Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で言葉が出ない原因は緊張?吃音症?どもる第一声の対策やコツ、克服方法とは?

うまく話せない…

電話で言葉が出ない!とあせったことはないだろうか?

 

声だけでコミュニケーションをとる電話で、言葉が出ない・・・。

 

普段の生活の中で、これほど恐ろしいことはない。でも、そんな中でも電話応対は現代人にとって避けられないもの。

 

今のあなたは、電話で声が出ない原因や対策を考えているかもしれない。

 

でも大丈夫。

 

今回は、電話で声が出ない原因や対策などを一網打尽にお伝えしていこう。これで、あなたの肩の荷も軽くなる。

 

それではさっそく、説明していこう。

 

電話で言葉が出ない!その原因は緊張?それとも吃音症?

電話で言葉が出ないとあせるだけでなく、「自分は何かの障害なのではないだろうか?」と不安になってしまう。

 

電話で言葉が出ないのは、ビジネスマナーを意識した電話に慣れていないなどの背景があるなら、それは緊張による部分が大きい。

 

しかし、電話応対も習慣化しつつあったり、以前は出ていた言葉が出ない状況。また、「電話で言葉が出ない気がする」と不安になること。

 

そのほか、電話以外でもこのような事があるようなら、吃音症である事が多い。

 

吃音症にはいくつかパターンがあるものの、ある特定の場面で言葉が出ない、特定の言葉が出ない、噛む、どもるなどの症状がある。

 

吃音症自体の改善は、その場しのぎの対策ではなかなか克服することは難しい。しかし、きちんと対策を立てて向き合うことで克服することもできる。

 

また、電話応対に不慣れで、緊張から言葉が出ない場合でもそのままでは吃音症に発展することもある。

 

人によっては、たった一回でもトラウマとなって吃音症になってしまうことも。

 

そのため、電話で言葉が出ない!と感じたら、吃音症でも吃音症でなくても、そのまま放っておくことは禁物。

 

症状が悪化する前に早めの対策で、電話で言葉が出ない状況の克服を目指そう!

 

スポンサードリンク

電話で言葉が出ない!対策① 第一声がどもる時にも効果的なリラックス方法と腹式呼吸

電話で言葉が出ない!そんな時の対策は、余計な緊張を解き、電話でも言葉が出やすい状態にリラックスすること。

 

そのために大切な、会社の中や座っている電話中の場面でも行いやすい、リラックス方法をご紹介しよう。

 

電話中でもできる!リラックス&腹式呼吸の方法

  • まず、意識的に身体にギュッと力を入れる。
  • 次に、「ふぅー」と息を吐きながら、少しずつ身体の力を抜く。
  • 身体の力が抜きにくい時は、手や首を回す、肩を上下させるなどを行うのがコツ。
  • その後、腹式呼吸をする。
  • 腹式呼吸は4秒かけてゆっくり息を腹まで吸い込み、6秒かけてゆっくり息を吐き切るイメージで行うのがコツ。

 

以上が、電話で言葉が出ない時の対策としての、リラックス方法と腹式呼吸の方法。

 

簡単にできるので、電話の場面で緊張してきたな・・・と感じたら、すぐにできるようにしておこう。

 

コツとしては手帳やメモにやり方を書いて、デスク上の見えるところに貼っておくこと。そうすれば、緊張してあせる前に実行することができる。

 

電話で言葉が出ない!となる前に、事前にやっておくようにしよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

電話で言葉が出ない!対策② 電話で言葉が出ないことを周りの人に伝えてみる

電話で言葉が出ないと、そのつらさや恥ずかしさを感じるようになってどんどん自分の殻に閉じこもるようになってしまう。

 

そうなると精神的なストレスから、ますます電話で言葉が出ない状態(吃音症の悪化)に・・・。

 

そのような状態を防ぐためにも、「電話で言葉が出ない自分」を自分自身が受け入れること。

 

これがとても大切だ。

 

そのために、どんな行動をとれば良いのかというと「電話で言葉が出ない」ということを周りの人に伝えてみることがおすすめ。

 

しかし、当然のことながら、この対策には抵抗感がある人もいるはず。でも、考えてみてほしい。

 

「電話で言葉が出ない」ことを周りの人に話せない、というのは自分の中で「電話で言葉が出ない自分」を受け入れられていないということなのだ。

 

だから、今後の自分のためを思って、電話で言葉が出ない状況を克服するためだと思って、まずは周りの人に話してみよう。

 

たとえ、電話で言葉が出ないことを周りの人に理解されなくたっていい。「そんなの気持ちの問題だよ!」とか、言われてもいいのだ。

 

まずは、今の自分が「電話で言葉が出ないこと」に悩んでいるのだ、ということを打ち明けてみること。これが大事だ。

 

そうすることで、「電話で言葉が出ないこと」を周りにバレないようにしなきゃ、と思う必要がなくなる。

 

意外かもしれないが、この周りにバレないように、というつらさに押し潰されそうになって、ますます言葉が出ないことも多いもの。

 

話す環境というのは吃音症にとってとても大切なもので、“話しやすい環境”が作れているというだけで、スッと言葉が出てくることも多い。

 

電話で言葉が出るようになるには、まずは環境作りから。そう思って、一歩を踏み出してみよう。

 

なお、吃音症を克服したい!吃音症に苦しめられてきた自分を変えたい!そんな風に思っているあなたは、ぜひ下方もじっくり読んでみよう。

 

あなたにとっては、これからの未来を作る大きな一歩になるかもしれない。その一歩を踏み出せることを、心から願っています!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。