Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レジでありがとうございますが言えない!吃音症の経験者が語る!克服方法を大公開!

うまく話せない…

レジでありがとうございますが言えない・・・!

 

あなたも、このような誰にも言えない悩みを抱えていないだろうか?

 

レジで会計をする時は、例外なく100%ありがとうございますを言わなければならない。

 

そう言い切れるほど、レジの時はありがとうございますが言えないとやっていけない。

 

なぜなら、お客様との接点が一番大きい場面でもあるし、レジ会計後はお客様のお見送りの場面を兼ねることが多いからだ。

 

でも、そんな時にこそ、こんな悩みが湧き上がる。

 

レジの時にありがとうございますが言えない!

 

私自身、この悩みの重圧で何度、精神的に病んでしまったか分からない。

 

今日は、私自身がレジ会計の時に、ありがとうございますを言えない状態から克服した方法をお伝えする。

 

あなたの気持ちが少しでも楽になって、仕事のストレスが減れば幸いだ。

 

レジでありがとうございますが言えない時こそ、感謝の気持ちを大切にするようにしよう!

レジでありがとうございますが言えないときこそ、感謝の気持ちを大切にするように心がけてみよう。

 

というのも、レジでありがとうございますが言えないと、どんどん下を向いて落ち込んでしまう。

 

そうなると、お客様には元気がないように見えるし、せっかく買い物をしてくれているのに残念な気持ちになってしまうだろう。

 

お客様には、レジ担当がありがとうございますを言えないことなど関係ない。

 

だから、たとえありがとうございますが言えなくても、それで落ち込んでいるより感謝の気持ちを持って対応する方がよほど印象が良い。

 

でも、感謝の気持ちを表現するのはちょっとしたコツが必要だ。レジでありがとうございますが言えないなら、尚更のことである。

 

だから、レジでありがとうございますが言えないときこそ、次の方法で感謝の気持ちを伝えられる訓練をしていこう。

 

レジでありがとうございますが言えない時は、この5つのポイントで感謝を伝えよう!

レジでありがとうございますが言えない時は、以下のようなことを意識するようにしてみよう。

 

  • お客様の目を見てアイコンタクトを取るようにする
  • 丁寧にレジ会計を済ませる
  • 笑顔を意識する
  • ありがとうございますの前には、「毎度」や「どうも」などをつける
  • 大きな声で、ありがとうございますを言うようにする

 

このような部分を意識すると、感謝の気持ちが伝わりやすくなる。

 

特に丁寧さを意識することが、ありがとうございますも比較的言いやすくなるコツなので、意識してみてほしい。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

レジでありがとうございますが言えない…クレームが来るのはどんなとき?

レジでありがとうございますが言えない、こんな時はクレームが来るのではないか不安になってしまう。

 

というのも、レジの際にありがとうございますを言うのは、もう当たり前。お客様だって何となく、ありがとうございますを言われることを期待している。

 

だからこそ、レジの場面でありがとうございますが言えないとなれば“非常識”と思われかねない。そう、いつお客様からクレームが来てもおかしくないのだ。

 

一生懸命仕事をして、レジ会計だって間違えずにやっていたとしても、ありがとうございますの一言が言えないだけでクレームを言われる・・・。

 

そんなの絶対、避けたい!

 

でも、ありがとうございますが言えない・・・。

 

しかし、理解しておきたいことは、お客様からクレームが来る多くの場合は、“レジ担当が誤解されている”ケースが多いということ。

 

「自分は客なのに、レジ担当の人にいい加減に対応された!」

 

「レジ担当が愛想もなく、気分が悪い!」

 

たとえ、レジ担当の人がそう思っていなくても、こんな風にお客様にとらえられて誤解されてしまう。そうすると、クレームにつながるのだ。

 

こういう場合は、レジ担当からの“丁寧さ”が欠けてしまった結果とも言える。

 

レジ担当とはいえ、接客業には変わりない。感謝の気持ちをちゃんと伝えられるような丁寧なレジ会計を心がける。

 

そうすれば、たとえありがとうございますが言えない状況でも、お客様はきっと満足して帰られるはずだ。

 

レジでありがとうございますが言えないときのまとめ

レジでありがとうございますが言えないときでも、他の部分で取り返すことはいくらでもできる。

 

たとえ忙しい時のレジでも、“丁寧さ”や“感謝の気持ち”を届けられるポイントは必ず存在する。

 

逆に言えば、ありがとうございますが言えないときこそ、そういうタイミングを活かして気持ちを伝えるチャンスを逃さないでほしい。

 

  • 購入内容を確認するとき
  • お金をお預かりするとき
  • 品物をお渡しするとき
  • おつりをお渡しするとき
  • お見送りするとき

・・・

 

このような要所要所のポイントで、どんなに短い時間でも必ずお客様にコンタクトを取るようにしよう。

 

そうすれば、仮にありがとうございますが言えないとしても、お客様は不満に思わないはずだ。

 

なぜなら、それまでの過程であなたとお客様の関係が出来上がっているから。

 

レジでありがとうございますが言えないときこそ、ありがとうございますを言う場面以外の部分で、お客様との関係をしっかり作る。

 

このことを意識して、レジをするようにしよう。

 

そうすれば、お客様はあなたにクレームを言うどころか、あなたのレジのファンになってくれるかもしれない。

 

また次、買い物に来たとき、わざわざあなたのレジを見つけて並んでくれるかもしれない。

 

ありがとうございますが言えないときでも、そんなレジ会計ができるのだ。

 

自信を持って、あなたらしい接客を心がけてみよう!

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。