始めると同時に、息を吐く。これを徹底させよう。
  4. どうしても、どもるイメージが邪魔をして弱気になるときは、開き直るクセをつけよう。「どもって嫌われてもいい!」そう思うことに決めよう。実際、どもるくらいじゃ嫌われない。大丈夫。

[/su_box]

 

これらの治療法を、一つ一つ丁寧に改善していくつもりで取り入れてみよう。

 

 

そうすれば、あなたの話し方は確実に変わってくる。

 

そう、言葉が出てこない・どもる病気“吃音症”の影響は小さくできるのだ。

 

焦らずに、コツコツ取り組んでみるようにしよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

言葉が出てこない・どもる病気、吃音症のまとめ

言葉が出てこない・どもる病気、吃音症。

 

その症状を改善する治療法としては、先ほどお伝えした内容をとにかく意識して話すようにすること。

 

そして、もう一つ大切なことがある。

 

 

それは、吃音症自体を克服することだ。

 

もちろん、言葉が出てこない・どもる症状の治療も効果がある。

 

しかし、それだけでは根本的な治療として完結しないからだ。

 

 

吃音症は「心理面」と「話す技術」が密接に影響し合っている病気だから。

 

つまり、吃音症の症状はとても不安定で、よくなったり悪くなったりしやすい。

 

これが、吃音症がなかなか克服できないと言われる原因でもある。

 

 

また、この部分に不足があれば、吃音症は簡単に悪化してしまう。

 

そう、小手先だけでは安定した話し方は手に入れられないということ。

 

だからこそ、吃音症の克服が必要になってくる。

 

 

難しく感じるかもしれないが、吃音症を克服したい!と思ったら、ぜひ私のメルマガに登録してみてほしい。

 

そちらの方で、より分かりやすく説明しているので、ここで理解できなくても大丈夫だ。

 

メルマガでは、私自身が吃音症を克服してきた経験から、克服方法を細かくお伝えしている。

 

 

そして、吃音症を克服するまでサポートしていく。(ただし、人数限定なのでお早めに。)

 

もちろん、メルマガは無料なので今すぐ登録しておこう。

 

あなたが言葉が出てこない、どもる病気“吃音症”を克服し、自分らしい話し方ができるよう応援しています。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。