Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バイトでありがとうございますが言えない…吃音症でもバイト先と自分の評判を今すぐ上げる方法!

うまく話せない…

バイトでありがとうございますが言えない!

 

このままでは、自分だけでなくバイト先のイメージダウンにもつながってしまう・・・。なんとかできないものか?

 

このようなことであなたも悩んでいないだろうか?

 

実は、バイトでありがとうございますが言えないことについて悩んでいる人は、意外にもたくさんいる。

 

でも、今すぐありがとうございますが言えるようになりたい!と思っても、なかなか言えないというのが多くの声・・・。

 

そこで、今回は私自身もバイトの時にありがとうございますが言えないことで悩んでいた経験から、ありがとうございますが言いやすい効果のある方法をお伝えしていく。

 

さらにバイトで活躍できるように、今回ご紹介する方法を活用してみよう!

 

バイトでありがとうございますが言えないときは、動作を加えて、ありがとうございますを言ってみよう!

バイトでありがとうございますが言えないときは、動作を加えて、ありがとうございますを言ってみよう。

 

これを行うことで、動作をすることをスイッチにして、「今がありがとうございますを言う場面だ!」というのを反射的に体に指令を出す効果があるのだ。

 

バイトでありがとうございますが言えないとき、多くの場合は「ありがとうございますを言わなくては!」と強い緊張状態に置かれてしまっている。

 

その強い緊張状態がマイナスに転じてしまい、結果としてありがとうございますという声が出ない、というもの。

 

その点、その強い緊張状態という心理的なプレッシャーを感じるよりも、動作の方がより早く強く伝わりやすい。

 

だからこそ、動作を加えることのメリットを活かして、バイトでもありがとうございますを言いやすくするのだ。

 

この動作というのは、たとえば、以下のようなものを意識してみよう。

 

[su_box title=”ありがとうございますに動作を加える方法” box_color=”#ec060c”]

①バイトでありがとうございますを言う場面になったら、まず姿勢を正す。

②ありがとう・・・と言う。

③ございます、と言いながら、お辞儀をする。

[/su_box]

 

このような動作をありがとうございますと共に付け加えることで、バイトでも反射的にありがとうございますを言いやすくするのだ。

 

また、この方法の良いところは、動作を行うことにまず意識を持っていくことができること。

 

それはつまり、ありがとうございますを言わなくては!という強いプレッシャーから意識をそらすことができる、というワケだ。

 

それに、ただ単に言葉だけでありがとうございますを言うよりも、動作を付け加えれば、お客様に対しての丁寧さが増す。

 

これは、別にお客様が直接見ていなくても全然問題ない。

 

そして、普段言わなくてはならないありがとうございますに、この動作を付け加えれば、店長などバイト先の上司からも、

 

「気持ちがこもってるな!」

「バイトだけど丁寧で良いな!」

「なんだか他のバイトと違うな!」

 

という印象を持たれやすいのだ。

 

何を隠そう、私自身もこの方法でありがとうございますを言えるようになったし、この丁寧に見える動作のおかげで、日々の評価を上げることができた。

 

それが功を奏して、バイトの時給を上げてもらった経験もあるほど、効果のある方法だ!

 

このように、バイトでありがとうございますを言えないときには、動作を付け加えると良いことがたくさん。

 

ぜひあなたもこの方法を実践して、バイトの評価を上げてしまおう!

 

バイトでありがとうございますが言えないときは、まず深呼吸から!

バイトでありがとうございますが言えないときは、まず深呼吸することを意識してみよう。

 

そんなことを言っても、お客様はありがとうございますを言い終わるのを待っていてくれない!

 

だから、急いでありがとうございますを言わなくちゃ・・・。

 

そんな風に思ってしまうかもしれない。

 

でも、私から言わせれば、それこそがバイトでありがとうございますを言えない原因なのだ。

 

というのも、ありがとうございますという言葉は、バイトでお客様を目線で追っかけながら言い放つには少々長い言葉なのである。

 

もしかしたら、あなたは「日本人なのだから、どんな日本語も完璧に話さなくてはいけない。それが当たり前だ!」と思い過ぎているのかもしれない。

 

でも、それは実際、アナウンサーなどプロレベルの問題だ。

 

本当は、日本語だろうが英語だろうが、言いにくい言葉というのはあるし、そういう言葉を言えない時こそ準備をしてから言う必要がある。

 

その準備とは、ありがとうございますを言いやすい状態にして、言葉を話すということ。

 

つまりそれは、冒頭でお話ししたバイトでありがとうございますが言えないときこそ、まずは深呼吸から!ということなのである。

 

深呼吸をすると良い理由は、ありがとうございますを言う前にしっかり息を吸うことができるので、声が出やすくなる点。

 

これが、バイトでありがとうございますを言えないときには、とても効果があるので試してみてほしい。

 

そして、できれば、ありがとうとございますの間でも一度息を吸うくらいの余裕を持って、ありがとうございますを言ってみよう。

 

そうすれば、バイトでありがとうございますが言えないと嘆いていた時よりも、はるかにありがとうございますが言いやすくなる!

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

バイトでありがとうございますが言えないときのまとめ

バイトでありがとうございますが言えないと、正直本当つらい。その気持ちは、私も痛いほどよく分かる。

 

だけど、私は今回ご紹介した方法を真剣にやってみて、実際にバイトの評価を上げることができた。

 

だから、あなたも今はつらいと思うが、ぜひ今の状況から抜け出してほしいと心から思う。

 

それに、あなたの人生はこのバイトで終わりじゃない。

 

今後の将来もずっと続いていくし、さらに羽ばたいて成長していく必要がある。

 

今は確かにつらいが、このバイトでありがとうございますが言えない経験をバネにしていこう。

 

今は見えていなくても、乗り越えた先にはきっと新しい世界が待っている。

 

あなたがバイトでありがとうございますを言えない状況を脱出し、さらに躍進することを心から願っています!

 

マコト

60,464 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。