Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スピーチで噛まない方法を今すぐ身につける!吃音症でも司会や接客、文章も噛まずに読む方法!

うまく話せない…

スピーチで噛まない方法を今すぐ身につけよう。

 

はっきり言ってしまうと、スピーチの良し悪しは内容よりも「話し方」で決まるもの。

 

そう、噛むことが多かったり、それによってオドオドして見えるスピーチでは、内容は何も伝わらない。

 

あなた自身も、薄々それに気づいているはずだ。

 

今回は、今すぐ身につけることができる「スピーチで噛まない方法」をお伝えしていく。

 

スピーチ以外にも、抵抗を感じやすい司会や接客、文章を噛まずに読むこと、噛むことを気にしてしまう吃音症にも効果がある。

 

話すことが苦手と感じてしまう人は、今すぐ克服していこう。

スピーチで噛まない方法① 噛む原因を知っておく

スピーチで噛まない方法は、自分が噛む原因を知ることから始まると言ってもいい。

 

逆に、噛む原因を知らずに滑舌トレーニングをしたり、噛まない体操を頑張ったところで意味がないのだ。

 

その理由は、あなた自身もよく分かると思う。

 

 

そう、スピーチに向けて滑舌トレーニングを頑張ったり、文章を噛まずに読む練習をしても…。

 

「あんなに練習したのに。全然スピーチでうまく話せなかった…。」

 

スピーチの場になると、全く練習の成果が出ないのはよくあること。

 

 

それは、自分が噛む原因を知らないままだからだ。

 

つまり、噛む原因をよく知った上で、スピーチで噛まない方法を実践しなければ意味がない。

 

ここから噛む原因を説明していくので、しっかり確認してほしい。

 

 

まず、人が噛む原因はいくつかあるものの、すべてに共通する噛む原因というものがある。それは、

 

話すスピードに、口や舌が追いついていない

 

ということだ。

 

 

たとえて言えば、スピーチで噛むというのは、走り慣れていない人が気持ちだけでダッシュしようとしている状態。

 

気持ちだけが先走っているものの、その気持ちに足がついていけず、足がもつれて転んでしまう。

 

あなたがスピーチで噛むのも、同じような状態なのだ。

 

 

特に、スピーチの場面では、大勢の前で話す緊張感や「噛むかもしれない」といった不安感も感じやすいもの。

 

だから、スピーチの場面では、口や舌の筋肉も緊張してしまい、動きにくくなってしまう。

 

しかし、そんな状態でも、スピーチで噛まない方法を知っておけば、うまく対応させることができる。

 

 

スピーチで噛まない方法として、話すスピードと口や舌の動きを合わせるためには、

 

口や舌が追いつけるスピードで話すこと

 

スピーチで噛まないようになるためには、この方法が効果的だ。

 

 

つまり、スピーチで焦って早口にならないように注意しよう。

 

コツとしては、一言一言を意図的に間をあけて話すこと。

 

そして、話す内容を考えながら話すのではなく、考えをまとめてから口に出すようにすると噛まない。

 

 

このスピーチで噛まない方法は、今すぐ実践できるものだ。

 

やる気が出ない滑舌トレーニングや噛まない体操よりも効果的なので、スピーチ以外の場面でも、意識するようにしてみよう。

 

スポンサードリンク

スピーチで噛まない方法② 使い慣れた言葉にこだわる

スピーチで噛まない方法として、使い慣れた自分の言葉で話すようにすることも大切。

 

というのも、どうしてもスピーチという場面に限って、多くの人が本格的な話をしようとしてしまいがちだ。

 

もちろん、そうしたい気持ちも分かる。

 

 

でも、普段使い慣れていない言葉を使うだけで、話している自分も知らずのうちに緊張して噛むことになってしまう。

 

それに、スピーチを聞いている相手にもスッと理解されない。

 

「なんだか小難しい話だな。」

「結局、何が言いたいんだ?」

 

そんな印象のスピーチで終わってしまっては、本末転倒だ。

 

 

では、スピーチで噛まない方法として、使い慣れた言葉で話すために大切なことは何か?

 

それは、自分の言葉で話せるようになるまで、自分の中に落とし込むこと。

 

そのためには、スピーチで自分は何を伝えたいのか?考えを練り上げなければいけない。

 

 

「えー、そんなのめんどくさい…」

 

そう思うかもしれない。

 

でも、スピーチで話すには本来、この作業が欠かせない。

 

 

そう、自分の言葉で話せないというのは、スピーチで噛むだけでないのだ。

 

つまり、スピーチで「自分自身が何を言いたいのか」まとまっていないということになる。

 

それでは、スピーチはとてもじゃないが成り立たない。

 

 

よく「この人はスピーチがうまいなぁ」と感じる人がいると思う。

 

そういった人は、この考え方ができている人なのだ。

 

もちろん、初めからできる人もいるが、できないのであれば練習するしかない。

 

 

でも、練習した成果は必ずスピーチに反映されてくる。

 

まずはスピーチで何を伝えたいのか、自分の言葉で話せるようになるまで考えること。

 

そうすれば、スピーチで噛まないだけでなく、聞く側にとっても「良いスピーチ」として心に残るようになるだろう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

スピーチで噛まない方法③ 噛むことにこだわる人は吃音症を克服すること

スピーチで噛まない方法として、最後に一番大切なこと。

 

実は、スピーチで噛むのは単に緊張しているだけが原因ではない。

 

あなたがもし吃音症であるならば、吃音症を克服しなければ、スピーチで噛まないようになるのは難しいのだ。

 

 

吃音症の特徴としては、

 

  • 特定の言葉が言えない
  • 特定の場面(スピーチなど)になると噛む
  • 言葉を噛む予感がしてしまう
  • 言葉を噛むことが恥ずかしい
  • 噛まないことへのこだわりが強い

 

などが当てはまる。

 

 

つまり、これらの症状があれば、スピーチで噛まない方法を実践するより吃音症を克服することだ。

 

ただし、吃音症の克服は、一般的には難しい。

 

病院などでも、吃音症を診断できる医師も少なく、症状が良くならない薬を飲み続けることもある。

 

 

また、吃音症を放置しておくと症状が悪化しやすく、どんどん話せない言葉も増えてくるものだ。

 

吃音症を克服したいなら、実際に吃音症を克服した人にその方法を聞くことが一番。

 

そのため、ここまで読んでいただいたあなたには、私自身が吃音症を克服してきた方法をお伝えしていこう。

 

 

私が吃音症で苦労したことや失敗してきたこと、また成功した克服方法を惜しみなくお伝えする。

 

あなたの分の失敗も、私が代わりにしてきた。

 

あなたは、それを知ることで最短で吃音症を克服できる。

 

 

吃音症克服方法は、無料メルマガの形でお届けしていく。

 

今すぐ吃音症を克服したい!と感じた人は、メルマガ登録をしておこう。

 

なお、人数限定の企画なので、漏れてしまった場合はご了承願いたい

 

 

「確実に吃音症を克服したい」ならば、今すぐメルマガ登録しておくこと。

 

(登録フォームが表示されない場合は、定員のため募集を停止しています)

 

スピーチで噛まない方法を、そして吃音症の克服を手に入れることで、あなたが自信を持って話せるようになることを願っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

40,102 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。