Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話でどもる原因と対処法【決定版】吃音症どもらないコツ教えます!

うまく話せない…

電話でどもるようになった原因は何なのか?大人にもなって、電話でうまく話ができずにどもるなんて恥ずかしい。

 

あなたもそんな風に感じて、嘆いていないだろうか?

 

実は私自身、吃音症でうまく電話で話すことができずにどもることで数十年悩んでいた。

 

電話でどもることで悩んでいるなんて、周りの人にはなかなか理解してもらえないし、恥ずかしさもあって相談できなかった。

 

しかし、あることがきっかけで電話でどもることを克服できた。

 

だから、今日は私と同じように電話でどもることで悩んでいるあなたに、電話でどもる時のコツや対処方法をご紹介しよう。

 

電話でどもる原因は何?吃音症との関係は?

電話でどもる原因は何なのか?これは、人によって異なることも多い。

 

しかし、大人になってから電話でどもることが気になるようになった場合、その多くが、仕事などで電話をすることがストレスになっているのだ。

 

大人になって仕事などで電話する機会が増えると、電話のマナーや社会人としての常識を叩き込まれる。

 

当然、大人に仲間入りしたての頃は自分に自信がもてないもの。

 

不慣れな電話で正しい対応やマナーを求められ、うまく話せないことや迷惑をかけたらどうしよう、という思いや不安も強く出てしまう。

 

加えて、自分の声や話し方を周りに聞かれているというストレスもある。

 

そう、大人社会にデビューしたての人間にとって、電話は公開処刑のようなものだ。

 

当然、これらの原因によるストレスは相当なものだし、その結果、電話でどもる原因となってしまう。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

会話でどもる吃音症、その原因は?克服のための3ステップ

[/su_box]

 

電話でどもる状態は治せる?対処方法とは?

電話でどもる原因は、慣れない大人社会で何とか対応しようとした結果、そのストレスによるもの。

 

そう、電話での成功した思い出が少なく、失敗で強い恐怖心が植えつけられてしまった結果、電話でどもるようになってしまうのだ。

 

いわば、心に深い傷を負っている状態なのである。

 

でも、電話でどもる状態は治せるのだろうか?心に負った深い傷は癒えるのか?

 

結論から言えば、もちろん電話でどもる状態は克服できる。

 

それは冒頭でお話しした通りで、実際に私自身が電話でどもる状態を克服してきた。

 

でも、それにはまず電話でどもる時の対処方法から身につけることがおすすめ。なぜなら、そのほうが、電話でどもる状態の克服方法を手堅く理解ができるからだ。

 

電話でどもる時の対処方法については、参考記事に詳しくまとめてあるので、一文字残さずじっくり読んでみてほしい。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

電話で緊張、どもる対策やコツ!吃音症でも克服!どもる原因を取り除く

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

電話でどもる吃音症の克服方法!電話でどもらない決定版を公開!

電話でどもる吃音症の克服方法、決定版をここではお伝えしよう。なお、ここを乗り越えれば電話でどもらないようになれる。

 

しかし、そのために目先のことだけにとらわれて、「電話でどもらないようにしよう!」と意気込んでいては逆効果。

 

つまり、電話でどもる吃音症の人の場合、電話でどもらないようにしようと考えることはナンセンスなのだ。

 

それはどういうことかと言うと、電話でどもる吃音症の人は、

 

「電話でどもらないようにしよう。どもらないように、どもらないように・・・」

 

と、考えれば考えるほど、過去の失敗した思い出などが蘇って頭がパニックに。

 

そして、その結果、ますます電話でどもるようになってしまうのだ。

 

もしかして、あなたも今までにそのような経験をしたことがあるのではないだろうか?

 

だから、電話でどもる吃音症の人こそ、「電話でどもらないように!」などと間違っても意識してはいけない。

 

では、電話でどもる吃音症の人は、どうしたら電話でどもらないようになるのか?

 

その決定版とも言える克服方法をまとめた記事がある。ぜひ電話でどもる吃音症を克服しよう!

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

電話でどもらない!と意識すると逆効果?吃音症の電話対策で本当に大切なこと

[/su_box]

 

電話でどもる吃音症対策のまとめ

電話でどもる吃音症の原因や対処方法、さらには秘蔵の克服方法まで一挙にご紹介してきた。

 

ここまで来れば、電話でどもるという現象はなぜ起こるのか、だからこそ、電話でどもる時はどう対処すべきなのか、が見えてくる。

 

むしろ、この順を追って考えることができなければ、電話でどもる吃音症は克服などできない。

 

だから、多くの人が電話でどもる吃音症を克服したいあまり、「電話でどもらない方法」に手当たり次第飛びつくのだ。

 

そして、その結果、さらに電話でどもる状態を悪化させるという末路を辿る。

 

でも、大切なのはそうではないということ。

 

これは、手当たり次第「電話でどもらない方法」に飛びついた人たちの末路からも理解できる。

 

電話でどもる吃音症を克服するために大切なのは、その原因から辿り、原因を焦らずに一つずつつぶしていくことなのだ。

 

必ず、電話でどもる状態は改善できる。そして、克服できるものだ。

 

電話でどもることが確かに非常につらいことだけれど、焦ったところでうまく行く類のものではない。むしろ、逆効果。

 

だからこそ、今回ご紹介した内容をじっくり試してみて、少しずつ自分に自信をつけることから始めてみてほしい。

マコト

56,788 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。