Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で緊張、どもる対策やコツ!吃音症でも克服!どもる原因を取り除く

うまく話せない…

電話で緊張して、どもる。また電話でどもるのか、うまく話せないのだろうか?と思うと、不安になって電話を取る事自体がこわい。

 

思ったように話せない自分に対して、腹がたつと同時に悔しくて、辛くてどうしたらいいか分からなくなる・・・。

 

あなたもこんな風に思ったことがないだろうか?

 

電話で緊張してどもること、そしてその不安からうまく話せるかどうか悩んでしまうのは、吃音症にあたる。

 

実は、あなたと同じように吃音症で悩んでいる人はとても多い。

 

誰にも相談できず、電話で緊張してどもることに頭を悩ませている人はたくさんいて、その数およそ100人に1人の割合だ。

 

しかし、悩んでばかりもいられない。電話対応は、社会人では今のところ避けて通れる道ではないから。

 

今回は、電話で緊張してどもる時の対策やコツを伝授!ちょっとした心がけで、電話がラクになるのでぜひ試してみよう。

 

電話で緊張してどもる時の対策とコツ 電話やどもることへの恐怖心を取り除く!

電話で緊張してどもる時というのは、自分が思ったようにしゃべれないもどかしさから、相当な精神的ストレスや不安感、自分に対するイライラを抱えてしまう。

 

そこから悪循環が始まって、電話に出ることやどもることに対して、とても過敏に反応してしまうようになる。

 

つまり、このようなストレス下では誰だって、過敏になってしまうもの。だから、あなた自身に問題があるわけではない、ということをまず理解してほしい。

 

そう、電話で緊張してどもるからと言って、必要以上に自分を責める必要はないのだということ。

 

では、どうしたら電話で話すことや緊張してどもることへ過敏な反応や恐怖心を和らげることができるのか?

 

そのためには、二つのことを意識してみてほしい。

 

電話で緊張してどもる時の対策とコツ① 電話で緊張してどもる自分を受け止めることが第一歩

電話で緊張してどもる時、心の中では、

 

「あぁ、また緊張してどもることになってしまった。どうして、いつも自分はこうなんだ」

 

と、自分を責めてしまうことが多いもの。

 

しかし、この考え方では、電話で緊張してどもることを改善することはできない。

 

むしろ、自ら“自分は電話対応すらまともにできない”というレッテルを貼り付けてしまうことになる。

 

その結果、電話で緊張してどもる状況はますます悪化してしまうのだ。

 

だから、電話で緊張してどもることを改善していくために、まずは「電話で緊張してどもる自分」を受け入れること。

 

つまり、まずは電話で緊張してどもること前提、として考えてみてほしい。

 

そうすることで、電話で緊張してどもる自分に対しての嫌悪感は最小限に止める事ができるし、意味のないストレスは避けることができるからだ。

 

電話で緊張してどもることがあっても、

 

「あ、どもってしまったな。まぁしょうがないな。」

 

と、受け流すことができるようになる。

 

これができるようになれば電話で緊張してどもることがあっても、気持ちとしては以前に比べて、非常に楽に感じられる。

 

また、電話で緊張してどもることに対して、怒りや悲しみ、つらさなどの感情から一歩引いた客観的な目線で見ることができるのもメリット。

 

電話で緊張してどもることの解決に向けて、前向きに取り組むことができるのでぜひ意識してほしい。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

電話で緊張してどもる時の対策とコツ② 話し方と呼吸の仕方をチェック

電話で緊張してどもる時の対策とコツの二つ目は、自分の話し方と呼吸の仕方をチェックしてみること。

 

まずは、以下をチェックしてみよう。

 

  • 話す時に早口になっていないか(1秒に5文字くらいが標準)
  • 話す時に小声になっていないか
  • 電話で話している時、浅い呼吸になっていないか
  • しっかり息を吸ってから話し始めることができているか

 

自分で判断に自信がない時は、周りの人に聞いてみるのも大切。もし、これらで心当たりがあるようなら、改善できるように意識してみよう。

 

実は、これによって、電話で緊張してどもる時の対策とコツの一つ目にあった「電話で緊張してどもる自分を受け入れる」ことがしやすくなる。

 

というのも、自分の話し方や呼吸の仕方をチェックすることで、最善の方法を取ることができれば、頑張っている自分を認めやすくなるからだ。

 

電話で緊張してどもることを改善していくには、現状の自分を認めることであったり、小さな成功体験の積み重ねが欠かせない。

 

それによって少しずつ、電話で話すことや話す自分自身に対して自信を持てるようになってくるからだ。

 

まずは、今回挙げた4つのチェックポイントを徹底的に意識して、電話で話すように心がけてみよう。

 

電話で緊張してどもる時の対策とコツまとめ

電話で緊張してどもる時の対策とコツをここまでお伝えしてきたが、何と言っても、焦らずに現状の自分をとらえることが大切。

 

そして、それに対する最善の対策をしていくこと。電話で緊張してどもる時の対策・コツとして、これ以上のものはない。

 

吃音症は、症状に波が出やすいものでもある。だから、今の自分に一喜一憂することなく、自分が一番納得のいく方法を実践していくことが大切だ。

 

そして、吃音症を克服したいと真剣に考えているなら、ぜひ下方の内容もじっくり読んでみよう。あなたの人生を切り開く力になれることを願っています。

マコト

44,875 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。