Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吃音のバイトならキッチン!いらっしゃいませがつらいホールは大学生に任せとけ!

吃音症の悩み

吃音のバイトならキッチンで決まり!

いらっしゃいませがつらいホールなんて、吃音なら無理をしてやる必要はないのだ。

 

ホールのバイトは、他の大学生に任せておけばいい。

それよりも、なぜ吃音ならバイトはキッチンがおすすめなのか?

 

その理由について詳しく説明していこう。

吃音でも楽しく働けるバイトはある。

 

うまく言えない「いらっしゃいませ」にストレスを溜めるより、楽しく働けて将来にもつながるバイトをしていこう。

吃音のバイトならキッチン!いらっしゃいませがつらいホールよりおすすめの理由とは?

吃音のバイトならキッチンで決まり!

いらっしゃいませがつらいホールは、吃音じゃない他の大学生に任せておけばOKだ。

 

もちろん、吃音でも接客が好きだという人はいるし、そういう人はホールのバイトをすればいい。

でも、いらっしゃいませがつらいと感じている人は、無理をしてホールのバイトをする必要はないということ。

 

 

また、これ以上言葉をごまかすのはつらいと感じているなら、ホールのバイトに固執しなくていい。

あまり話すことを気にしないで済むキッチンのバイトが、吃音にはおすすめだ。

 

でも、なんでそんなにキッチンのバイトをすすめるかって?

その理由について説明していこう。

 

吃音のバイトはキッチンがおすすめの理由①初心者歓迎で言葉よりも作業重視だから

吃音のバイトはキッチンがおすすめ。

その理由は、何と言っても吃音に都合が良いバイトだから。

 

キッチンバイトに求められるのは、まず作業の正確性。

そして、作業のスピードだ。

 

 

でも、それって慣れてしまえば必ず上達するもの。

吃音を治せ、と言われるより全然ラクだ。

 

むしろ、キッチンバイトが個人技に頼っていたら、お店は回らない。

少しずつ、できることが増えてくると達成感も感じやすいのがキッチンバイトの醍醐味でもある。

 

 

また、キッチンバイトは大学生などが多いから、卒業時期などは特に入れ替わりが激しいもの。

だから、多くのキッチンバイトは、初心者でも歓迎してバイトさせてくれる。

 

つまり、包丁を握ったことがない人でもバイトしやすい。

最初は皿洗いがメインになるが、それでも話すことに悩むより全然ラクだ。

 

 

ちなみに、いらっしゃいませがつらいホールだとそうはいかない。

慣れない接客やマニュアルがつらい。

 

いらっしゃいませなどの接客用語は言い換えもできずに、つらい思いをすることになる。

吃音ならキッチンのバイトがやっぱりおすすめだ。

 

吃音のバイトはキッチンがおすすめの理由②調理スキルは将来もずっと役立つ

吃音のバイトはキッチンで決まり。

そう思うのは、キッチンバイトで手に入れた調理スキルは、この先一生役に立つからだ。

 

極論だが、金がなくたって調理のスキルがあれば、うまい飯が食べられる。

また、それだけでなく、一度調理のスキルを手に入れれば、他のキッチンバイトでもすぐに通用するようになるのだ。

 

 

つまり、働き先のバイトは今後選びたい放題だ。

それに、2年ほどバイトすれば調理師の資格を取ることもできる。

 

キッチンバイトで調理師の資格を取っておけば、働き先に困ることはない。

また、キッチンの仕事をしなかったとしても、履歴書に資格として書くことができる。

 

 

将来、正社員として働く際に、吃音はどうしてもハンデとして見られがち。

しかし、資格が一つでもあると採用に大きく貢献してくれる。

 

これがホールのバイトだと、なかなかそうはいかないのだ。

ホールバイトだとコミュニケーション能力がつくかもしれないが、資格などには反映されない。

 

吃音でも困らない生き方を手に入れるなら、キッチンバイトの方がメリットが大きいと言えるだろう。

 

吃音のバイトならキッチン…それでもつらい時もある?対処法は?

吃音ならバイトはキッチンがおすすめ。

その理由をここまで伝えてきたけれど、実は誰でもキッチンでバイトできるわけじゃない。

 

いや、運よくバイト先が決まったとしても、長く働いていくにはちょっとしたコツが必要だ。

なぜなら、キッチンバイトも話さなくてはいけない場面はたくさんあるから。

 

 

注文内容を読み上げたり、他のバイトやホールの人と声を掛け合う必要があるからだ。

客が入れば、キッチンバイトでも吃音が苦手な「いらっしゃいませ」を大きな声で言わなければならない。

 

キッチンはガチャガチャとうるさいので、大きな声で話す場面も多いもの。

それに、カウンターに客を通すような店であれば、キッチンバイトでも客と直接話さなければいけない場面もある。

 

 

あなたも、キッチンのバイトが決まってから泣くことにならないように、次のことに注意しよう。

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

吃音がバイトでキッチンに入るときに注意したいことは、

  • チェーン店は避ける(声を出すマニュアルが厳しい)
  • キッチンのみのバイトで、ホールに出ないことを面接で確認する
  • 面接では、吃音で思うように声が出せないことを必ず伝えておく
  • 吃音でもバイト先の人とは積極的にコミュニケーションを取るようにする
  • バイト先の人には、最初に吃音であることを伝えるようにする

[/su_box]

 

吃音でキッチンバイトを選ぶ際は、これらのポイントを必ずおさえるようにしよう。

 

 

一見、どれもハードルが高く感じるかもしれない。

しかし、あなたの吃音状況を誤解なく知っておいてもらうことは、社会に出る際に欠かせないのだ。

 

これはキッチンバイトだけでなく、この先もずっと大切になる。

そうでなければ、「なぜ声を出さないのか」と相手も絶対に思うし、お互いに嫌な思いをしてしまう。

 

 

あなたがうまく声を出せない理由は、あなたが説明する必要があるのだということ。

しかし、それでも理解してもらえたら、吃音にとってキッチンバイトは働きやすいことに間違いはない。

 

キッチンバイトであなたが得られる経験はとても大きい。

吃音に負けず、勇気を持って一歩踏み出してみよう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

吃音のバイトならキッチンで決まり!でも、さらにおすすめなのは…

吃音ならバイトはキッチン。

その理由は納得いただけたと思うし、キッチンでバイトするために必要なことも理解できたのではないだろうか。

 

しかし、キッチンバイトに限らず、どんな場面であろうと吃音によって誤解が生まれることはある。

なるべく避けたいけれど、つらい思いをしてしまうこともあるだろう。

 

 

でも、そうならないための方法が一つある。

それは、吃音を克服することだ。

 

吃音の克服は難しいと言われているが、正しい方法で取り組めば必ず明るい未来が待っている。

吃音の克服法については、無料メルマガで詳しくお伝えしているので、そちらで理解するようにしてほしい。

 

 

なお、無料メルマガは人数限定なので、吃音克服に興味があれば今すぐ登録することがおすすめ。

定員に達した場合は、お断りさせていただくのであらかじめご了承願いたい。

 

あなたが今後、吃音で悩むことがないように。少しでも笑って楽しく話せる時間が増えることを心から願っています。

マコト

56,080 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。