Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話応対で言葉が出てこない!喋りのプロに学ぶ吃音症の緊張対策3選!

うまく話せない…

電話応対で言葉が出てこない!

 

周りの人が、自分がちゃんと話せているか聞き耳をたてているようで、緊張してしまう。周りがシーンとしていて、緊張して、うまく声が出ない。

 

あなたと同じように声が出ない・言葉が出てこないと悩む人はたくさんいる。

 

その中には、喋ることを仕事としている司会進行やアナウンサーなどの職業をしている人もいる。

 

でも、あなたは不思議に思うかもしれない。彼らは微塵も、言葉が出ないことや喋ることに対する緊張感を見せる事はないのだ。

 

それは彼ら喋りのプロは、そのような状況でもうまく乗り切るテクニックを持っているからに他ならない。

 

今回は、喋りのプロだけが知る言葉が出てこない時の緊張対策をご紹介する。

 

これさえ知れば、電話応対で言葉が出ない状態を切り抜けられる!早速マスターしよう!

 

電話応対で言葉が出ない!喋りのプロが吃音症に伝えたい対策① 言葉が出ない時の小技テクニック

電話応対で言葉が出ない!司会進行やアナウンサーなどの仕事をしている人だって、緊張して言葉が出ない!そのような場面がある。

 

こんな時は、喋りのプロが普段こっそり使っている言葉が出ない時のテクニックを使ってみよう!

 

喋りのプロが普段こっそり使っている!言葉が出ない時のテクニック

  • 言葉が出ない時は、話し始める前に「あー」「えー」などを入れる。それにより、言葉が出ないことに気づかれないようにしている。また言葉が出ないことによる更なる緊張を抑える役目も。
  • 言葉が出てきやすいように、今一度姿勢を正す。そして、深呼吸を一つする。
  • 大きな口を開けることを意識して、声に出さずに「あいうえお」の口をやってみる。これによって、言葉が出ない時でも口を動きやすいように準備している。
  • 言葉が出ないときは、一音ずつを伸ばすようにして、ゆっくりと話す。そうすることで、初めの言葉を出やすくしている。

 

話すことを仕事にしている人でも、大勢の人を前にすれば緊張する。いくら話し慣れていたとしても、言葉が出てこない事はあるのだ。

 

でも、そこで落ち込むだけか、とっておきのテクニックで言葉が出ない場を乗り切るか。

 

それが、プロと素人の違い。

 

ここでご紹介した言葉が出ない時のテクニックは、もちろん電話応対の際でも使えるものばかり!

 

ぜひ普段の電話応対の際に、取り入れてみるようにしよう。

 

電話応対で言葉が出ない!喋りのプロが吃音症に伝えたい対策② 開き直りも技の一つ

電話応対で言葉が出ない!そんな時、あなたは落ち込んで自分を責めたりしていないだろうか?

 

しかし、喋りのプロに言わせれば、それは全くの逆効果!

 

電話応対で言葉が出ない挙句、言葉が出ない自分を責めていては自信を無くして、ますます言葉が出てこないようになってしまうのだ。

 

では、どうしたらいいのか?

 

喋りのプロなら当たり前だが、言葉が出ない場面でも自分を責めることはしない。むしろ、開き直る。

 

そう、電話応対で言葉が出ない時こそ、積極的に開き直るのが一つの技なのだ。

 

「電話応対で言葉が出ない上に開き直るなんて、反省していないようだし、何も考えていないようだ」あなたはそんな風に思うかもしれない。

 

しかし、電話応対で言葉が出ないことを反省したところで、言葉が出てくるようにはならない。

 

こんな時、喋りのプロならば言葉が出ないことすらもひと笑いに変えて、自分の中では「成功した経験」として収めているのだ。

 

だから、あなたも見習って、こんな風にやってみてほしい。

 

もし、電話応対で言葉が出ないことがあれば、

 

「すみません、たまに言葉が出なくなるんですよ!歳ですかね〜」

「なんか最近、どもったり言葉が出ないことがありましてね…」

 

こんな風に前向きに開き直って、電話応対で言葉が出ない言い訳として伝えてみよう。

 

はっきり言って、その時の相手の反応は気にしなくていい。

 

そうやって、電話応対で言葉が出ないことを前向きに開き直ってとらえる。これが大事なのだ。

 

そう、お気づきかもしれないが、このように考えられるようになれば、もう電話応対で言葉が出ないことなんて怖くないのだ。

 

喋りのプロはこうして、緊張の場面を切り抜けている。あなたもぜひ試してみよう!

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。
…でもそれは、逃げていただけだった。

そう、無理だと決めつけているのは自分自身。

もっと自由に話せたら…
その素直な気持ちを抑えつけるのはもうやめよう。

「話し方の克服方法」をもっと具体的に知る

電話応対で言葉が出ない!喋りのプロが吃音症に伝えたい対策③ あなたも喋りのプロになりきれ!役を演じろ!

電話応対で言葉が出ない!こんな時に意識してほしい最も大事なことがある。

 

それは、「自分は電話応対のプロなんだ」と思い込むこと。

 

実はこれ、喋りのプロなら誰もが、話す前に意識していることでもある。そう、普段は全く話さない人でも、仕事になると「喋りのプロになる」スイッチを入れるのだ。

 

だから、あなたも電話応対する際にはスイッチを入れて、電話応対のプロを演じてみる。

 

何言ってんだ?と思うかもしれないが、それによって「もしかしたら言葉が出ないかも・・・」とか余計な緊張感を抑えることができる。

 

開き直りや電話応対のプロになりきることなど、半分以上気持ちの話になったわけだが、実はとても大事なことがここに隠れている。

 

それは、あなたの根底にある気持ちが言葉を出すかどうか決めているということ。

 

つまり、気持ちのどこかで電話応対が苦手とかイヤだとか、そんな思いがあればどうしても電話応対で言葉が出ないのだ。

 

だからこそ、開き直りや電話応対のプロになりきることで、あなたの根底にある気持ちを塗り替えていく必要がある。

 

最後は熱が入って、少し難しい話になってしまったかもしれない。

 

でも、もしもっと詳しく知りたい!吃音症を克服したい!という思いがあれば、下方の赤いボタンをクリックしてみてほしい。メルマガ形式で分かりやすく、あなたをサポートしていくつもりだ。

 

変えられない自分なんて、ハッキリ言って、ない!変わりたいという思いがあるかどうかだけだ。

 

吃音症を乗り越えたいなら、勇気を持って一歩を踏み出してみよう!

マコト

49,201 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。