Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で第一声が出ない時の対策!吃音症の言葉が出てこないを克服するには?

うまく話せない…

電話で第一声が出ない!と焦ったり、悩んだりした経験はないだろうか?

 

電話で第一声が出ないという経験をすると、「自分はとんでもない障害を抱えているのでは・・・」と心配してしまう。

 

電話で第一声が出ない場合の多くは吃音症にあたる。しかし、実際およそ100人に1人の人がこの吃音症に悩んでいる。

 

だから、電話で第一声が出ない苦しい思いをしているのは、あなただけではないということ。

 

そして、安心していい。今回は、電話で第一声が出ないときの対策をお伝えしていく。

 

今は電話で第一声が出ない戸惑いや恐ろしさで胸が押しつぶされそうでも、それは改善することができる。

 

さっそく説明していこう。

 

電話で第一声が出ないことへの対策① まずは電話で第一声が出ない原因を知っておこう

電話で第一声が出ない場合は、電話で話すことにトラウマを感じていることが多い。

 

それは、電話でちょっとどもることがあったとか、電話で声が出しにくい気がしたとか、最初は些細なことだったかもしれない。

 

しかし、何となくそのことが頭のどこかで引っかかり、電話で話す度に無意識の中でも気になっている状態になる。

 

すると、それがやがて潜在意識から成長して、あなたがトラウマと感じるようにまで大きな存在感を持つようになってしまったのだ。

 

これが、電話で第一声が出ない原因だ。

 

でも、その最初につまずいてしまったポイントを改善して、自信を持つことができれば、電話で第一声が出ないことは克服できる。

 

詳しくは、こちらの記事でも説明しているので、じっくり読んでみてほしい。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

電話で声が出ない!吃音症が第一声で喉が閉まる原因と克服方法!

[/su_box]

 

しかし、いきなり電話で第一声が出ないことを克服!と意気込んでも、一朝一夕で何とかなるものではない。(もし、その程度のことなら、そんなに悩まなくて済む)

 

だから、まずは電話で第一声が出ない時の対策を確認しつつ、並行して参考記事の克服方法も理解していくのが賢い取り組み方だ。

 

電話で第一声が出ない時の対策② 喉の筋肉をほぐして言葉が出てこない状態を克服!

電話で第一声が出ないときというのは、緊張から筋肉がガチガチに硬直してしまっている状態が起きている。

 

特に、声を出す喉付近の筋肉が緊張していることから、第一声が出ないようになってしまう。

 

そのため、その緊張している筋肉をほぐすようにすると、少し楽になって電話で第一声が出やすくなるのだ。

 

もう少し詳しく説明しよう。

 

電話で第一声が出ないときは、首の横側にある筋肉が緊張してこわばっていることが多い。

 

普段はあまり見えないが、緊張してその部分に力が入ると筋肉が盛り上がり、首筋の横の筋肉が硬くなる。

 

この部分が盛り上がることで、声帯を圧迫して第一声が出ない状態になってしまう。

 

つまり、緊張によって自らの首を締めているような状態になるのだ。

 

電話が緊張する!電話で第一声が出ない!そのような時には、その硬くなった首横の筋肉をほぐすようにしてみよう。

 

そうすることで、声が出しやすくなる。

 

また、緊張している部分をほぐすと同時にリラックス効果もあるので、電話で第一声が出ない時には尚のこと良い。

 

電話で第一声が出ない時は、緊張した筋肉をほぐしてリラックスするようにしてみよう。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

電話で第一声が出ない時の対策③ 声が出やすい力の入れ方を知ろう

電話で第一声が出ないと焦ってしまう。それによって、ますます声が出なくなってしまうことが多い。

 

そのような時のために、声が出やすい力の入れ方というのを知っておくべきだ。

 

これは、何も難しいことではなく、単に知っているか知っていないかの違いで変わってくることなので、ぜひ頭に入れておこう。

 

電話で第一声が出ない時に、どこに力を入れることを意識したらいいのか?

 

それを理解するには、大笑いした時のことを思い出すと分かりやすい。

 

誰でも一度は大笑いをして、お腹がよじれるような思いをしたことがあるはずだ。

 

「お腹が痛いから、もう笑わせないで!」

 

そういって涙を流しながら、大笑いした時のことを思い出してみよう。

 

そう、その時に押さえていたお腹の部分が今回のポイントになる。

 

電話で第一声が出ないとき。その時こそ、この大笑いしてお腹が痛くなった部分に力を入れて声を出すように意識してみると良い。

 

そうすれば、文字通り“腹から声を出す”ことができる。

 

加えて、深呼吸をしてたっぷり息を吸い込んでから、腹にグッと力を入れて声を出すようにしてみよう。

 

この方法では、ずいぶん楽に声が出せるようになるので意識してみてほしい。

 

電話で第一声が出ない時の原因と対策まとめ

電話で第一声が出ない時の原因と対策をここまでお伝えしてきた。まず大切なことは、電話で第一声が出ない時の原因をしっかり理解することが大前提になる。

 

この部分が本当に大切で、実は吃音症自体の改善にもつながる部分なので、参考記事も含めてしっかり理解しておこう。

 

そして、電話で第一声が出ない時は緊張したり、焦ったりしてしまうもの。

 

しかし、そんな時こそ慌てずに、今回ご紹介した「首横の筋肉をほぐす」ことや「お腹に力を入れて声を出す」ことを実践してみて頂きたい。

 

そうすれば、電話で第一声が出るようになってくる。その電話で第一声が出た経験を大切に自信を持つことが、克服につながる。

 

今は、電話で第一声が出なくて自信がないかもしれない。でも、必ずできるようになるから落ち込み過ぎずに、今できることをやっていこう。

 

そして、ここまで読んできて、本気で吃音症を克服したいと思った人。その強い気持ちがあれば、大丈夫だ。

 

そんな人は、絶対に下方の内容まで目を通してみてほしい。一緒に吃音症を克服していこう。

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。