Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お電話ありがとうございますが言いやすい方法!吃音症が言いやすいコツ・克服方法

うまく話せない…

「お電話ありがとうございますが言いやすい方法ってありませんか?」

 

おそらく、あなたの想像よりもはるかにたくさんの人から、この質問をもらっている。

 

意外にもたくさんの人が、お電話ありがとうございますが言いやすい方法について悩んでいるということ。

 

だから、今回はストレートに、お電話ありがとうございますが言いやすい方法についてご紹介する。

 

実は、お電話ありがとうございますが言いやすい方法はたくさんあるし、自分に合う方法かどうか、というのもある。

 

だから、関連記事なども含めて紹介していく。

 

自分に合った「お電話ありがとうございますが言いやすい方法」を見つけてみてくださいね。

 

お電話ありがとうございますが言いやすい方法① 言いにくい時に意識したいこと

お電話ありがとうございますが言いやすい方法。

 

それは、まずお電話ありがとうございますが言いにくいと感じた時が一つのターニングポイントだ。

 

つまり、お電話ありがとうございますという言葉に対して、「あれ?なんかおかしいな。違和感があるな。」と感じた時。

 

 

その時に、どう行動するか、どう対策を打てるかが大事だということ。

 

ここで、悪あがきをして無理やり、お電話ありがとうございますと格闘するとますます苦手意識を強く持つことになる。

 

お電話ありがとうございますが言いにくいと感じてしまうようになるのだ。

 

 

だから、お電話ありがとうございますが言いにくいと感じた時に言いやすくする方法は、ある意味で「言いにくいと感じる脳を勘違いさせること」。

 

詳しくはこちらの記事で説明しています↓

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

お電話ありがとうございます言いにくい!吃音症の噛む・詰まるを克服するコツ

[/su_box]

 

「あれ、お電話ありがとうございますって言いにくい気がしたけど・・・、気のせいだったな、言えるな!」

 

 

こういう経験を増やしていくことがとても大事。

 

そのためなら、多少マニュアル化された「お電話ありがとうございます」から外れる勇気も大切。

 

そして、こういった経験が結果的に、お電話ありがとうございますを言いやすくする方法につながるのだ。

 

スポンサードリンク

お電話ありがとうございますが言いやすい方法② 噛む・どもる吃音症が意識したいこと

お電話ありがとうございますが言いやすい方法。

 

それは、あなたがお電話ありがとうございますという言葉に対して、どんな意識や症状を抱えているかによって変わってくる。

 

たとえば、お電話ありがとうございますという言葉を噛む・どもるなど連発性の吃音症として悩みを抱えている時。

 

 

そのような場合、お電話ありがとうございますの言いやすい方法。

 

それは、自分の中で、お電話ありがとうございますへの期待を1段階下げてみることだ。

 

お電話ありがとうございますの期待を1段階下げる・・・、と言うとなんだかとってもネガティブな気持ちになってしまうかもしれない。

 

 

「自分は、お電話ありがとうございますも言えないのか。なんてダメな人間なんだ。」

 

そう思ってしまうかもしれない。

 

でも、実際はそうじゃない。大切なことを見失ってはいけない。

 

 

お電話ありがとうございますへの期待を1段階下げる、ということ。

 

それは、なぜなら最終的にお電話ありがとうございますを言いやすくするための手段に過ぎないからだ。

 

何でもそうだが、自転車が乗れないなら補助輪をつけて慣れるところから始まる。

 

 

今できないなら、できる方法を考える。それだけだ。

 

必要以上に、今できないことをネガティブに思っても、良い結果にはつながらない。

 

話がそれてしまったけれど、お電話ありがとうございますへの期待を1段階下げるということは、

 

  • 一音一音の発音があいまい、何となくでもOKと思う
  • とりあえず、お電話ありがとうございますの意味が伝わればOKと思う
  • 噛んだりどもったり聞こえるのは、電話の調子が悪いせいにする

 

など、何でもいい。

 

言い訳をつくって、あまり自分を責めないようにすること。

 

 

言い訳するなんてかっこ悪いなんて思わなくていい。お電話ありがとうございますが言えるようになるまでの間だけだ。

 

今のあなたが、お電話ありがとうございますが言えないのは、一種のトラウマ状態。

 

だから、少し自分に対しての自信が回復すれば、また言えるようになる。

 

 

言いやすい方法の詳しい説明については、こちらの記事を参考にしてみてほしい。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

お電話ありがとうございますを噛む人!言えない理由と言いやすい方法はコレだ!

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

お電話ありがとうございますが言いやすい方法③ 言葉が詰まる吃音症が意識したいこと

お電話ありがとうございますが言いやすい方法。

 

言葉が詰まる、第一声が声に出ないなど難発性吃音症の悩みを抱えている時。

 

その場合の、お電話ありがとうございますが言いやすい方法は、初めは抵抗を感じるかもしれないが、周りの人に打ち明けてみることだ。

 

 

そう、お電話ありがとうございますが言えない、言葉に詰まる、第一声が出ないことを、周りの人に打ち明けてみる。

 

確かに、勇気のいる行動だ。

 

しかし、そうすることで何が良いのかというと、

 

  • 失敗してもいい、と少し気がラクになること
  • 意外と周りの人は、気にしていないと気づけること
  • 自分がどれだけ思い詰めていたかに気づけること

 

などの良い面があって、とにかくお電話ありがとうございますが言いやすくなる。

 

 

また、考えてみてほしいのだけれど、人間一人ひとり顔や形も違うもの。苦手なものもあれば、得意なものも違う。

 

それなのに、どうして言葉だけは人間なら皆均一に、同じように話せないといけないのか?

 

そんなの違う。間違っている。

 

言葉にだって、苦手なものがあったっていい。当たり前だ。まずは今の自分を受け入れることから始めてみよう。

 

 

苦手なものがあって、得意なものがある。それが人間なんだから、今のあなたは普通なんだ。

 

お電話ありがとうございますが言えない時だってある。まずはその視点を持つことから始めてみよう。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

お電話ありがとうございますが言えない!難発性・連発性の吃音症はどう対処すべき?

[/su_box]

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,102 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。