Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

特定の言葉が言えない!吃音症の原因はストレス?緊張?治し方を知りたいすべての人へ

この言葉、言えない…

特定の言葉が言えない!しかも、以前は普通に言えていたのに、ある日突然、特定の言葉が言えない状態に・・・。

 

このような吃音症の悩みに苦しんでいる人は、とても多く100人に1人の割合と言われている。

 

特に、仕事などで特定の言葉を言うことが決められているマニュアルがあって、その特定の言葉が言えないと本当につらい。

 

言いたいのに、言えない。

 

こうなると仕事にならないし、上司や周りの人間からの冷ややかな視線に耐えるのは身が引き裂かれるよりつらいと言っても過言ではない。

 

そんな時、どう対処したらいいのか?このような思いで、頭がいっぱいになる。

 

でも、もう大丈夫。

 

この記事では、特定の言葉が言えないときの対処方法をお伝えしていく。

 

ぜひ納得行くまでじっくり読み込んでいただきたい。それでは説明していこう。

 

特定の言葉が言えない!そう感じ出したら、ゆっくり話すことの大切さを今一度思い出そう

特定の言葉が言えないと感じると、ことさら「言わなくちゃ!」という気持ちが前面に出てあせり出してしまう。

 

言えない、言えない、言えない!

 

こんなんじゃダメだ、言わなくちゃ!

 

そんな気持ちが心を支配してしまうのだ。でも、このようなあせった状態では、あなたが言えないと悩んでいる特定の言葉はますます言えない状態に陥ってしまう。

 

しかし、そのような状態から自分のペースを取り戻す方法がたった1つだけある。

 

それが、ゆっくり話すことの大切さを今一度思い出すことだ。

 

おそらく、ゆっくり話すことの大切さはわかっている。でも、いざ特定の言葉を言えない場面になると意識できず、墓穴を掘ってしまうのだ。

 

だから、だからこそ、特定の言葉を言えない場面に遭遇した時こそ、ゆっくり話すことを意識しなければならない。

 

意識することというのは、何か特別なことをやるよりも簡単だ。でも、だからこそ疎かになってしまう。

 

特定の言葉が言えないときこそ、ゆっくり話すことを意識する。

 

これを肝に命じておこう。

 

スポンサードリンク

特定の言葉が言えない!そんな時の合言葉は「あせるな!自分は自分!」

特定の言葉が言えないと、「わーヤバイ!どうしよう、言えない!」とストレスが一気に溜まってしまう。

 

周りは早口でサラッと言える言葉が、何一つ言いづらさを感じていない特定の言葉が言えない自分を惨めに感じてしまうかもしれない。

 

でも、そういった感情が自分を追い詰めてしまい、尚のこと、特定の言葉が言えない原因になるのだ。

 

あせることはない、自分は自分。

 

まずは、そう自分に言い聞かせよう。

 

周りが早口でサラッと言うからと言って、自分も同じようにしなければいけないかというと、それは間違い。

 

それよりも、いま言えないと感じている特定の言葉をしっかり言うことの方が大事。

 

あなたのペースで、その言葉を言うようにすればいい。もっとあなたらしさを大切にしてみよう。

 

いつだって、周りと同じようにやることが善ではないのだ。

 

一人として同じ人間はいないのだから、特定の言葉が言えないと感じるときは、あなたらしく自分のペースと言い方で言うようにする。

 

それだけで100点満点だ。

 

そう思うことができるようになれば、きっと肩の力も抜けて、特定の言葉が言えない状況が緩和される。

 

これは、その特定の言葉が自分に戻ってくる感覚に近い。

 

その状態を目指して、ここでお伝えした考え方をあなた自身のものとなるように、何度も読み直してみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

特定の言葉が言えない!と感じたら、そのストレスをコントロールする術を覚えよう!

特定の言葉が言えない状態というのは、とてつもなくストレスを感じてしまう状況だ。

 

だから、このような状態が続くと、さらに特定の言葉が言えない状態が悪化してしまい、どんどん言えない特定の言葉が増えていくこともある。

 

このような状態から抜け出すには、そのストレスをコントロールしていく必要がある。

 

具体的には以下のような方法をとって、特定の言葉が言えないストレスを遠ざける工夫をしてみるようにすると良い。

 

スポンサードリンク

特定の言葉が言えないストレスをコントロールする方法① 言えない特定の言葉を言い換えしてみる

特定の言葉が言えないストレスを軽減するために効果的なのが、その言えない特定の言葉を言い換えてみること。

 

この方法は、仕事やバイトなどで特定の言葉を言うようにマニュアル化されている場合は難しいのだが、それ以外の場合であれば有効なので使ってみよう。

 

たとえば、吃音症の中で特に言えない特定の言葉とされている、ありがとうございますなら感謝いたします、と言い換えるなど。

 

また、言えない特定の言葉の前に、ハイ、などをつけると言いやすくなる。

 

これは口に出してもいいし、心の中で掛け声をつけたり口パクなどでもOKだ。

 

特定の言葉が言えないストレスをコントロールする方法② 役になりきってみる

特定の言葉が言えないストレスを軽減するには、ある役を演じてみるのも効果的。

 

そうすることで、そのストレスを受けているのは自分ではない、という特定の言葉が言えないストレスから一歩ひいた状態に自分を置くことができる。

 

この方法は慣れないとどこか違和感を覚えるかもしれないが、言ってみれば、芸能人やアナウンサーなどもこの方法を取り入れている。

 

ご存知かもしれないが、芸能人やアナウンサーだって吃音症で悩んでいる人はたくさんいる。

 

でも、仕事柄、決められた時に特定の言葉を言わなくてはならない。

 

これほど特定の言葉が言えないストレスを感じる仕事もないものだ。そんな中で乗り切っている方法といえば、役になりきること。

 

あなたもぜひ、苦手な特定の言葉が言える役になりきることを想像してみよう。

 

そして、特定の言葉が言えない状態を克服してしまおう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

32,680 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。