Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ありがとうが言えなくなった!吃音症を乗り越えるシンプル思考法を伝授!

この言葉、言えない…

「ありがとう」が言えなくなった・・・。人知れず、あなたもこの事で悩んでいるのではないだろうか?

 

「ありがとう」を言おうとすると口が回らなかったり、言葉にならなくて言えなくなったり。

 

「ありがとう」という言葉が、まるで頭からポッカリ抜け出てしまったように、急に頭が真っ白になる。

 

「ありがとう」が言えなくなった経験のない人からすれば、とても奇妙な光景だと思う。

 

「そのうち言えるよ」なんて言われてしまったり。「感謝の気持ちが足りないからだ!」とか不快感を示されることもある。

 

「ありがとう」が言えなくなったことだけでもつらいのに、周りから理解されないことが追い討ちをかけてきて、もうどうしたら良いのか分からなくなってしまうのだ。

 

「ありがとう」が言えなくなった…。私たちはどうして「ありがとう」が言えなくなったのか?

「ありがとう」が言えなくなった・・・。でも、なぜ私たちは「ありがとう」を言えなくなったのだろう?

 

一般的に多いのは、以前「ありがとう」をうまく言えなかった経験がある場合。

 

その時の“イヤな思い”が頭の片隅にへばり付いていて、「ありがとう」を言う度に違和感を感じ、そしてついに「ありがとう」が言えなくなった・・・というもの。

 

しかし、「私はそんな覚え、ないんだけどな・・・。」という方もいるはずだ。

 

これは、その「ありがとう」が言えなかった時の“イヤな思い”が意識に残っていない場合もあるからだ。

 

“潜在意識”というものをご存知だろうか?人間の頭というのはとてもよく出来ている。

 

だから、気にしていないつもりでも、あなたの行動のウラにはその“潜在意識”が隠れていることがあるのだ。

 

つまり、「ありがとう」を言えなくなった人に共通するのは完璧主義だったり、キチンと「ありがとう」を言わなければいけない、といった自分に厳しい人。

 

そのようにして、知らず知らずのうちに潜在意識のなかで自分にプレッシャーをかけていて、結果「ありがとう」を言えなくなってしまったのだ。

 

「ありがとう」が言えなくなった…。どうしたらまた「ありがとう」が言える?

「ありがとう」が言えなくなった…。でも、実際「ありがとう」という言葉は日常の中で使う機会が多い言葉だ。

 

言えなくなったから、言わない。残念ながら、それでは済まされない・・・。

 

私たちは「ありがとう」の言葉なしでは生きられないようなものだ。だからこそ、また「ありがとう」を言えるようにならなければいけない。

 

それもなるべく早めに、だ。

 

というわけで、「ありがとう」を言えなくなったと悩んでいるなら、ぜひ以下を試してみていただきたい。

 

[su_box title=”「ありがとう」を言いやすくする方法” box_color=”#ec060c”]「ありがとう」の前に、「ありがとう」につながる言葉を入れるようにしてみよう。

 

いつもありがとう」

毎度ありがとう」

本当にありがとう」

どうもありがとう」

〜してくれてありがとう」

 

などなど場面に応じて、いろいろな言葉を「ありがとう」の前に持ってくることができる。

 

このようにすることで、「ありがとう」を言わなくては・・・というブレーキを外すことができる。[/su_box]

 

いかがだろうか?「ありがとう」を単体で言うよりも、ずっと「ありがとう」が言いやすくなる魔法のような方法だ。さっそく普段の会話の中で取り入れてみよう。

 

意外と簡単な方法である割に、「ありがとう」を単体で話すよりも丁寧さが増すこともあって、相手に対して良い印象を与えることができる。

 

「ありがとう」が言えなくなった…。と悩んでいたら、ぜひ試してみていただきたい。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

「ありがとう」が言えなくなった…。「ありがとう」のハードルを下げるコツとは?

「ありがとう」が言えなくなった…。そんな時に取り入れたい考え方を、もう一つご紹介しておこうと思う。

 

それは、

 

「ありがとう」を言うハードルを下げること。

 

ん?どうやって??と言うのが、素直な感想かもしれない。しかし、そんなに難しいことではないのだ。

 

それは、普段から「ありがとう」を多く使うようにすること。手荒な治療方法だと感じられるかもしれないが、「ありがとう」と言われてイヤな人はいない。

 

コンビニでもカフェの店員相手でもいい。何も影響のない相手であれば、失敗する気兼ねもなく「ありがとう」を言える。

 

「ありがとう」を言う時に身構えることがないくらい、普段から「ありがとう」という言葉を生活の中に取り込んでみよう。

 

そう、「ありがとう」という言葉が口ぐせになるくらいに。

 

もちろん、先ほどご紹介した「ありがとう」の前に、「ありがとう」につながる言葉をつけて言いやすくした形で構わない。

 

とにかく「ありがとう」を言うことで相手が喜んでくれる姿であったり、「ありがとう」という言葉を言えたという“成功体験”が積み重なればいい。

 

そうすれば、あなたの中で自然と「ありがとう」に対するハードルが下がってくる。

 

「ありがとう」を言われてイヤな気持ちになる人はいない。

 

だから、言い過ぎるくらいでもちょうどいい。そう思って、ぜひ試してみてほしい。

 

「ありがとう」が言えなくなった…。を乗り越えるためのまとめ

「ありがとう」を言えなくなった…。を乗り越えるために、今回ご紹介した方法をまとめておこう。

 

・「ありがとう」の前に、「ありがとう」につながる言いやすい言葉をつけて言ってみよう。

 

・普段から「ありがとう」を言う機会を増やすようにしてみよう。それによって、「ありがとう」を言うハードルを下げよう。

 

以上のような内容をご紹介した。

 

しかし、「ありがとう」が言えなくなった…。を乗り越える方法はこれ以外にも、まだまだある。もし気になった方は、このページの下の方にある関連記事も読んでみよう。

 

また、もっと詳しい情報や私がこれまで実践してきた成功例などが気になった方は、下の方にある赤いボタンをクリックしてみよう。

 

そちらには有料級の情報を無料でご紹介しているため、ちょっとブログに載せることは難しい。しかし、あなたのお役に立てることは間違いない。

 

あなたがまた何事もなく「ありがとう」を言えるようになることを、心から願っている。

マコト

57,814 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。