Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

面接でどもる吃音症が合格を掴み取る方法を、元面接官が教えます!

うまく話せない…

面接でどもる吃音症は、面接に合格できないのか・・・?

 

あなたは唇をギュッと噛み締め、面接でどもる吃音症の自分を恨めしく思っていないだろうか。

 

でも、そんなつらい思いは今日で終わりだ。

 

なぜなら、面接でどもる吃音症であっても、ちゃんと面接で合格を掴み取ることができるのだから。

 

この記事では、元吃音症でありながら面接官も経験した私が、面接でどもる吃音症の人が合格を掴み取るための方法をご紹介していく。

 

これさえ読めば、面接でどもる吃音症のあなたも、絶対に道が開ける。

 

自分の将来を絶対にあきらめるな!自分の手で、合格を掴み取ろう!

 

面接でどもる吃音症の人が、合格を掴み取るために忘れてはいけないこと

面接でどもる吃音症の人が、合格を掴み取るために忘れてはいけないこと。

 

それを一言で言えば、面接でどもりにくくする事とどもっても気にならない強い気持ちを持つ事。

 

この2つが欠かせない。

 

「それって結構ハードル高いな。やっぱり自分には無理なのかな。」

 

そんな風に感じてしまうかもしれない。

 

でも、その答えはもちろん「大丈夫」だ。なぜなら、私自身が吃音症だったけれど、ちゃんと面接を合格してきた。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

面接どもりまくりの吃音症が受かる方法を吃音症で面接官だった私が伝授しよう。

[/su_box]

 

それに、同じように吃音症で面接を合格してきた人はたくさんいる。

 

だから、あなたも大丈夫。

 

きっとあなたは、今まで面接でどもる吃音症についてずっと一人で悩んできたと思う。

 

でも、この記事にたどり着いたからにはもう大丈夫だ。面接で合格を掴み取るために、一つずつ丁寧に説明していこう。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

面接どもらない!吃音症の克服方法!早口でどもりまくりの失敗談は今日で終わり!

[/su_box]

 

スポンサードリンク

面接でどもる吃音症の人が、面接でどもりにくくなる方法

面接でどもる吃音症の人が、面接でどもりにくくなる方法をお伝えしていこう。

 

この面接でどもりにくくなる方法というのは、一つ一つは地味だ。それに、面接でどもる今のあなたには少々厄介に感じるものかもしれない。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

面接で緊張してどもる吃音症が、面接で失敗せず合格を勝ち取るコツ

[/su_box]

 

それでも、決してあきらめる事なく、一つ一つ自分のものにするように頑張ってみてほしい。

 

でも、これからご紹介する面接でどもりにくくなる方法があなたの武器になれば、必ず面接に合格できるようになる。

 

そう心して、取り組んでほしい。それではお伝えしていこう。

 

面接でどもりにくくなる方法

  • どんな場面でも、ゆっくりと丁寧な話し方をすること

→面接でどもる吃音症の人は、どもることを恐れるあまり、早口で急いで言い切ろうとしがち。これでは尚更どもることを助ける結果になってしまう。

  • その場に適した大きな声で話すこと

→面接でどもる吃音症の人は、どもることを意識しすぎて、どんどん声が小さくなってしまう。面接で話す声が小さいと、面接官に受け答えがちゃんと届かないばかりか、自分に自信がないと受け取られてしまう。

  • どもってもいいので、積極的な姿勢を見せよう

→面接でどもってはいけないことはない。どもること自体より、どもることを意識してモジモジした態度をとる方がよほど印象が悪くなる。

  • 話すときは、姿勢を正して相手の目を見よう

→どもるのでは、どもりたくない・・・などを考えているとどんどん猫背になって、うつむいてしまう。そうすると暗い印象になってしまうし、声も出ないので逆にどもりやすくなる。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

面接でどもると落ちる?吃音症の面接対策を元面接官が教えます!

[/su_box]

 

いかがだろうか?先に伝えたように、少し難しいと感じてしまったかもしれない。

 

しかし、ご紹介した面接でどもりにくくなる方法は、今すぐ一気にできるようにならなければいけない、ということではない

 

面接までの期間をうまく活用しよう。

 

たとえば一週間に一つずつ、項目を自分のものにできるようになるなど、期間と達成する項目から目標を掲げて目指して取り組もう。

 

お伝えしたように、これらができるようになれば、あなたは面接に強くなった自分を実感できるだろう。

 

合格を掴み取るためには、ここが一番の難所。でも、努力があなたを裏切ることはない。

 

面接に合格した後の自分の姿をイメージして、取り組んでみよう!

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

面接でどもってしまう吃音症は落ちる?失敗せずに受かる方法はコレ!

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

面接でどもる吃音症の人が、面接でどもっても気にならない強い気持ちを持つ方法

面接でどもる吃音症の人が、面接でどもっても気にならない強い気持ちを持つ方法。

 

まず始めに伝えておきたい大切なことが一つある。それは、

 

面接でどもることがあっても、必ずしもマイナスになることはない。

 

このことの意味を、よくとらえることが大事。そう、表面的なことではなく、その意味をよく考えてみよう。

 

というのは、面接というのはどもっても、どもらなくても正直どちらでも良いものだからだ。

 

なぜなら、面接はどもるかどうかを確認するものではもちろんない。それに、どもることがあっても誠実な態度であれば評価は自ずと出てくる。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

就活の電話でどもる吃音症は落ちる?面接外で評価爆上げの方法とは?

[/su_box]

 

それに、面接というのは、企業とあなたの相性をはかるものでもある。元面接官の立場から言えば、企業が欲しい人材に共通しているのは、真面目で素直なこと。

 

だから、どもることはあっても真面目な人柄が面接で伝われば、それで十分。あなたらしさを伝えるということに、重きを置こう。

 

[su_box title=”参考記事” box_color=”#ec060c”]

最終面接でどもると落ちる?吃音症がどもる失敗を合格に変える考え方

[/su_box]

 

あなたらしさを伝える、ということで言うならば、自分の長所はしっかり伝えるようにしよう。

 

人間というのは単純なもので、自分の良いところを口に出すと明るく振舞うことができる。だから、面接では自分の長所を存分に伝えるようにしよう。

 

スポンサードリンク

面接でどもる吃音症の人が、合格を掴み取る方法まとめ

面接でどもる吃音症の人が、面接で合格を掴み取るためには極論、面接でどもってもいいと思えるようになることが最終目的だ。

 

そこまで来れば、肩の荷がスッと下りて、面接で話すことが楽に感じられるようになる。

 

そのためには、広い視野で吃音症を見ることが欠かせない。

 

でも考えてみてほしいのだが、吃音症の経験は、話している相手の気持ちを考えてあげることができる。

 

吃音症の経験は、人の痛みが分かってあげられることにつながる。そう思えば、吃音症の経験もきっとプラスに考えられるはずだ。

 

大丈夫だ、吃音症でも立派なビジネスマンがたくさんいる。だから、あなただって、あきらめる必要は決してないのだ。

 

でも、もし面接までにまだ時間があるようなら、下の内容にもぜひ目を通してみてほしい。

 

吃音症を克服するための方法を徹底的にお話ししているので、きっとあなたのお役に立てるはずだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。