Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉に詰まるストレスは吃音症?言葉が出てこない20代〜40代大人のどもり症状を克服!

うまく話せない…

言葉に詰まるのはストレスが原因なのか?

 

それとも、吃音症(主な症状は、言葉が詰まる・どもる)が原因?

 

結論から言うと、言葉に詰まる原因はストレスと吃音症の両方が影響している。

 

今回はその理由と、言葉が出てこない20代〜40代大人のどもり症状の克服方法についてお伝えしていこう。

言葉に詰まるストレスの原因は吃音症?

言葉に詰まるのはストレスと吃音症の両方が関係していることは、冒頭でお伝えしてきた。

 

これは言ってしまえば、言葉に詰まる・言葉が出てこないという症状と、ストレス・吃音症は三つ巴の状態。

 

つまり、三者がそれぞれ影響し合っているのだ。

 

 

この関係を、チャートにするとこのような形になる。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#ec060c”]

日常のストレス

言葉に詰まる

言葉に詰まることに対して、ストレスがたまる

吃音症になる

さらに、ストレスを感じてしまう

吃音症が悪化

・・・

[/su_box]

 

このように、ストレスと吃音症に対する対処を行わずにいると、どんどん症状は悪化してしまう。

 

 

つまり、ただストレスに耐えようとしているだけでは何も解決しないということ。

 

知らないうちに、どんどん言葉に詰まる吃音症が悪化し、最後には人前に出れず鬱になることさえある。

 

そして、これは実際に誰にでも起こり得ることなのだ。

 

 

この状況について、もう少し詳しく説明していこう。

 

あなたも経験があると思うのだが、20代〜40代の大人には常にいろいろなストレスがあるもの。

 

そんなストレスにまみれた日常を送っていると、脳が現実逃避し始める・・・。

 

脳が現実逃避する先は、人によって異なる。

 

もちろん、ストレスが話し方に向かって影響を及ぼすこともあり、うまく言葉が出てこない症状が現れることがある。

 

その結果として、ストレスから言葉が詰まるようになってしまう。

 

 

また、そんな言葉に詰まる状態に、さらにストレスを感じることになる。

 

「なんで自分は言葉に詰まるんだ…」

「また言葉に詰まるとどうしよう…」

「だから自分はダメなんだ…」

 

このようなエンドレスのストレスから、言葉に詰まることに不安や強い恐怖を感じ始めてしまう。

 

 

そう、これが吃音症。

 

そして、吃音症という出口が見えないトンネルに入ると、さらにストレス状態が加速…。

 

そのため、言葉に詰まる状態が悪化して、ストレスから抜け出すことができないドロ沼にはまってしまうのだ。

 

 

言葉に詰まる、そしてそれにストレスを感じている。

 

こんな状態は放っておくと悪化の一路でしかない。

 

つまり、我慢したからといって、良くなるものではないということ。

 

 

でも、きちんと対処を行えば、この状態を回避することができる。

 

そう、正しいステップをふめば、言葉に詰まる・言葉が出てこないという状態も克服することができるのだ。

 

次は、その方法についてお伝えしていこう。

 

スポンサードリンク

言葉に詰まるストレスを撃退!※言葉が出てこない20代〜40代大人向け

言葉に詰まるストレスをどう撃退するか?

 

先にお伝えしておくが、これは言葉が出てこないと悩む20代〜40代の大人向けの方法だと考えておいてほしい。

 

その点において、言葉に詰まるストレスを撃退する方法はいくつかある。

 

しかし、言葉に詰まるストレス対策として、一番有効なのは「言葉が出てこないことを気にしないこと」だ。

 

もちろん、これには無理があるのも承知している。

 

言葉に詰まる・言葉が出てこない人間にとって、「それを気にするな」と言われても気にしないわけにはいかない。

 

 

だから、言葉に詰まることから「気をそらす」ということを意識的に行うようにしてほしい。

 

たとえば、言葉に詰まることに対する不安が浮かんできたら、

 

「自分にとって楽しい・嬉しいと思えること」

 

を意識して考えるようにする。

 

 

もっと言えば、言葉に詰まることへの不安やストレスを考える暇を脳に与えないイメージだ。

 

これは、吃音症に対しても効果がある考え方といえる。

 

大切なのは、自分の心理をコントロールできるようになることだ。

 

 

言ってしまえば、

 

「言葉に詰まるかも…」

「言葉に詰まると、周りからどんな風に思われるのか…」

 

こんなことを考えている時点で、あなたはストレスを抱えている。

 

 

言葉に詰まるストレスの撃退方法として大切なのは、ストレスと真正面から向き合うのは、絶対にやめるべきだということ。

 

言葉に詰まるストレスには「逃げるが勝ち」なのだ。

 

あなたも今日から考え方を変えて、言葉に詰まるストレスを逃げながら撃退していこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

言葉に詰まるストレスと吃音症のどもり症状の克服方法

言葉に詰まるストレスを撃退するには、吃音症の言葉が出てこない・どもり症状を安定させることも効果がある。

 

実は、私自身も今でこそ克服したが、以前は重度の吃音症に悩まされていた。

 

だから、言葉に詰まる・言葉が出てこないことのつらさもよく分かる。

 

 

ここで、私自身の話も少しお話ししておこう。

 

私の場合は、言葉に詰まるストレスをうまく解消できない時期が長く、自律神経失調症や神経性の胃炎、うつの一歩手前までいっていた。

 

控えめに言っても、すごくつらい時期があった。

 

 

今、言葉に詰まることで悩んでいるあなたなら、このつらさはお分かりいただけると思う。

 

だからこそ、この記事を読んでくれている方には、自分のような思いはしないでほしい。

 

また、そのためにも少しでもお役に立てたら、と思い、この記事を書いている。

 

 

話を戻すが、私自身も吃音症克服のために藁にもすがる思いで、医者に通ったことがあった。

 

しかし、あまり効果はないと言っていい。

 

精神安定剤を処方されるだけで、根本的な治療とはいえない。副作用に悩まされるだけだ。

 

 

というのも、医者の間にも、まだまだ吃音症の認知が広まっていないのも事実。

 

実際、私の弟が医者をしているのでこっそり聞いた話では、「吃音症」という病気は知っているものの、その治療方法は確実とは言いきれないと言う。

 

だから、病院に行っても時間をかけて、吃音症を少しずつ進行させるだけなのだ。

 

 

現状、吃音症や言葉に詰まるストレスは、自分自身で戦うこと。

 

しかし、その中でも正しい方法というのは存在する。

 

それは、実際に克服してきた人の失敗談や成功例を知ること。そして、成功した方法を真似ることだ。

 

 

勉強でも何でも、実際はこの原理で成り立つ。

 

ただ我流でやっても、吃音症を悪化させかねない。

 

本当に吃音症や言葉に詰まるストレスを克服したいのなら、成功者に学ぶことだ。

 

 

ちなみに、私が無料でお伝えしているメルマガでは、吃音症を克服してきた方法を完全無料で知ることができる。

 

ただし、責任を持ってサポートしたいので、メルマガ登録は人数限定。

 

もし、メルマガに登録できない状態なら、残念だがご案内することはできない。

 

 

だから、もしメルマガ登録が可能な状況ならば、今すぐ登録しておくと後悔しないで済むかもしれない。

 

もちろん、今回の内容をしっかりおさらいしたり、他の記事を読んでみたりするだけでもOKだ。

 

あなたが言葉に詰まるストレスから解放され、自分に自信をもって生きられるよう影ながら応援しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。