Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音の大人はチェック!挨拶や電話で難発・どもりが出やすい人の克服ルート

吃音症の悩み

吃音の大人がチェックしておきたい、吃音克服ルート。

挨拶や電話といった場面では、吃音を抱えた多くの大人が、難発やどもりの症状で苦しんでいる。

 

しかし、その苦しい状態をなんとなく、漠然ととらえているだけでは、吃音はなかなか克服できない。

吃音の大人こそ、自分の症状をチェックし客観的にとらえること。

 

そして、自分に合った吃音の克服方法を実践していくことが大切。

今回は、吃音の大人が当てはまりやすい症状をチェックしながら、それぞれに合わせた改善方法をお伝えしていく。

 

あなたも吃音症状をチェックしながら、最善の克服ルートをたどるようにしよう。

吃音の大人はチェック!挨拶や電話で難発が出るときの克服ルート

吃音の大人がチェックしておきたい、挨拶や電話の場面で難発が出る場合の克服ルート。

まず、吃音の難発とは、

  • 喉が締まって声が出ない
  • 言葉が詰まる

などと感じることが多い吃音の症状だ。

 

 

実際には、「・・・ありがとうございます」などのように声を発しようと思っても、なかなか言葉にならない状態。

この難発性吃音が挨拶や電話といった場面で、症状として現れると、実に厄介だ。

 

実際、話している相手から思いもよらぬ言葉を浴びせられることも多い。

「大人なんだから、これくらいで緊張するな」

「落ち着いて話せよ」

「ちゃんと話せる人に電話代わって」

「イタズラ電話やめてください」

こんな心ない言葉が、さらに吃音を悪化させてしまう。

 

 

こんな辛い思いはもう終わりにしよう。

挨拶や電話の場面で出やすい難発の症状をチェックしながら、最適な克服ルートもチェックしていこう。

 

具体的には、以下の内容について、自分が何番に当てはまるかをチェックしてみてほしい。

  • 言い換えについて
  1. 言い換えすることはないが、時々言いにくい言葉がある
  2. 言いにくい言葉は、たまに言い換えをすることがある
  3. 言葉に詰まりそうな言葉は、基本的に言い換えをする
  4. 言い換えができない言葉は言わない、話す場面を避ける

 

  • 言葉が詰まる症状について
  1. 母音で始まるあ行やた行などの音が言いにくい時がある
  2. 「ありがとうございます」など特定の言葉はたまに詰まることがある
  3. 言いにくいと感じる特定の言葉は、たいがい予想通り言葉に詰まる
  4. 言葉が詰まることが多い特定の言葉を言う場面は、避けるようにしている

 

 

いかがだろうか?

どれも挨拶や電話などの場面で言葉が詰まる難発性吃音の症状だが、段階に応じて、克服ルートが変わってくる。

 

この症状に合わせた克服ルートの実施が、吃音の大人には大切だ。

それでは、具体的な克服ルートをチェックしていこう。

 

 

まず、言い換えや言葉が詰まる難発性吃音について、1や2に当てはまる場合。

この場合は、難発性吃音が深刻化する前に、対策を打っておくことが重要。

 

このまま放っておくと、確実に難発の状態が悪化していくので、正しい克服法をチェックしておこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:電話で声が出ない!吃音症が第一声で喉が閉まる原因と克服方法!

[/su_box]

 

 

また、難発項目の3・4に当てはまる場合は、それ以上の深刻化を避けるためにも確実な克服ルートをチェックしたいところ。

おすすめは、私の無料メルマガでより具体的な克服法を理解していくことだ。

 

メルマガでは、ここでは紹介しきれない、より具体的な克服法をお伝えしているので、絶対に登録しておこう。

また、下記の記事を参考にして、今すぐ克服法を実践していくようにしよう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:お電話ありがとうございます言えないを克服!吃音症が言いやすい方法を実践することが大切!

[/su_box]

吃音の大人はチェック!挨拶や電話でどもりが出るときの克服ルート

吃音の大人がチェックしたい、挨拶や電話でどもりが出るときの克服ルート。

どもりは、難発性吃音で言葉が出にくい状況をなんとか脱出しようとして起こることが多い。

 

まずは、難発の項目チェック同様に、以下のどもりの症状に当てはまるものをチェックしていこう。

  1. 言いにくい言葉があるが、最初の言葉が出てしまえば、その後はすんなり話すことができる
  2. 言いにくい言葉を話す前に、なんとなくどもる気がしてしまう(そして、その予感が当たることが多い)
  3. 言いにくい言葉を言うときは、なんとなく緊張して力んでしまう。話すときに息が上がることが多い

 

 

電話や挨拶の場面でどもりが出るとき、あなたが当てはまる項目はどれだっただろうか?

どもりの症状項目の1に当てはまる場合は、まだどもりの症状としては軽いので、今が肝心だ。

 

吃音の大人の克服ルートをしっかりチェックしておこう。

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音チェック表活用でどもりが治る確率を上げる!遺伝や頭の回転も関係ない!吃音を克服する方法とは?

[/su_box]

 

 

また、どもりの症状項目の2に当てはまる場合は、どもることがあなたの話し方に定着しつつあるので注意が必要だ。

具体的には、こちらの記事をチェックして、克服方法を実践していこう。

 

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

参考記事:吃音を克服した人の治った方法をチェック!どもりの大人あるあるから脱却せよ!

[/su_box]

そして、どもりの症状項目の3に当てはまった場合は、早急に無料メルマガに登録しておこう。

 

メルマガで具体的な克服法をアドバイスしていくので、その克服ルートを辿っていくことが必要だ。

今からでも克服には遅くないので、できることをしっかりやっていくようにしよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

吃音の大人がチェックすべき難発やどもりの克服ルートまとめ

吃音の大人がチェックすべき、難発やどもりの克服ルート。

それは、自分の吃音症状に応じて、最適な克服方法を実践していくことが大切だ。

 

たとえ今のあなたが、難発やどもりを抱えていても、人生をこれからイージーモードにすることは可能だ。

あせることなく、一つ一つチェックしていき、大人でも必ず症状が改善していこう。

マコト

49,198 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。