Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で言葉に詰まる大人吃音症が怖い!第一声が出ない緊張どもり克服!

うまく話せない…

電話で言葉に詰まるのはなぜ?

 

その大きな理由として「大人の吃音症」が考えられる。

 

  • 電話で第一声が出ない
  • のどに蓋をされたように、声が出ない
  • 電話で言葉が詰まる現象に、常に不安を感じている
  • 周りの人に変に思われているかも

 

このような感覚にピンときたら、大人の吃音症対策が必要だ。

 

今回は、電話で言葉に詰まる大人吃音症について、第一声が出ない・どもりや緊張を克服するための方法をお伝えしていく。

 

あなたも電話で言葉に詰まる、誰にも相談できないつらい思いを解消していこう。

電話で言葉に詰まる大人吃音症…悪化させない適切な対処とは?

電話で言葉に詰まる大人吃音症。

 

冒頭でも説明した、言葉に詰まる症状や電話に対する恐怖感を感じられるようになったら要注意。

 

そして、その場合はむやみやたらに電話に場慣れすることは、考えない方法がいい。

 

 

なぜなら、荒治療は過度なストレスやトラウマを与えてしまい、逆効果だから。

 

つまり、大人吃音症を悪化させかねないということ。

 

電話で言葉に詰まる大人吃音症には、そのポイントをふまえた適切な対処が必要になってくる。

 

 

では、大人吃音症を悪化させない、適切な対処とは何か?

 

それには、大人吃音症についてもう少し理解を深めておくことが必要だ。

 

電話で言葉に詰まる大人吃音症になりやすい人には、ちょっとした傾向がある。

 

 

それは「完璧主義」の人が多いこと。

 

実は、言葉に詰まることや緊張でどもりが出ることは、誰でも一度は経験するものなのだ。

 

じゃあ電話で言葉に詰まる大人吃音症との違いは何か?

 

 

それは、完璧主義かどうか。

 

つまり、細かいところまで気になって、それによりストレスを貯めやすいかどうかが関わってくる。

 

完璧主義の傾向が強いと、どうしても自分の話し方にこだわりがでてしまう。

 

 

たとえば、

  • うまく話せないと「なんでこんなこともできないのか」と自分を責めてしまう
  • 電話相手からのちょっとした指摘を、ずっと気にしてしまう
  • もっとより良く、自分を見せたい

 

このように思う傾向が強く出てしまうと、思ったように話せなくなってくる。

 

 

こういったストレスが、大人吃音症としての症状を強めてしまうのだということ。

 

とは言え、完璧主義は性格だから直しにくい。

 

そこで大切なのは、自分自身の性質をよく理解すること。

 

 

そして、自分の完璧主義のスイッチを押さないように、電話で言葉に詰まる対処法を実践していくことだ。

 

逆に言えば、たとえ大人吃音症であろうと、これさえできれば電話で言葉に詰まる症状は克服できるので大丈夫。

 

では、その具体的な克服法を見ていこう。

 

電話で言葉に詰まる・第一声が出ない・緊張・どもり…3つの克服法

電話で言葉に詰まる、特に緊張して第一声が出ない、無理やり言葉を発しようとしてどもりが出る、などがつらい症状。

 

ここでは、大人吃音症のこれらの症状を無理せずに克服していく方法をお伝えしていこう。

 

まず、電話で言葉に詰まる大人吃音症は、すでに電話へのトラウマを抱えていることが多い。

 

 

だからこそ、自分の心の奥底に眠っている「電話への恐怖心」に対して、その壁を取り払うことが必要だ。

 

つまり、簡単に言えば電話に慣れること。

 

電話は怖くない、と心から思えるようになることが大切になる。

 

 

まずは、慣れている身近な人への電話から始めよう。

 

普段はLINEやメールで済ませる内容も、手間はかかるかもしれないが電話に切り替えてみる。

 

そして、この時に注意したいのは、ちょっとした話し方のコツだ。

 

 

というのも、大人吃音症の場合、言葉に詰まる話し方がクセになっていることが多い。

 

  • 早口に気をつけ、ゆっくり話す
  • 話し始める前に、必ず息を吸う
  • 声を出すと同時に、息を吐く

 

当たり前のことなのだけど、電話や話すことに気を取られていると無意識にやっていない人が多い。

 

 

「確かに、話すときにあまりできていないかも」という人は、電話の前にまずはこれらに慣れることから始めよう。

 

普段の会話から確実にできるように、注意していくことが大切だ。

 

そして、これもちょっとしたポイントだが、相手が分かる電話でまずは慣れていくこと。

 

 

たとえば、会社などでは電話をかけてくる相手が分からないことも多い。

 

そうなると、一気に不安度が増してしまい、なかなか電話で言葉に詰まる症状を克服することが困難になる。

 

だから、スマホだったり、電話してくる相手が表示されるタイプの電話で「電話すること」に慣れていこう。

 

 

そして、電話で第一声が出ない、どもりが出る症状の克服には、相手がいない電話も効果的。

 

相手がいない電話?

 

そう、それは留守番電話で一方的に話すことだ。

 

 

電話は顔が見えない分、相手とのコミュニケーションレベルが普通の会話よりもグンと上がってしまう。

 

だから、電話で話すのが怖くなるし、言葉に詰まる原因にもなる。

 

そこで、電話を使って自分のペースだけで話すことに慣れていこう。

 

 

これなら、第一声が出ない場合でも気にしてくる相手はいない。

 

その場でのやり取りに比べて、緊張も楽になる。

 

落ち着いて話す経験を積むことで、どもりが出ない感覚を身につけていこう。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

電話で言葉に詰まる大人吃音症との向き合い方まとめ

電話で言葉に詰まる大人吃音症は、どうしても周りの人と自分を比べてしまいがちだ。

 

でも、「自分は劣っている」だとか「電話もできないなんて…」と悲観的になる必要は全くない。

 

たしかに、今は電話に苦手意識があるはずだ。

 

 

でも、今できないことがこの先ずっとできない、なんて理由にはならない。

 

必要なことを身につけていけばいいだけ。

 

そう簡単に自分の可能性を捨ててしまっては損しかない。

 

 

そういった意味で、あなたが抱えている大人吃音症とは向き合い方が大切だ。

 

そこで、最後に一つ有益な情報を特別のお伝えしよう。

 

大人吃音症を克服するためのサポートを、「ブログ未公開メルマガ」限定で行なっている。

 

 

メルマガは徹底したサポートを行いたいので、人数制限はあるけれど、無料なのでぜひこの機会に登録しておこう。

 

大人吃音症、そして言葉に詰まる症状を克服したいのなら、その方法を知っている人から学ぶのが一番だ。

 

そうすれば、無駄に悩む必要もないし、一気に克服への近道をたどることができる。

 

 

ただし、メルマガ定員に達した場合は、申し訳ないがお断りをさせて頂いているのでご了承願いたい。

 

もし、まだメルマガ登録フォームが表示されているうちは、何よりも優先して、登録しておこう。

 

(すぐに定員に達してしまうので注意。追加登録はできません。)

 

 

ここまでお付き合い頂いたあなたは、もう理解できているはず。

 

言葉に詰まる症状を克服するには、その大元である大人吃音症を克服することが何よりも有利だということを。

 

あなたが大人吃音症を克服するチャンスを掴み、言葉に詰まるつらい症状を克服できることを心から願っています。

 

一緒に克服への階段を登っていきましょう。全力でサポートします。

マコト

44,875 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。