Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉が詰まる病気は大人の吃音症?遺伝?【経験談】どもりが治った方法を大公開!

うまく話せない…

言葉が詰まる病気は、大人の吃音症?それとも遺伝?

 

言葉が詰まる病気、その中でも大人の吃音症とは、

  • 以前は言えていたのに、急に言葉が詰まるようになった
  • 決まった言葉だけ言葉が詰まる
  • 決まった場面や人の前で話す時だけ言葉が詰まる

 

このような症状に悩むこと。

 

また、大人の吃音症の症状にストレスを感じ、話すことが苦痛になってしまう病気だ。

 

今回は、言葉が詰まる病気のチェック方法、そしてどもりが治った方法についてお伝えしていく。

 

言葉が詰まる病気は精神的にとてもつらいが、きちんと対処すれば確実に克服できる。

 

あなたもその方法を学んでいこう。

言葉が詰まる病気は大人の吃音症?それとも遺伝?

言葉が詰まる病気は、大人の吃音症なのか?それとも遺伝なのか?

 

答えは、大人の吃音症である可能性が高い。

 

もちろん、人によって言葉が詰まる遺伝の可能性もあるが、これは現段階で根拠に乏しい。

 

 

というのも、親やその先祖が言葉が詰まる病気だったからといって、確実に遺伝が原因とは言い切れないから。

 

それよりも、言葉が詰まるようなストレスを溜め込む生活習慣が受け継がれてしまったこと。

 

そして、それによって先祖代々、大人の吃音症という病気になってしまった可能性が否定できないのだ。

 

 

また、大人の吃音症自体が遺伝している、という考え方も事実ある。

 

吃音症という病気の原因は、ストレスを溜め込みやすいなどの性格、それを強める環境、そして、脳の機能の問題など。

 

この脳の機能の問題が、遺伝して受け継がれるのではないか?という見解もあるのだ。

 

 

そのため、言葉が詰まる病気が一概に、遺伝だということは言い切れない。

 

しかし、言葉が詰まることにストレスを抱え、話すことに不安を抱くこと。

 

また、言葉が詰まることなく話せるかどうか悩んでしまうことは、大人の吃音症という病気につながるということ。

 

 

つまり、言葉が詰まる、話すことに不安を抱く場合は、大人の吃音症として考えた方が良い。

 

このストレスサインを見逃して、チェックを後回しにすると大人の吃音症という病気はどんどん悪化してしまうからだ。

 

言葉が詰まる病気、大人の吃音症はどうチェックする?

言葉が詰まる病気、大人の吃音症。

 

これは、「どうも言葉に詰まるなぁ…」と感じたり、不安をもっている人にとっては誰もが関係のある病気だ。

 

現に、吃音症という病気は、大人だけに限らず100人に1人の病気。

 

 

そう、クラスメイトのうち1人は、吃音症の人がいてもおかしくない状況であるということ。

 

つまり、吃音症は意外に身近な病気でもあり、誰にでも吃音症になる可能性はあるのだ。

 

では、言葉が詰まる病気、大人の吃音症のチェックはどうしたらいいのか?

 

 

まずは、自分自身にこのような大人の吃音症の症状がないかチェックしてみよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

大人の吃音症の症状チェック!次のうち、当てはまるものは?

  • 言葉が詰まる以外にも、言葉を噛む・どもりがある
  • 言葉が詰まる状態から無理やり言葉を発しようとして、顔を歪める・手足を動かす
  • 言葉が詰まる状況を避けるために、別の言葉に言い換えをする

[/su_box]

 

あなたもこのような症状がないか、客観的にチェックしてみてほしい。

 

 

また、冒頭で挙げた「特定の言葉、場面、人の前で言葉が詰まる」こともチェックしてみよう。

 

これらのチェック項目は、大人の吃音症の具体的な症状でもある。

 

でも、これらが大人の吃音症の症状であると知らなければ・・・。

 

 

自分がなぜ言葉が詰まるのか分からずに、ただただストレスに埋もれてしまうばかり。

 

して、これらのチェック項目に当てはまらなかったとしても油断は禁物。

 

それは先ほどもお伝えしたように、言葉が詰まる症状があれば、いつでも・誰でも大人の吃音症になる可能性があるからだ。

 

 

悪いことは言わない。

 

言葉が詰まる症状があるのなら、大人の吃音症を予防する意味でも対策を打っておくべきだ。

 

もちろん、大人の吃音症を予防する対策は、吃音症の症状でもある言葉が詰まる状態の改善につながる。

 

 

この対策は、意識するだけでも随分効果があるもの。

 

最後に、その方法をご紹介しておく。

 

言葉が詰まる病気、大人の吃音症の症状を抑える方法をチェックしていこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

言葉が詰まる病気、大人の吃音症でもどもりが治った5つの方法

言葉が詰まる病気、大人の吃音症。

 

その大人の吃音症の中でも、厄介な症状は2つある。

 

それは「言葉が詰まる」ことと「どもりが出る」こと。

 

 

逆に、大人の吃音症もこれらの症状を抑えることができれば、自分のリズムを保って話しやすい。

 

私が行ってきた、この言葉が詰まる・どもりが治った方法はこちら。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

大人の吃音症に悩む、言葉が詰まる・どもりが治った5つの方法は、

  1. 話すときに肩の力を抜く
  2. あせらず穏やかに話す
  3. なるべく短い単語に区切って話す
  4. 苦手な母音は伸ばして発音しやすくする
  5. 言葉に詰まっても、笑顔で余裕をもつようにする

[/su_box]

 

これら5つのどもりが治った方法を実践すること。

 

 

そう、お気付きのように、一つ一つは決して難しいことではない。

 

だから、会話の中で一つずつ意識してみてほしい。

 

コツは、一気にすべてクリアしようとせず、少しずつできるようにすることだ。

 

 

これらが会話の中で意識せずともできるようになれば、自然と言葉が詰まる・どもりで悩むことも少なくなる。

 

言葉が詰まる状況をそのまま放置しておくと、吃音症はどんどん悪化しやすい。

 

特に、大人の吃音症はコミュニケーションに影響を与えやすいものだ。

 

 

その結果、仕事を評価されにくいなどの二次被害をもたらすことになる。

 

そうこうしているうちに、自分の行き場をなくし、大人の吃音症からうつ状態になってしまう人も多い。

 

だからこそ、言葉が詰まると感じたら、吃音症克服のための一手を打つようにしよう。

 

 

ちなみに、私のメルマガではそのほかにも、吃音症克服に向けた有益な情報を無料でお届けしている。

 

無料なので、ぜひ登録して克服へのスムーズな一歩を踏み出そう。

 

あなたから、言葉が詰まることやどもりが治ったという嬉しい報告が頂けることを心より願い、応援しています。

マコト

56,080 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。