Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

噛まずに話す声優直伝!吃音症やありがとうを噛む接客の滑舌トレーニング

うまく話せない…

噛まずに話す方法を知りたいのなら、プロに聞くのが一番。

 

あなたも、吃音症などで「ありがとう」など接客用語を噛むことが多かったり、滑舌に悩んだりしていないだろうか?

 

その一方で、声優やアナウンサーなどは、滅多に噛まない。

 

まさに、声優たちは“噛まずに話すプロ”といえる。

 

そう、あなたが噛まずに話すようになりたければ、彼ら彼女らの方法でトレーニングするのが一番なのだ。

 

今回は、噛まずに話す声優直伝の方法や滑舌トレーニングについてお伝えしていく。

 

あなたも、吃音症や接客、スピーチで噛まない方法を身につけていこう。

噛まずに話す声優直伝!文章を読むときやスピーチで噛まない方法・滑舌トレーニング

噛まずに話す声優直伝の「噛まない方法」や「滑舌トレーニング」の方法をご紹介していこう。

 

当たり前だが、噛まずに話す声優たちは「噛まない方法」を心得ている。

 

そして、普段からそれを意識して実践しているだけに過ぎない。

 

 

つまり、文章を声に出して読む場合やスピーチで噛まない方法を知りたいあなたにも、十分噛まないようになれるということ。

 

そのために必要なことは、噛まずに話す声優たちが実践している、噛まない方法を忠実に実践していくことだ。

 

決して自己流にアレンジしたり、都合の良いようにとらえると逆効果なので注意していこう。

 

噛まずに話す、噛まない方法① 今すぐ早口を直せ

噛まずに話す、噛まない方法の一つ目は、早口は今すぐ直すことだ。

 

ここではっきり言っておこう。

 

噛むことが多い人=絶対に早口

 

この方程式は、絶対だ。

 

 

つまり、あなたが噛まずに話すようになりたければ、今すぐ早口をやめる以外、方法はない。

 

なぜなら、早口で話すということは、自ら噛むリスクを高めていることだからだ。

 

自分は早口じゃない、と思っている人もいるかもしれない。

 

 

でも、残念ながら、自分では早口かどうか分からないことが多いのだ。

 

なので、先にお伝えしておこう。

 

あなたは確実に、早口である。

 

今回の内容を読んでくれているあなたには、絶対に噛まずに話すことができるようになってほしい。

 

 

だから、あえて言いにくい部分も強調して伝えさせてもらう。

 

そう、あなたは早口だから噛むことで悩んでいる。

 

ゆっくり話すためには、1秒に1文字を話すくらいのスピードで話すようにしていこう。

 

噛まずに話す、噛まない方法② 噛まないように…と思うな

噛まずに話す、噛まない方法の二つ目は、噛まないように…なんて二度と思わないことだ。

 

人間の脳は、意識しないように…と考えていることを一番意識してしまう。

 

それを実感するために、ここでおもしろい実験をしてみよう。

 

 

今から伝える内容は、絶対に想像してはいけない。

 

しま模様のキリン

 

どうだろう?あなたは、しま模様のキリンを想像してしまったのではないだろうか?

 

 

このように、「意識するな、意識するな…」と思うほど、意識することが強調されてしまうもの。

 

だからこそ、「噛まないように、噛まないように…」と思っていると、必ず噛むようになってしまう。

 

どうしても噛むことが気になりだしたら「ゆっくり話すこと」だけを考えるようにしてみよう。

 

噛まずに話す、噛まない方法③ 噛むときは言い直すな

噛まずに話す、噛まない方法の三つ目は、噛むときは言い直しをしないこと。

 

なぜかというと、噛むときに言い直しをするとミスを自覚し、さらに緊張してしまうから。

 

あなたも一度噛んだ言葉を言い直そうとして、何度も噛む経験をしたことがあると思う。

 

 

つまり、それは自ら噛むようなことをしているというもの。

 

噛むことがあっても、言い直してはいけない。

 

仮に言い直さなかったとしても、大概は意味が伝わっている。

 

 

だから、あなたがわざわざ言い直す必要なんてないのだ。

 

また、噛まずに話すために、滑舌に自信がない人はこちらの記事も確認しておこう。

 

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

滑舌が悪い、なんてもう言わせない!

ありがとうございますが言えない…滑舌を度外視した吃音症の発音方法!

[/su_box]

 

噛まずに話す声優直伝!ありがとうを噛むことが多い吃音症が噛まないためのトレーニング

噛まずに話す、噛まないように話したいと考える多くの人は、滑舌が原因だと考えがち。

 

しかし、噛むことが多い理由はそれだけではない。

 

実は、噛まずに話すことを願う多くの人は、同時に吃音症でもあるということ。

 

 

吃音症とは、ありがとうなど特定の言葉が、噛まずに話すことができない。

 

また、接客や電話など特定の場面で、噛まずに話すことができないなどの特徴がある。

 

そして、そのほかに特徴的なのが「噛む予感がしてしまうこと」。

 

 

あなたもこれらの特徴にピンときたら、噛まずに話す方法の前に、吃音症を克服することが大切だ。

 

もちろん、噛まないためのトレーニングでも、ある程度は噛まずに話すことができるようになる。

 

しかし、このトレーニングだけでは、安定した話し方を手に入れるのは難しいのだ。

 

 

安定した話し方でないということは、噛まない時があっても、いつまた噛むようになるかわからないということ。

 

その心理的ダメージはとても大きい。

 

悪いことは言わない。必ず、次の賞も「吃音症の克服」についても読むようにしよう。

 

 

吃音症の克服の前に、ここでは簡単に噛まないためのトレーニングをお伝えしておこう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

吃音症でも噛まずに話す、噛まないためのトレーニングは、

  • 話す内容を単語ごとに区切って、間に呼吸をする

→噛む場合は、慌てて話すことで酸素が足りなくなって、噛むことが多い。また、早口の防止にもなる。

  • 大きな声で、はっきり伝える

→ボソボソ話すだけで、噛むことが多くなる。話す基本は、大きな声を出すことから。

  • 口を大きく開けることを意識する

→発する口の形を意識して、ハキハキと話すだけでも噛むことが少なくなる

[/su_box]

 

これらを意識しながら、吃音症の克服法についても確認していこう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

噛まずに話すためにもっとも効果的なのは、吃音症を克服すること

噛まずに話すようになるためには、吃音症の克服は避けて通れない。

 

いや、それだけではない。

 

小手先の噛まない方法でトレーニングするより、吃音症の克服に取り組む方が、よほど確実で早く噛まずに話すことができる。

 

 

しかし、同時に残念なお知らせもしなければならない。それは、

 

吃音症の克服は、一般的に難しい

 

とされていること。

 

 

なぜなら、吃音症は、病院や医師の間ではまだまだ浸透していない病気だから。

 

そして、試行錯誤しているうちに、噛む症状が悪化してしまうことが多いのだ。

 

でも、だからと言って、吃音症の克服をあきらめる必要はない。

 

 

あなたが吃音症を克服する術はまだ残っている。

 

それは、吃音症克服の経験者から確実な方法を聞くこと。

 

そう、吃音症の克服には、実際に克服した人から克服法を知ることが大切なのだ。

 

 

そこで、ここまで読んでくれたあなたには、私からのささやかなプレゼントをしたいと思う。

 

それが、吃音症を克服した私自身から、その克服法や失敗談、成功例などの多くの経験値を伝授すること。

 

そうすれば、あなたは吃音症をこれ以上悪化させることもない。

 

 

また、吃音症が原因で、人前でうまく話せないもどかしさを感じたり、人から笑われずに済む。

 

なお、私からのプレゼントは人数・期間ともに限定でお渡しすることにする。

 

それは、「本気で真面目に吃音症対策に向き合いたい人」だけを募集するためだ。

 

 

私自身、吃音症では本当につらい思いをしてきた。

 

だから、あなたの気持ちもよく分かるつもりだ。

 

あなたの負担を少しでも軽くしたいので、プレゼントは無料でお渡しすることにしている。

 

 

プレゼントはメルマガでお渡ししているので、吃音症を克服したい!と強く願う人は、今すぐメルマガに登録しよう。

 

(なお、人数・期間限定なので、定員の場合はお断りさせていただく。あらかじめご了承願いたい。)

 

あなたに、噛まずに話すことができる日が一刻も早く訪れるように心から願っています。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。