Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉が詰まる…急にどもり…大人の吃音症!どもらない話し方で克服せよ!

うまく話せない…

言葉が詰まる、急にどもりが出る。

 

そんな大人の吃音症は本当につらく、苦しいものだ。

 

自分のおかれた境遇すら呪いたくなるかもしれない。

 

しかし、言葉が詰まる、急にどもりが出る大人の吃音症は、確実に改善できるし、克服することができる。

 

今回は、言葉が詰まる・急にどもりが出る大人の吃音症の原因、そしてどもらない方法や克服についてお話ししていく。

 

あなたも苦しい状況を変えるための一歩を踏み出そう。

言葉が詰まる…急に「大人の吃音症」になる原因は?

言葉が詰まる、急にどもりが出るようになる。

 

こんな症状に悩まされたら、大人の吃音症。

 

吃音症は、

  • 言葉が詰まる
  • 急にどもりが出る
  • 特定の言葉や場面で症状が出る

 

このような症状に悩まされる病気だ。

 

 

でも、なぜ急に吃音症になってしまったのか?

 

あなたもそんな風に疑問に思うかもしれない。

 

しかし、実は、大人の吃音症は急に発症するものではないのだ。

 

 

確かに、表面上では大人の吃音症は、急に発症したように見える。

 

ただ、それはあくまで表面上であり、大人の吃音症になる原因は一つ一つ積み重なった結果。

 

つまり、理由もなく急に発症したように見える大人の吃音症も、実際はそうなるための原因があったということになる。

 

 

では、どんな原因が影響して、大人の吃音症になってしまったのか?

 

それはもちろん、人によって異なる部分はあるが、多くの場合はこのような原因が大人の吃音症に関わっている。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  1. 人前で話すことが多く、話すことに強いストレスを感じていた
  2. 自分の話し方にこだわりが強い
  3. 言葉に詰まる、どもりなどが原因で嫌な思いをした
  4. 早口で話す癖がある

[/su_box]

 

このような話すことに対するストレスを感じたこと、またそれらが組み合わさって強烈なストレスが溜まっていたということ。

 

 

それによって、初めは大人の吃音症に気づかないところから症状は出始める。

 

そして、明らかに言葉が詰まること、どもることが多くなる。

 

それは、大人の吃音症に対する正しい対処ができないまま、ストレスを溜め続けた結果だ。

 

 

そのようにして、大きく悪化したところで「急に吃音症になってしまった」と気づくケースが多い。

 

だからこそ、急に大人の吃音症になったと感じてしまう。

 

しかし、実際は少しずつ原因が積み重なって発症したものなのだ。

 

 

でも、逆に言えば、一つずつ積み重なっていった大人の吃音症の原因を一つずつ取り除いていくこと。

 

それによって、言葉が詰まる・どもるなどの症状も抑えられるようになってくる。

 

その作業が「どもらない話し方」をするということだ。

 

次は、具体的な「どもらない話し方」について説明していこう。

 

言葉が詰まる…急にどもりが出る吃音症の「どもらない話し方」

言葉が詰まる、急にどもりが出るようになったと感じる大人の吃音症。

 

しかし、そのような大人の吃音症でも「どもらない話し方」を意識することで、症状の悪化を防ぐことができる。

 

そんな大人の吃音症に強い味方となる「どもらない話し方」のコツは以下の通り。

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  • 話し始める前に、話しやすいリズムをつくる言葉を入れる

→「あー」「まぁ」「えー」などでOK

  • 話し始める前にしっかり息を吸う
  • 話し始めると同時にしっかり息を吐く(息に声をのせて話すイメージで)

[/su_box]

 

まずは、この3つの「どもらない話し方」を、話すときに実践するようにしてみよう。

 

 

この「どもらない話し方」を実践する上で、大切なことがある。

 

それは、ただ単にどもりが出るかどうか、言葉が詰まるかどうかを考えながら話さないこと。

 

それよりも、この「どもらない話し方」を実践しながら、話す自信を積み重ねていくイメージをもつことだ。

 

 

というのは、大人の吃音症の最大の敵は、思ったように話せないストレスをどう対処するかが大切だから。

 

どもらない話し方を実践し、少しずつ言葉が詰まる・急にどもりが出る状態が良くなっていったとしよう。

 

でも、そのことばかりにこだわっていては、やはりストレスがたまるというもの。

 

 

しかし、それではいつまでたっても吃音症のストレスから抜け出すことはできない。

 

「どれだけ自分が前進したか」に目を向けるようにしよう。

 

そして、自信をもって話せることをゴールにする。

 

 

今の足下ばかり見ていると、やっぱり言葉が詰まる状況や急にどもりが出ることに臆病になってしまう。

 

でも、大切なのはそれではなく、自分がどうなりたいか。

 

その部分に目を向けるようにしよう。

 

 

その積み重ねで、現状の言葉が詰まる・急にどもりが出る状態からストレスを感じることはグンと少なくなる。

 

どもらない話し方をマスターしたいのであれば、前だけを見るようにしよう。

 

そうすれば、吃音症のストレスはコントロールできるようになってくる。あきらめずに、どもらない話し方を実践していこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

言葉が詰まる…急にどもりが出る大人の吃音症は克服できる?

言葉が詰まる、急にどもりが出る状態を改善していくには、「どもらない話し方」を意識すること。

 

そして、いちいち言葉が詰まる・急にどもりが出るなどの症状に振り回されない。

 

「自分がどうなりたいか」を見つめて淡々と実践していくことだ。

 

 

大人の吃音症は、話すことによるストレスから必要以上に、言葉が詰まる・急にどもりが出ることを気にしやすいところがある。

 

また、今日「どもらない話し方」を意識したからといって明日すぐに効果が出るものではない。

 

そういった吃音症の対処の難しさに、多くの人が悩んでいる。

 

 

私自身も、長年吃音症に悩み続け、なかなか克服できなかった一人。

 

心が折れたことも何度もあった。

 

でも、ひとつ言えるのは、結局はあきらめなかったこと。

 

 

私の吃音症を克服した方法を詳しく知りたい、自分も吃音症を克服したいと思った方へ。

 

ぜひ私の無料メルマガを受け取ってみてほしい。

 

私のメルマガでは、ブログに載せきれない吃音症の克服方法を大胆にお伝えしている。

 

 

また、吃音症を克服するためのサポートも手厚くしているので、

 

「吃音症を克服したいけれど、うまくいかない」

「方法が分からない」

 

といった人は、今すぐチェックすべきだ。

 

 

実際、このメルマガがきっかけで、多くの人が吃音症を克服してきた。

 

言葉が詰まる状況を脱出し、自分の話し方を確立していることを嬉しく思う。

 

そして、多くの人が自信を持って、新たな夢を追いかけている。

 

 

自分のように吃音症で悩む、無駄な時間を減らしたい。

 

そんな思いで、吃音症に悩む一人でも多くの人の力になれるようにとメルマガでサポートしてきた。

 

だから、多くの人の克服につながっていると自負している。

 

 

私の信念としては、一人一人を大切にすることに重点を置く。

 

だから、メルマガは人数限定で配信しているので、残念ながら定員に達していることもある。

 

もしメルマガ登録ボタンが押せなければ、残念ながら、定員に達している状況なのでご了承願いたい。

 

 

逆に、メルマガに登録できる状態であれば、今すぐ登録しておこう。(定員に達した場合、後から追加登録はできない)

 

あなたが、言葉が詰まる苦しさや急にどもりが出るストレスから解放されることに、少しでも貢献できれば嬉しく思います。

マコト

56,080 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。