Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

接客で噛む原因は吃音症?バイトレジや電話で言葉を噛む、ありがとうございますが言えない状態から抜け出す方法

うまく話せない…

接客で噛む。バイトのレジや電話で言葉を噛む…。

 

「いらっしゃいませ」や「ありがとうございます」が言えない…。

 

こんな症状に悩んでいたら吃音症。

 

吃音症とは、特定の言葉が言えない、特定の場面で噛むなどの症状をもつ病気だ。

 

「接客で噛むことは失礼」

「噛むことがないようにしないと…」

 

こんな風に言葉を噛むことに強く否定の感情を持つのも吃音症の症状に当たる。

 

噛むなと思えば思うほど接客はしどろもどろになるし、一体どうしたらいいのか…。

 

そんなあなたのために、今回は接客で噛む吃音症から抜け出すための方法をお伝えしていく。

 

今は接客で噛むことが多く、ボロボロでも大丈夫。一緒につらい状況を乗り越えていこう。

接客で噛む原因は吃音症。バイトのレジや電話で言葉を噛むときはどう対処する?

接客で噛む原因となる吃音症が、バイトのレジや電話で言葉を噛むとき。

 

こんな場合、お客様に不快な思いをさせないようにと言葉を言い直したりすることもあると思う。

 

また、接客しているのに噛むのをお客様に謝ってしまうこともよくあること。

 

 

しかし、接客で噛むことを取り返そうとして、挙動不審になったり接客がしどろもどろになることもしばしば。

 

逆に、しどろもどろし始めるあなたを見て、お客様が不審に感じてしまうこともあるほどだ。

 

意外に感じるかもしれないが、お客様はあなたが接客時に噛むことに気づいていないことが多いもの。

 

 

それに、言葉を噛むことがない人間なんていない。

 

だから、テレビのように「噛むな!」なんて怒られることは有り得ない。

 

ここでまず理解してもらいたいのが、接客で噛むことでお客様は怒らないということ。

 

 

そう、接客で噛むことでお客様は不快になったりもしない。

 

むしろ、お客様が不快に思うのは逆の場面であるということ。

 

そう、接客で噛むことを取り返そうと謝罪してみたり、言い直しているとイライラされてしまう。

 

 

何度も言うが、接客で噛むのは悪いことではないのだ。

 

だから、もしあなたが接客で噛むことがあったとしても、気にせずにそのまま話を続けること。

 

決して、言い直しをしたり「噛んでしまい申し訳ありません」などと言わないようにしよう。

 

 

どうしても気になる、という人は、お客様の立場になって考えてみてほしい。

 

接客で噛む以上に、謝罪されたり何度も言い直したりする相手に対して、どういうリアクショを取るべきか悩まれるはずだ。

 

サービスを利用しているお客様に、そんな気を遣わせてしまうこと自体が良くないこと。

 

 

接客で噛むことがあっても、言い直しや謝罪はしない。

 

その分、笑顔で丁寧な接客を心がけることで、取り返すようにしよう。

 

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

ありがとうございましたを噛む人へ、吃音症でどもりの私が接客業を乗り切ったコツを教えます!

[/su_box]

 

接客で噛む原因の吃音症が、ありがとうございますなど特定の言葉が言えないときの方法は?

接客で噛む吃音症にとって、ありがとうございますなどの特定の言葉が言えないのは本当につらいところ。

 

ありがとうございますの「あ」が言えない。

 

喉の奥が締まって、最初の母音が出てこない、というのは吃音症の悩みの一つでもある。

 

 

そして、ありがとうございますは他の言葉で言い換えができない。

 

そんな中で、無理にありがとうございますを言おうとすると、接客で噛むことになってしまう。

 

そうは言っても、気づかないうちに徐々に悪化しているのが、吃音症の怖いところ。

 

 

吃音症の始めは「ありがとうございますがちょっと言いにくいな…」くらいの違和感。

 

しかし、日を追うごとに言葉が言えない状態になってしまう。

 

そして、そのまま放っておくと他の言葉まで言えない状態になってしまうところだ。

 

 

たとえば「いらっしゃいませ」なども同じように、言えない状態になる。

 

だからこそ、吃音症は甘く見ないで、徹底的に克服するようにするべきなのだ。

 

吃音症の克服については、次の章で詳しくお伝えするので、そちらもしっかりチェックするようにしよう。

 

 

この章では、ありがとうございますなど特定の言葉が言えないときの対処方法をお伝えしていく。

 

ありがとうございますなど特定の言葉が言えないときは、以下のことを実践するようにしよう。

 

[su_box title=”ポイント” box_color=”#fa3b3b”]

  1. 5文字以上の単語は区切って、一拍おいて言う
  2. 初めの文字を言う前に、しっかり息を吸う
  3. ゆっくりと伝えるようにする
  4. うまく言葉にならないときは、顔を見て笑顔で会釈

[/su_box]

 

接客では、言葉にしないとなかなか気持ちが伝わらず、自分がイヤになってしまう事もあるかもしれない。

 

 

しかし、仕草や表情でも感謝の気持ちは伝わるものだ。

 

気持ちが伝われば、腹をたてるお客様はいない。

 

今の自分ができることを精一杯やることで、あせらずに接客に取り組もう。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

接客で噛む原因の吃音症を克服する方法とは?

接客で噛む状態から抜け出すには、最終的に吃音症を克服することが必要だ。

 

もちろん、ここまで紹介した内容だって効果はある。

 

しかし、ベースにある吃音症の考え方や話し方のクセが消えない限り、いつまたその症状が現れるか分からない。

 

 

そう、あなたが接客で噛む怖さを知っているのなら、吃音症を克服することは、その恐怖を取り除くことにつながる。

 

しかし、残念なお知らせが一つある。

 

それは、現在の医療では、吃音症を克服することは難しいということ。

 

 

吃音症は、言葉を噛む心理と発話方法が複雑にからまった病気。

 

だから、薬でなんとかなるものでもなければ、科学的に原因を突き止めるのも難しい状況なのだ。

 

しかし、接客に真面目に取り組むあなたに、これ以上噛むことなんかで悩んでほしくない。

 

 

自分の夢を追ったり、もっと前向きな気持ちで人生を楽しんでほしいと心から思う。

 

そう思うのは、私自身が吃音症を克服し、今は自分の夢を叶えて生きているからだ。

 

だから、私が吃音症を克服した方法をあなたにすべて伝授したいと思う。

 

 

そう、私がこれまで吃音症で悩み、右往左往しながら克服したまでの経緯。

 

そして、失敗談や成功例などを数多くお伝えすることで、あなた自身の失敗を少しでも減らしてもらえたらと思う。

 

あなたは私を踏み台にして、吃音症を最短ルートで克服できる。

 

 

この吃音症を克服する方法は、無料のメルマガの形でお伝えしていく。

 

メルマガ形式で少しずつ克服法をお伝えしていくことで、理解しやすくなるし、何より実践しやすくなるのだ。

 

ただし、一人一人の悩みに合わせてしっかりサポートしたいので、申し訳ないが、メルマガは人数限定。

 

 

接客で噛むという誰も助けてくれない、つらくて苦しい状態を今すぐ乗り越えたい人は、すぐに登録をしておこう。

 

(なお、登録フォームが表示されない場合は、すでに定員に達してしまったため、募集を終了している状態です。)

 

誰も教えてくれない、吃音症の克服方法を今すぐ知りたい方は、急いで登録し、メルマガをGETしよう。

 

あなたが一刻も早く、接客で噛む苦しみから解放されることを心から願っています。

マコト

56,443 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。