Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉に詰まる障害は吃音症?病院は行くべき?チェック・治った克服法を経験者が語る!

うまく話せない…

言葉に詰まる障害は吃音症なのか?

 

吃音症は、言葉に詰まる・どもりが出るなどの症状を抱える病気だ。

 

実は、私自身、言葉に詰まる障害「吃音症」に長年悩まされた経験者。

 

あなたが「自分は言葉に詰まる障害なのではないか?」と考えたとき、とてつもない不安の波に襲われると思う。

 

そんなときに、今抱えている不安を一つ一つ解消できる内容を、経験者としてお伝えしていきたい。

 

今は、希望が見えないつらい状況にいるかもしれない。

 

でも、大丈夫。私も乗り越えてきた。この記事で、言葉に詰まる障害を克服する一歩を踏み出そう。

言葉に詰まる障害は吃音症?そのチェック方法とは?

言葉に詰まる障害は吃音症か?

 

言葉に詰まる症状があるけれど、これって本当に吃音症という障害なのか?

 

それを確かめるためには、まず吃音症という障害特有の症状に当てはまるかをチェックすることだ。

 

 

なぜなら、吃音症という障害の症状は、実は「言葉に詰まる」以外にも多くのものがあるから。

 

以下の吃音症のチェック項目に、自分がどれだけ当てはまるのかをチェックしてみよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

「言葉に詰まる」以外の吃音症の代表的な症状チェック

  • 言葉の始めを繰り返して言う(言葉を噛む・どもり)
  • 言葉に詰まるときに顔をしかめたり、手や足を動かすことがある
  • 言葉に詰まるときは、別の言葉に言い換えることがある

[/su_box]

 

このような症状が、言葉が詰まる障害「吃音症」に多い行動だ。

 

 

これらのチェック項目で「この症状、自分もしているな」と感じたら、あなたも吃音症という障害を抱えていることになる。

 

しかし、症状は吃音症が進行してくる過程で出てくるものも多い。

 

つまり、吃音症という障害も初めは「言葉に詰まる」症状だけを自覚している。

 

 

そして、話しづらさを感じる中で、なんとか言葉を発しようとすることで他の症状も出てくるものもあるということ。

 

また、吃音症という障害には、ほかにも心理的な面での特徴がある。

 

こちらのチェック項目にも、当てはまる部分がないか確認してみよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

吃音症を抱えている人の心理チェック

  • 言葉に詰まることへの不安が大きい
  • 話す前に、言葉に詰まる予感を感じてしまう
  • 言葉に詰まることで、バカにされたらなど周囲の目を気にしてしまう
  • 言葉に詰まる自分への嫌悪感が強い

[/su_box]

 

あなたもこれらのチェック項目に、「ハッ」とした部分はなかっただろうか?

 

 

もちろん、吃音症という障害を抱えていない人は、このような悩みはない。

 

「うまく話せるか」など考えることはあったとしても、「言葉に詰まるかどうか」で悩んだりはしないのだ。

 

だからこそ、吃音症という障害は、言葉を発することに対して大きな不安障害を抱えている。

 

 

こんなとき、「じゃあ病院に行くべきだろうか?」と考えるかもしれない。

 

結論から言えば、それはNOだ。その理由について説明していこう。

 

言葉に詰まる障害は吃音症?病院には行くべき?

言葉に詰まる障害「吃音症」は、病院に行くべきだろうか?

 

私自身も、病気や障害となれば“病院に行くべき”と思っていた。

 

病院に行けば治る。なんとかなる。そんな風に信じていた。

 

 

しかし、結果から言えば、それは間違い。

 

そう、現代の医療では残念ながら吃音症という障害は治すことができない。

 

私も病院に行ったが、不安を取り除くという副作用の重い薬を処方されて終わった。

 

 

そこから症状が悪化したのは言うまでもない。

 

私は、ベットから起き上がれなくなってしまったのだ。

 

でも、病院を信じていたので、その後もしばらく病院に通ってみた。

 

 

しかし、その結果は無意味だった。病院費だけがかさんでいった。

 

なぜ病院に行っても無駄だったのか?

 

それは、そもそも「吃音症を診断できる病院がほとんどない」というのがある。

 

 

これは余談ではあるけれど、私の弟は医師をしている。

 

彼が医師になる頃には、私は吃音症を克服していたのだが、思いきって聞いてみたのだ。

 

「医者は吃音症を知らないのか?」と。

 

 

彼の返事としてはこうだった。

 

「吃音症という病気はもちろん知っている。しかし、それを医学として治療する方法はまだ浸透している段階ではない。」

 

だからこそ、吃音症という障害を診断できる医師も相当限られてくるというわけだ。

 

 

実際、吃音症として障害者手帳を得ようとしても、診断書がもらえないということはよく聞く話だ。

 

ここで、もう一度考えてほしい。

 

吃音症という障害を克服するためには、どういった手段を取るべきなのか?

 

 

吃音症は風邪じゃない。

 

言葉を発する機能と心理的な部分が深く関係した病気だ。

 

私のように「吃音症は障害だから。病気だから。」といって、病院に行くのは安易すぎる。

 

 

吃音症が治るわけでもない、薬を飲み続けても仕方がない。

 

もちろん、病院はあなたが来ても拒んだりはしないだろう。

 

「不安を取り除くお薬を出しておきますね」

 

そう言って終われば、診療費がもらえる。

 

 

でも、それじゃあなたはいつまでたっても吃音症という障害に悩むだけ。

 

言葉に詰まる症状は克服できない。むしろ、悪化させるだけ。

 

金もかかる。無駄なことに金を使う余裕なんて、金持ちにだってないはずだ。

 

 

そんなことはやめよう。

 

もっと確実で、最短で克服できる方法を実践しよう。

 

あなたには、同じ症状を経験した私がその克服法を伝授する。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

言葉が詰まる障害は吃音症?実際に治った克服方法!

言葉が詰まる障害「吃音症」を克服した私には、その克服方法を悩んでいるあなたに伝える義務があると思う。

 

言葉に詰まる吃音症を克服するために必要なこと。それは、

 

  • 正しい言葉を発する機能
  • 正しい心理コントロール

 

これらを習得することだ。

 

 

そう、正しい克服方法を実践すれば、必ず症状を抑えることができる。

 

得体の知れない「言葉が詰まる」という症状からパニックになると、権威ある病院を頼りたくなる気持ちはすごくよく分かる。

 

でも、吃音症という障害には、自分自身と向き合うことが最善の克服方法だ。

 

 

しかし、自分一人でなんとかしようとするのは危険。

 

なぜなら、間違った方法で吃音症を克服しようとすることは、逆に悪化させかねない。

 

だから、吃音症の克服は難しい。

 

 

「正しい方法」と「正しい手順」を知り、実践すること。

 

吃音症という障害を克服するには、これが絶対必要になる。

 

そこで、私は無料メルマガで、その実践方法を詳しくご紹介することにした。

 

 

あなたが言葉に詰まる吃音症という障害を克服するために、サポートできる内容をつくったので、ぜひ登録してみてほしい。

 

なお、責任を持って向き合いたいので、メルマガは人数限定となっている。

 

もし、本気で言葉に詰まる状態を克服したいのなら、今すぐ登録しておこう。(定員に達している可能性もあります)

 

 

私と同じように、あなたには言葉に詰まるというつらい悩みから、一刻も早く解放されてほしい。

 

そして、自分らしい生き方ができるようになることを心から願っています。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。