Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

会社で言葉に詰まる大人吃音症!急にどもり…電話で第一声が出ないを克服する3つの方法!

うまく話せない…

会社で言葉に詰まる大人吃音症が増えている。

 

特に、電話で第一声が出ない、急にどもりが出るなど、社会人として信用に関わる困りごとばかり…。

 

うまく話せないことに落ち込み、うつになってしまうこともある。

 

こんな言葉に詰まる・噛む・どもりが出るなど大人吃音症の症状が出たら、早めに対策することが一番だ。

 

今回は、会社で言葉に詰まる大人吃音症について症状や克服法などをお伝えしていく。

 

電話で第一声が出ない…急にどもりが出始めた…に、思い当たる節があれば、今すぐ改善していこう。

会社で言葉に詰まる…急にどもりが!大人吃音症は病気?

会社で言葉に詰まる、急にどもりが出始める…。

 

大人になって会社に勤めていると、言葉に詰まることに悩んでいてもなかなか周りに相談できない。

 

しかし、このような大人の吃音症は、実際に100人に1人が悩んでいる病気だ。

 

 

大人の吃音症とは、

 

  • ある種の言葉やある場面で話すとき、言葉に詰まる・どもり・噛む
  • 話す前から言葉に詰まる気がしている

 

などの特徴的な症状がある。

 

 

話すという行為は、心と体の機能が組み合わさって成り立つ。

 

だからこそ、心と体に問題が生じていれば、口を開いても言葉が出てこない。

 

それは、ストレスやプレッシャー、話す技術などの原因が組み合わさって現れた病気なのだということ。

 

 

今のあなたが抱えている大人の吃音症という病気は、そのような性質をもっている。

 

そのような仕組みを理解した上で、

 

  • 会社で話すことへの不安を小さくする
  • 言葉に詰まる・どもりが出にくい話し方
  • 言葉に詰まるときの対処法

 

これらを手に入れることが、解決への突破口だ。

 

 

これらを確立できれば、電話で第一声が出ない状態も克服できる。

 

では、その具体的な方法をお伝えしていこう。

 

会社で言葉に詰まる大人吃音症が、電話で第一声が出ない状態を克服する3つの方法!

会社で言葉に詰まる大人吃音症。

 

この大人吃音症にとって、特に困るのが電話で第一声が出ないこと。

 

電話だと相手の顔が見えないので、声だけが頼りだ。

 

 

しかし、そう思えば思うほど、緊張感も増して喉が締まって言葉に詰まる。

 

会社の電話は、取引先との信頼関係にも関わってくるもの。

 

それに、会社内の上司や同僚が、電話のやり取りを聞き耳をたてているような気がしてしまう。

 

 

そんなプレッシャーから更に緊張して、より言葉も詰まるようになる。

 

会社で言葉が詰まる大人吃音症にとって、電話で第一声が出ないのは致命傷だ。

 

そんな大人吃音症にとって「言葉に詰まることなく言えた」という小さな成功体験を積み上げることが大切。

 

 

そのためにも、3つの克服法を駆使して電話で第一声が出ない状況を改善していこう。

 

電話で第一声が出ないを克服する① 会社で話す抵抗を少なくする

会社で言葉に詰まる大人吃音症にとって、ストレスとなるのは「大勢の人に電話のやり取りを聞かれている…」という状況だ。

 

  • 電話の内容に集中しなくては…という焦り
  • 周りの人が話を聞いている…というプレッシャー

 

これらが影響してパニックになり、言葉が詰まる。

 

 

この状況を克服するには、電話の際に以下を心がけるようにしよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  1. 電話相手と長電話になりそうな場合は、思いきって折り返し電話する。
  2. 折り返し電話は、会社内にあまり人がいない時や人がいない会議室などから折り返し電話をしよう。
  3. 短い電話やお決まりの内容の電話の場合は、少し頑張って周りに人がいても電話を続けよう。

[/su_box]

 

大人吃音症にとって無理は逆効果だが、場数をふむことはある程度慣れにつながる。

 

 

短い電話の時は自信を持って、逆に会社内の人に聞こえるくらいの大きな声で話してみよう。

 

それを乗り越えた先には、小さくガッツポーズできる自分が待っているから。

 

電話で第一声が出ないを克服する② 言葉に詰まる・どもりが出にくい話し方

電話で第一声が出ない場合、言葉に詰まる・どもりが出にくい話し方を意識することも大切だ。

 

なぜなら、根底にある話し方のスキルがないと、どうしても自信をもって話すことができないから。

 

電話で第一声が出ない状態を克服するには、まずは正しい話し方を意識してみよう。

 

 

言葉に詰まる・どもりが出にくい話し方は、こちらを意識しよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  1. うまく話そうとしない。
  2. シンプルに、短い言葉で伝えよう。
  3. 一番大事なことだけ伝えるようにしよう。
  4. どもることがあっても言い直さない。
  5. 焦るときこそ、ゆっくり話す。

[/su_box]

 

会社で言葉に詰まる大人吃音症にとって、失敗するプレッシャーというのはなかなか大きいもの。

 

 

でも、だからこそ、小さいハードルから順番に乗り越えていくことが大事だ。

 

小さなハードルをたくさん乗り越えることで、自信がついて、電話で話すことにも耐性がついてくる。

 

何事も始めが一番つらいのは言うまでもないが、あきらめずに実践するようにしてみよう。

 

電話で第一声が出ないを克服する③ 第一声が出ないときの対処法

電話で第一声が出ないときの焦りやパニックといったら、他に比べるものがないくらいの恐怖だ。

 

これでトラウマになるな、という方が難しいもの。

 

しかし、自分の中で、そのような状況でも立て直すことのできる方法を一つ用意しておくと、心のゆとりがまるで違う。

 

 

そう、たとえまた電話で第一声が出ない場面になったとしても、慌てることなく対処できる。

 

私のおすすめとしては、とりあえず電話の保留ボタンを押すことだ。

 

そして、ひと息つこう。

 

 

大丈夫、これなら会社内の人にも分からない。

 

それに、電話相手にも「お待たせしました」と言えば、その場は切り抜けられる。

 

スマホなら「電波が悪くて」と一言言うだけでいい。

 

 

言葉に詰まる・電話で第一声が出ないことを克服するのは、トラウマの場面を切り抜ける対処法を多く準備できること。

 

まずは、今回の方法を試しながら、余裕を取り戻していく。

 

そして、自分なりに対処法を増やしていくようにすると良いだろう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

会社で言葉に詰まる大人吃音症のまとめ

会社で言葉に詰まる大人吃音症にとって、つらいのは話すことや電話から逃げられないということ。

 

しかし、逆にとらえてみれば、苦手意識を克服するチャンスはいくらでもある。

 

そして、案外、会社の人も電話相手も、あなたが言葉に詰まることやどもりが出ることをあまり気にしていないのが事実だ。

 

 

ただし、その後の反応が問題になる。

 

「言葉に詰まってしまった!」

「どもってしまった!」

 

このようなリアクションを取ってしまうと、話している相手は不安を抱いてしまう。

 

 

だから、言葉に詰まる・どもりが出ることがあったとしても、何食わぬ顔をしていよう。

 

そう、「どうかしましたか?」くらい堂々としていればいい。

 

もし、そのまま話を続けるのが難しければ、一呼吸おいてから話し始める。

 

 

会社内であろうと、話し方は基本的に自由だ。

 

別にどもったっていい。

 

ゆっくり話したって怒られる筋合いはない。

 

 

それくらいの気持ちで大丈夫だ。

 

でも、ここまで読んでもまだ不安な気持ちが残るようであれば、私の無料サポートが受けられるメルマガに登録しておこう。

 

メルマガでは、大人吃音症を克服するための情報をお伝えしている。

 

 

さらにあなたをバックアップすることができるので、ぜひ利用してみてほしい。

 

(なお、メルマガはサポート重視のため人数限定で配信しています。)

 

あなたが自分の話し方に自信をもち、会社でも堂々と仕事ができるように心から応援しています。

マコト

56,080 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。