Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

言葉に詰まる心理は緊張遺伝?発達障害?言葉が出てこない吃音症克服!

うまく話せない…

言葉に詰まる心理は一体何なのだろう。

 

緊張しやすいから?そういった体質の遺伝なのか?

 

それとも発達障害?…吃音症という病気?

 

言葉に詰まる心理が分からず、思わず頭を抱えてしまう。

 

もしかしたら、あなたにもそんな事があるかもしれない。

 

今回は、言葉に詰まる心理とそれを克服して、言葉が出てこない状況を脱出する方法をご紹介。

 

あなたが吃音症でも大丈夫。

 

今すぐ、言葉に詰まる心理を克服していこう。

言葉に詰まる心理は緊張遺伝?発達障害?それとも吃音症?

言葉に詰まる心理、その正体とは一体何なのか。

 

言葉に詰まる心理の正体は、実は一つではない。

 

言い換えれば、言葉に詰まる心理というのは人によって異なるということ。

 

 

もちろん、人前で話すことが得意な人ってあまりいない。

 

だからこそ、緊張して心臓がバクバク、うまく話せない。

 

そして、言葉に詰まる。

 

 

このような人にとって、言葉が詰まる心理は「緊張」ということになるだろう。

 

しかし、言葉が詰まる心理というのは、そこで簡単に終わる話ではない。

 

というのは、言葉が詰まる心理はとても奥が深いからだ。

 

 

奥が深すぎて、なかなか自分では気づけない。

 

心の奥底で思っていて、自分でも分かっていないような心理がひょっこり出てくる。

 

そして、言葉が詰まる、という行動に現れてしまったりする。

 

 

まったく、自分の気持ちなのになんて小難しいんだろう。

 

だからこそ、自分は緊張しやすいから言葉に詰まると思っていても、本当のところは分かりにくい。

 

本当に緊張“だけ”なのか?そういった遺伝なのか?

 

はたまた発達障害なのか?

 

 

実際のところ、言葉に詰まることは遺伝が少し影響を及ぼしていることもある。

 

それは吃音症といわれているものだ。

 

吃音症はうまく言葉が出てこない病気で、言葉に詰まるほか、言葉を噛む・どもることもある。

 

 

そして、吃音症には、ほかにも特徴的なことがある。

 

それは、特定の場面や特定の言葉で言葉に詰まること。

 

また、吃音症の心理として特徴的なのが、言葉に詰まることに強い不安を抱いてしまうこと。

 

 

その結果、「言葉が詰まることに対して緊張」してしまうのが吃音症なのだ。

 

言葉が詰まるから緊張するのか。

 

緊張するから、言葉が詰まるのか。

 

 

言葉が詰まる心理は人によって異なる。

 

それに、緊張しているから自分でもよく分からない節がある。

 

そんな場合は、先ほど挙げた吃音症の特徴である、

  • 特定の場面や言葉に対して、言葉が詰まる
  • 言葉が詰まることに強い不安がある

 

自分にこのような心理があるかどうかを確認してみよう。

 

 

「自分はやっぱり吃音症かもしれない…」

 

もし、そんな風に感じても、心配になる必要はない。

 

正しい方法を知って、実践することで言葉に詰まる心理は克服できる。

 

次は、その方法を確認していこう。

 

言葉に詰まる心理を克服!言葉が出てこない吃音症との向き合い方

言葉に詰まる心理を克服し、言葉が出てこない吃音症を改善したい。

 

そんな風に感じたら、一つ良い方法がある。

 

それは、思いきって気持ちを切り替えることだ。

 

 

それがどんな方法なのか、具体的に説明しよう。

 

今、言葉に詰まる心理に悩まされているあなたは、こう思っているかもしれない。

 

「言葉に詰まると、ノリの悪い変な奴だと思われるかもしれない」

「相手に合わせて話をしないと、バカにされるかもしれない」

 

 

こういった不安は吃音症に多いものだが、そんな気持ちがつい浮かんできたら…、

 

相手を主役にして、考えてみること。

 

そう、たとえ言葉が詰まる状態になったとして、「どうすれば相手が好意的に話してくれるか」を想像してみてほしい。

 

 

こう言うと、「自分がつらいのに、相手目線でなんか考えられない」と思うかもしれない。

 

でも、相手目線のモノの考え方は、一周まわってプラスに働く。

 

自分自身の立場を、優勢に変えてくれる。

 

 

なぜ、こんなことを提案するのか?

 

それは、「言葉に詰まると◯◯かもしれない」という不安は、相手にゆだねられたものだから。

 

相手がどう判断するのか、という判断材料は、「言葉に詰まる」という事実だけではない。

 

 

あなたの立ち振る舞いだったり、言葉に詰まる後の表情、しぐさ、そういったもののトータルでなるもの。

 

逆に言えば、あなたの応対次第で「相手がどう思うか」は、変えられるということ。

 

たとえば、言葉に詰まる状態でも、相手の心理を汲めば何かしらアクションは取れる。

 

 

当たり前だが、会話の相手はあなたからの何らかのアクションが欲しいと思っている。

 

相手は、あなたが何もアクションを取らないことで無視されたと思っているのかもしれない。

 

あなたが怒っているのか、あなたの心理が見えなくて不安になっているのかもしれない。

 

 

そういった気持ちを汲んであげよう。

 

同意するのなら、うなずくだけでもいい。怒っていない、と伝えたいのなら、にっこりほほえむだけでもいい。

 

会話の相手にとって、「あなたが言葉に詰まること」が不愉快なのではない。

 

 

「言葉が詰まる、変に思われるかも…」とあなたが下を向いていることが、相手にとっては一番困ることなのだ。

 

会話の相手が、言葉に詰まる心理を理解できないのは、この際仕方のないことだと思おう。

 

それを悩んでいても、何も変わることはできない。

 

 

それよりも、言葉に詰まる状況でもどうやったら相手が納得してくれるか。

 

相手の心理を考えてみるようにしよう。

 

相手の心理が分かってくれば、今までより余裕が感じられ、緊張も緩和される。

 

 

そうすれば、これまでよりずっと会話が楽になるもの。

 

言葉が詰まることを悩むより、相手の心理にたった立ち振る舞いを心がけてみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

言葉に詰まる心理と吃音症でも乗り越える方法のまとめ

言葉に詰まる心理は、とても奥深い。

 

それは吃音症であれば尚更で、考えれば考えるほど、ストレスを溜め込みやすい。

 

そうであるならば、まずは思いきって、逆から考えてみよう。

 

 

そう、逆というのは、会話の相手の心理。

 

入り口から見れば、真っ暗闇に見えるトンネルでも、角度や光のさし加減で出口から見れば鮮明に見えることもある。

 

言葉に詰まるという状況も、相手目線に立って見ることで案外うまくいく。

 

 

それでも、もし吃音症を根本的に克服したい、と思うのなら。

 

その時は、迷わず私のメルマガに登録することをおすすめする。

 

私のメルマガでは、私自身が吃音症を克服した経験から、とことん吃音症克服のためのサポートをしている。

 

 

しかし、一つだけ注意点がある。

 

それは、メルマガに登録してくれた方には絶対に克服してほしいので、人数限定で公開しているということ。

 

無料で公開しているので、自分が責任を持てる人数のみ、というのが限界だ。

 

 

もし、あなたが本気で言葉に詰まる状況や吃音症を克服したいと思うのなら、メルマガに今すぐ登録するべきだ。

 

私が誠心誠意、本気でサポートしていく。

 

ただし、人数が定員に達している場合は残念ながらメルマガのご案内は停止していることがある。あらかじめご了承願いたい。

 

あなたが言葉に詰まることに負けず、本来の気持ちをストレートに伝えられるようになること。そのことを心から願っています。

マコト

56,443 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。