Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お電話ありがとうございます言えないを克服!吃音症が言いやすい方法を実践することが大切!

うまく話せない…

お電話ありがとうございますが言えないが、なかなか克服できない・・・。

 

あなたがこのまま、お電話ありがとうございますが言えないとだんだん電話に対して恐怖を覚えるようになるだろう。

 

また、周りの人からも理解されにくい悩みなので、仕事自体がつらくなってしまう。

 

その結果、あなたは職を失う事にもなりかねないのだ。

 

しかし、初めに言っておくが、お電話ありがとうございますが言えない状態は必ず克服できる。

 

今回は、お電話ありがとうございますが言えない状態を克服する方法、とりわけ吃音症でも言いやすい方法をお伝えしていきます。

 

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服したいなら、筋肉を動かせ!

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服したいなら、筋肉を使うこと。

 

その理由は明確で、実は、できないことをできるようにするためには脳の活性化が必要なのだ

 

そして、脳の活性化するためには筋肉を動かすことがとても有効。

 

 

つまり、筋肉を動かすことで脳が活性化し、できなかったことができるようになる。

 

しかし、ここで一つ訂正がある。

 

実際は、写真のような筋トレや筋肉モリモリになる必要はない。

 

 

今のあなたは、お電話ありがとうございますが言えない状態を克服したい。

 

だから、

 

口の筋肉をよく動かして話す

 

このことに、意識を集中してみてほしい。

 

 

そうすることで脳が活性化されて、今はうまく言えない、お電話ありがとうございますが言いやすくなる。

 

また、実は、口の筋肉をよく動かすことは脳の活性化以外にも、メリットがある。

 

それは、お電話ありがとうございますを言えない状態を克服するのに欠かせない、以下のコツが組み込まれているから。

 

[su_box title=”克服に欠かせないコツ” box_color=”#ec060c”]

  • 口を大きく動かす
  • ゆっくり話す
  • 大きな声で話す

[/su_box]

 

そう、口の筋肉を動かすことは、お電話ありがとうございますを言いやすくする方法として、とても理にかなった方法なのだ。

 

 

ここまでの話をまとめておこう。

 

お電話ありがとうございますを言えない状態を克服したいのなら、脳を活性化すること。

 

つまり、今はあなたの脳が休んでいて、お電話ありがとうございますを言えない状態なのだ。

 

 

でも、脳が活性化すれば、「お電話ありがとうございますが言える」状態にすることができる。

 

そのためには、口の筋肉をよく動かして、お電話ありがとうございますを言うことが大切。

 

また、口の筋肉をよく動かすことは、脳の活性化につながるだけでなく、ハキハキ・大きな声で・ゆっくり話すなどにもつながる。

 

 

つまり、お電話ありがとうございますを言いやすくするコツさえも押さえているということ。

 

お電話ありがとうございますを言えない状態を克服したいのなら、まずは口の筋肉をよく動かして話すことを意識してみよう!

 

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服したいなら、開き直れ!

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服したいなら、まずは今の状態を開き直って受け入れること。

 

ハッキリ言って、お電話ありがとうございますが言えない状態というのは、

 

ムキになればなるほど言えない。克服できない。

 

人間の脳というのは不思議なもので、それにこだわればこだわるほどトラウマ感覚に陥ってしまうところがある。

 

 

実際に、それはあなたも経験済みかもしれない。

 

本当に不思議なのだけど、“気にしてない。どうでもいい”レベルでとらえている方が克服しやすかったりする。

 

あなたもこれまで頑張って、お電話ありがとうございますが言えない状態を克服しようとしてきたと思う。

 

 

それなら一度、その肩の荷を下ろしてみるのもいいかもしれない。

 

そう、お電話ありがとうございますが言えないことを受け入れてみる。開き直ってみる。

 

そうすると気がラクになって、まずお電話ありがとうございますが言えない自分に落胆しなくなる。

 

実は、これって結構重要だ。

 

 

自分に期待することも大切だが、それは同時に、期待に応えないといけないというプレッシャーをかけることでもある。

 

そのプレッシャーが見えないところで膨らんで、お電話ありがとうございますが言えないこと自分が許せなくなる。

 

そうなれば、誰だってそうだけど、次にお電話ありがとうございますを言うのが怖くなる。

 

そう、自分でトラウマを大きくしてしまうのだ。

 

 

言うまでもなく、それではいつまで経っても、お電話ありがとうございますが言えない状態を克服することはできない。

 

まずは、お電話ありがとうございますが言えない自分を受け入れよう。

 

今がゼロの状態なら、明日や一週間後でもいい。少しずつ克服への道を一歩ずつ進めばいい。

 

 

お電話ありがとうございますが言えない状態というのは、力ずくで克服するものではない。

 

だからこそ、言えない状態を受け入れて、できることから少しずつ、階段を登るように始めていく必要がある。

 

今の自分から、ステップアップするつもりで克服していこう!

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服するためのまとめ

お電話ありがとうございますが言えない状態を克服するにはどうするか?

 

それを一言でまとめるとすれば、

 

受け入れて開き直って、口の筋肉を動かす

 

これに尽きる。

 

実は、吃音症の人は特に、

  • お電話ありがとうございますが言えなかったらどうしよう
  • また、お電話ありがとうございますが言えなかった

 

このようなネガティブな感情を抱いてしまうことが多い。しかし、その状態では残念ながら、いつまで経っても克服はできない。

 

まずは、現状を受け入れ、口の筋肉を動かして話すことを意識する。できることから始める。

 

克服したいなら、これに限る。

 

あなたが、お電話ありがとうございますが言えない、つらい状態を抜け出し、笑顔でその一言を言えるようになることを願っています!

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。