Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話でどもる原因は吃音症?もう電話の事で悩まない!克服方法を大公開!

うまく話せない…

電話でどもる原因は吃音症・・・?

 

電話で話そうとすると、途端に緊張感が増してきて、声が出ない・・・。何とか声を出そうとすると、どもる。自分でも何を言っているか分からない。

 

「話にならない!他に電話代われ!」

「イタズラ電話かよ!」

 

このセリフは何度聞いたことか分からない。そう、私自身、吃音症でどうしても電話でどもることがあったのだ。

 

特に、仕事で得意先からの電話となれば、「絶対にどもるのはダメだ」「迷惑はかけられない」とどんどん自分を追い込んでしまう。

 

そして結局、電話でどもる。

 

でも、私はここから這い上がって、何とか電話でどもる原因の吃音症を克服した。今日は、そんな私が電話でどもる原因の克服方法をお伝えする。

 

あなたもこれを機に、電話でどもるのを卒業しよう。自信を持って電話に出られる自分を手に入れよう!

 

電話でどもる原因は吃音症なのか?克服するには?

電話でどもる原因は、吃音症なのか?その答えは、電話でどもる原因と吃音症は表裏一体の関係にある。

 

つまり、言葉がうまく出てこない難発性やどもることが多い連発性の吃音症が悪さをして、電話でどもる原因となってしまう場合。

 

また、電話でどもることで思うように話すことができないでいると、そのストレスが原因となって吃音症になる場合もある。

 

どちらの場合にしても、電話でどもる原因を克服するには、いくつか方法がある。

 

今回ご紹介するのは、

  • 電話シチュエーションでの会話練習
  • 電話でどもる原因になる息の詰まりを解消する方法
  • 電話でどもることを気にしない気持ちの持ち方

 

こちらの3つの方法をご紹介していきたいと思う。まずは、電話シチュエーションの会話練習方法について。

 

これは、普段電話する場面を思い浮かべながら、自分が電話で話すおきまりのセリフを練習する、という方法。

 

というのも、電話で話す内容というのはだいたい決まっているし、もっと言えば、電話でどもる部分も決まっている。

 

だから、その場面を思い浮かべながら、どもることなく言う練習をしていく。

 

これを行うことで、いざ電話の場面になった時でも「これは何度も練習した場面だぞ!」と自分に言い聞かせ、自信を持つことができる。

 

練習を繰り返せば繰り返すほど、どもる回数が減ってくる。実際に電話でもどもることが減るようになる。

 

まずは、頭の中で電話の場面をイメージして、話す練習を始めてみよう!

 

スポンサードリンク

電話でどもる原因の吃音症、話す時に息を詰まらせない方法は呼吸の仕方一つ!

電話で更にどもるようになる原因の吃音症は、電話中に息が詰まったように感じることが多いもの。

 

それでも電話で無言でいるわけにいかないので、何とか声を振り絞ろうとする・・・。

 

しかし、それこそが、電話でどもる原因になってしまう。だから、電話でどもる原因と吃音症は表裏一体。

 

そして、そのような時にまず気をつけたいのが、電話中の呼吸の仕方。というのも、呼吸がうまく出来ていないことが息が詰まって言葉が出てこない原因だからだ。

 

電話でどもることで、うまく話せないストレスが溜まると、呼吸が思うようにできなくなる。そのようにして、知らずのうちに呼吸が浅くなってしまう。

 

では、どうやってこの原因を取り除くかと言うと、

 

電話で言葉を発する前で、確実に息を吸うようにすること。

 

これを意識して行うようにすることで、話し始めで息を吐き出すことができ、電話でちゃんと声が出るようになる。

 

すると、電話で息が詰まることがなくなるので、どもる原因がなくなるというわけだ。

 

電話で話すと急に緊張して、息が詰まるように感じてどもるなら、まずはこの方法を試してみよう!

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

電話でどもる原因の吃音症…実は意外とみんなが悩んでいる?

電話で更にどもるようになる原因の吃音症は、なんと100人に1人の割合。しかし、実際はそれ以上に、電話でどもることを悩んでいる人も多い。

 

そう、実は吃音症であろうがなかろうが、意外にも電話でどもる人は多いのだということ。

 

先ほどもお伝えしたとおり、電話でどもることから話すことへのストレスが溜まって、吃音症になってしまう人もいる。

 

吃音症は、話すことへの一種のトラウマ状態。だから一度、吃音症になるとそれを克服するのは大変だと言われている。

 

でも、電話で更にどもるようになる原因の吃音症は、なる人とならない人がいる。その違いは一体何なのか?

 

それは、電話でどもる人でも「別に電話でどもってもいいんだ!」と思える人は吃音症にならないということ。

 

先ほどもお伝えしたが、電話で更にどもる原因になる吃音症は、話すことへのトラウマの状態。

 

でも、電話でどもる人でも「別に電話でどもってもいいんだ!」と思える人はこのような話すことのトラウマとは無縁だ。

 

だから、吃音症にならない。

 

こう言ってみるととても単純に聞こえるのだが、大切なのはこの「別に電話でどもってもいいんだ!」という姿勢。

 

実は、この「別に電話でどもってもいいんだ!」という気持ちがなければ、電話でどもる原因は克服できない。

 

なぜなら、電話でどもることを気にしすぎている状態では、電話に出る時にどうしてもどもることを気にしてしまうから。

 

どもることを気にしすぎれば、し過ぎているほど、電話で緊張してしまう。

 

そして、その結果、電話でどもる。

 

このような流れでますます電話でどもるようになる、ということを理解しよう。そして、

 

「みんな電話でどもるんだから、どもるのは自分だけじゃない!だから、どもってもいいんだ!自分は少しどもるのが多いだけだ!」

 

電話に出るときは、このように考えるようにしよう。

 

何と言っても、無理やり電話でどもることや吃音症を治そうとすることは、返って悪化させかねない。

 

それよりも、もっと前向きにとらえること。

 

電話でどもる自分と付き合いながら少しずつ良くしていこう、という気持ちを持つことが大切だ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

32,680 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。