Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話でどもる時の対処方法ベスト3!吃音症でも電話対応がラクになるコツ

うまく話せない…

電話でどもる時の対処方法、あなたはご存知だろうか?

 

電話でのやり取りは声だけが頼り。だから、どもることがあれば、意思疎通がうまく取れないもの。

 

ましてや、面識のない人との電話でどもることがあれば、今後の信頼関係すら傷つけかねない。

 

そのような電話でどもることのストレスから、電話が苦手と感じるようになってしまう人もたくさんいる。

 

実は、電話でどもる時の対処方法については、表向きには言わなくても、みんなが悩んでいること。

 

というわけで、今回はみんなが知りたい、電話でどもる時の対処方法をお伝えしていこう。

 

特に、私自身が実際に実践してきた中で、特に効果があるものだけをご紹介!電話でどもる時の対処方法をお見逃しなく!

 

電話でどもる時の対処方法ベスト3! 電話でどもる時は息を思い切り吸ってから話す

電話でどもる時の対処方法ベスト3は、息を思い切り吸ってから話すこと。

 

電話でどもる時、すなわち言葉が出にくい時というのは焦ってしまうので、どんどん息を吸ってしまいがち。

 

ここで改めて認識して頂きたいのだが、人間が声を出せるのは息を吐き出す瞬間なのだ。

 

だから、声が出にくくて言葉が出てこない時は、息を思い切り吸って吐き出しながら声を発すると良い。

 

それによって、声が細切れになることが避けられ、電話でどもることが減ってくる。

 

電話でどもる時は、息を思い切り吸ってから話す。これで対処しよう!

 

電話でどもる時の対処方法ベスト2! 電話でどもる時は「えー」と調べているフリをする

電話でどもる時の対処方法ベスト2は、無理やり話すのでなく「えー」と何かを調べているフリをして落ち着こう。

 

電話でどもる時というのは、どうしても焦りがち。どもって、焦って、緊張して、更にどもる・・・。というのが、電話でどもる時に多いパターンだ。

 

だから、電話でどもる時はとにかく、焦ったり急いで言わなきゃ!と思わないことが大切な対処方法。

 

そのために、電話でどもる時は「えー」とか「どこやったかな・・・」など何か調べたり、探したりしている様子を電話越しの相手に伝わるようにしよう。

 

そうすることで、今すぐ言葉が出てこない状態でも相手が待ってくれる。

 

あなたも経験があると思うのだが、電話でどもるからといって、落ち着くまで無言でいると、相手を怒らせかねない。

 

だからこそ、「えー」などの言葉が電話でどもる時には良い役割を果たしてくれるのだ。

 

また、「えー」などの言葉を電話でどもる時に使うと、気を落ち着けるだけでなく、次の言葉が出やすくなる効果もある。

 

電話でどもる時は、「えー」などの言葉を使ってうまく対処するようにしよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

電話でどもる時の対処方法ベスト1! 電話でどもる時は歌うようなリズムを意識!

電話でどもる時の対処方法ベスト1は、電話でどもる時は歌うようなリズムを意識すること。

 

ここで少し、想像力を働かせてみてほしい。

 

あなたはコンビニのファミマに入ったことはあるだろうか?ファミマに入ると、チャイム代わりにファミマのBGMが流れる。

 

チャラララ、ララーン、チャラララ・・・

 

文字で書くと少し伝わりづらいが、このメロディを思い出すことができるだろうか?

 

ここで一つ質問なのだが、あなたはこのメロディを口ずさむとき、どもるかもしれない、と感じるだろうか?

 

言葉がどもりにくいとか、そういった要素もあるかもしれない。

 

しかし、一般的にみると、どもりやすい言葉でもメロディ調で言うときはどもりにくいという原則がある。

 

実は、これは電話でどもる時も応用ができる。

 

つまり、誰でも「なんかコレを電話で話す時は、必ずどもるなぁ」という言葉があると思うのだが、そういう言葉はメロディのようなリズムをつけて言うと対処できる。

 

大げさに言えば、電話でどもる時は歌うような流れを持って話すことで、どもりづらくなるという訳だ。

 

ハッキリ言えば、この方法が電話でどもる時の対処としては一番効果的。

 

電話でどもる時は、どもりやすいフレーズをメロディのような流れに乗せて言うことで、うまく対処するようにしよう。

 

電話でどもる時の対処方法 ランキング番外編!

電話でどもる時の対処方法、ランキング番外編をここではご紹介しよう。

 

と言うのも、ここまで電話でどもる時の対処方法のベスト3からベスト1までご紹介してきたわけだが、それらは多くの人が実際に効果を実感してきた対処方法だった。

 

しかし、電話でどもる時というのは、人によって差が出やすいもの。たとえば、どもりやすい言葉だったり、どもるタイミングも違ってくる。

 

そこで、この電話でどもる時の対処方法ランキング番外編では、ベスト3には入らなかったけれど、試してみる価値がある対処方法を一挙公開していく。

 

電話でどもる時の対処方法は試していく中で、自分で合うもの、腑に落ちるものが必ず見つかる。

 

それでは、電話でどもる時の対処方法ランキング番外編をご紹介していこう!

 

  • 電話でどもる時は、ゆっくり話す
  • 電話でどもる時は、言い始めの音を伸ばして話すようにする
  • 電話でどもる時は、上半身を少し動かすようにするとリズムを取りやすい
  • 電話で苦手な言い回しがあってどもる時は、その場面を想定した一人練習を行う
  • 電話でどもる時は、言葉尻を伸ばして話すようにすると言葉が繋がりやすい

 

ランキング番外編ではあるが、どれもやってみる価値あり!の電話でどもる時の対処方法なので、ぜひ試してみていただきたい。

 

最後に、電話で話すのは相手の顔が見えない分、どもる自分に自信が持てずに怯えてしまう側面がある。

 

しかし、どもっても言わないよりマシ!そう考えて、少し肩の力を抜いてラクにしてほしい。

 

今は、電話でどもることについて最上級に悩んでいるが、今回ご紹介した対処方法の中に、必ずあなたに合う対処方法がある。

 

まずは気に入った対処方法から順に試してみよう!そして、電話でどもることの恐怖を少しずつ和らげていってみよう!

マコト

57,815 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。