Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話対応で言葉に詰まる病気は吃音症!もう辞めたい!電話は緊張する・怖い・苦手…3ネガティブを克服するコツ

うまく話せない…

電話対応で言葉に詰まる…。

 

電話が苦手でものすごく緊張する。むしろ、電話が怖い。

 

こんな気持ちで電話が憂うつになるのなら、吃音症だ。

 

吃音症とは、特定の場面や特定の言葉に強い苦手意識を覚える病気。

 

そう、時には電話対応しなくてはいけない仕事を辞めたいと思ってしまうことも。

 

吃音症には正しい対処が必須だ。

 

今回は、吃音症ならではの電話対応の言葉が詰まる、緊張する、苦手、怖いなどを克服するコツをお伝えしていく。

 

電話対応は日常に欠かせない。一緒に乗り越える術を学んでいこう。

電話対応で言葉に詰まる。緊張する、怖い、苦手の3ネガテイブを克服するコツ

電話対応で言葉に詰まる吃音症。

 

しかし、それでもちょっとした心がけでグッと電話対応がラクになるのも事実だ。特に、

 

  • 電話対応が緊張する
  • 電話対応が苦手
  • 電話対応が怖い

 

こんなネガティブな感情に囚われているとしたら、今すぐ実践していこう。

 

スポンサードリンク

電話対応で言葉に詰まる…電話対応で緊張するときのコツ

電話対応で言葉に詰まる、普段の会話より緊張する、という時に取り入れたいコツ。

 

それは、緊張するという時ほど「相手の言葉を復唱する」ようにすることだ。

 

これをすることで、「電話対応をしっかりしなくては…」という思いや「言葉に詰まることがあったら…」という意識が薄れてくる。

 

 

また、「受け答えをしなくては…」と思う前に、相手の言葉に耳を傾けることに集中してみよう。

 

とにかく、電話対応に緊張すると感じたら、意識をそらすこと。

 

言葉に詰まること以外のことに意識を集中するようにしてみよう。

 

電話対応で言葉に詰まる…苦手と感じる電話対応のコツ

電話対応で言葉に詰まる、電話対応に苦手意識を抱いてしまったら意識したいコツ。

 

それは、どんな小さいことでもいい。

 

「電話対応で成功した!」という部分だけ大切にすることだ。

 

 

それは、言ってしまえば大したことじゃなくったっていい。

 

たとえば、電話対応の中で一言でもちゃんと言いたいことが伝えられた。

 

そう、電話対応に苦手意識がある場合、成功の質よりも量にこだわっていこう。

 

 

そのようにして、電話対応での成功体験を重ねることで苦手意識を薄めていく。

 

電話対応が終わった後に、「うまくいった」という気持ちで終わらせることが大切だ。

 

失敗したことよりも、うまくいったことを大切にしよう。

 

スポンサードリンク

電話対応で言葉に詰まる…電話が怖いと感じるときの取り入れたいコツ

電話対応で言葉に詰まる、だから電話が怖い。

 

こんな気持ちになるのも、吃音症であれば仕方のないことだ。

 

吃音症は、電話に対する不安の心と話す機能が密接した病気。

 

 

特に、苦手な特定の言葉を発する時には、他の言葉に言い換えができないと逃げ場がなくなってしまうこともある。

 

そういった経験が積み重なってくると「言葉に詰まるのは良くない事だ」という思いが強くなってくる。

 

しかし、実際はそんなことはない。

 

 

アナウンサーでもない限り、完璧に話すことは求められていない。

 

それに、電話対応は相手とのやり取り。

 

あなたが一方的に、うまく話す必要はないのだということ。

 

 

それでも電話対応が怖いと感じたら、まずは電話での簡単なやり取りから自信をつけていこう。

 

もし、電話対応の途中で困ったら、一旦電話を保留にして息をついてもいいのだ。

 

あまり自分を追い込むことなく、気長な気持ちで電話対応と向き合うのが、電話対応が怖いと感じるときのコツだ。

 

スポンサードリンク

電話対応で言葉に詰まる病気、吃音症。もう辞めたい!の前に、取り組むべきコツ

電話対応で言葉に詰まる病気、吃音症。

 

電話が怖い、苦手、緊張する…。その重圧は、どんなに心が強くても耐えがたいもの。

 

そんな極度のストレスに悩まされていたら、電話対応の仕事を辞めたいと思ってしまうのも無理はない。

 

 

しかし、電話対応の仕事を辞めたいと思い詰める前に、もう一度取り組んでみてほしいことがある。それは、

 

あまり自分を責めないようにすること。

 

あなたは、自分なりにこれまで電話対応で言葉が詰まることと向き合ったきた。

 

 

でも、言葉に詰まる状況は変わらないし、何なら苦手意識はどんどん高まる。

 

緊張するし、電話が怖い。

 

いつまでもそんな状況から抜け出せないのなら、いっそのこと反対のことを考えてみよう。

 

 

たとえば、「今の状況を何とかしないと…」と抱え込んでいる場合。

 

そんなときは一度、肩の荷を下ろしてみるといい。

 

もちろん、プラスの効果はある。

 

 

吃音症は責任感が強く、ストレスを溜め込みやすい性格の人が多い。

 

だから、肩の力が抜けることで言葉を発しやすくなるのだ。

 

「もう言葉に詰まることがあってもいいや!」と思い詰めなくなった瞬間、話しやすくなる。

 

 

意外かもしれないが、理想が高くて完璧を目指す人ほどつまずきやすい。

 

でも、自分に厳しくしたところで、状態が好転しないなら、それ以上厳しくする意味もないのだ。

 

気をラクにもつというのは難しいものだが、あまり気構えずに電話対応に向かってみよう。

 

 

そうすれば、電話対応で言葉に詰まる状況も和らいでくる。

 

電話対応を辞めたいと思う前、一度取り組んでみよう。

 

[su_box title=”合わせて読みたい” box_color=”#fa3b3b”]

電話応対で言葉が出てこない!喋りのプロに学ぶ吃音症の緊張対策3選!

[/su_box]

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

電話対応で言葉に詰まる吃音症克服までの道しるべ

電話対応で言葉に詰まる吃音症は、どうしても調子が良い時と悪い時の波がある。

 

「言葉に詰まることは最近は少ないな」

 

と感じても、ある日、また言葉に詰まる症状が出ることも残念ながらあるもの。

 

 

だからこそ、今回お伝えした内容を参考にしつつ、あまりストイックになりすぎないように続けていくことがコツだ。

 

時には、電話対応以外にメールで対応できる部分はメール対応にしよう。

 

また、どうしても症状が重い場合は、休むのも一つだ。

 

 

とにかく、頑張りすぎないこと。

 

吃音症にとって、無理をしすぎることは頑張っている証ではない。

 

自分の体調を見ながら、コツを実践していくようにしよう。

 

 

また、吃音症自体を克服することで、言葉に詰まる症状を劇的に改善することができる。

 

しかし、吃音症克服を独自で行うのは難しく、何より逆に悪化させかねない。

 

そこで、私の無料メルマガで行なっている「吃音症克服サポート」を活用していこう。

 

 

ただし、サポート充実のため、人数・期間限定となっているので注意。

 

吃音症を克服したいという高い志がある人は、今すぐ登録しておこう。

 

(登録フォームが表示されない場合は、終了しています。)

 

あなたが、吃音症のつらい現状を克服し、自信を持って電話対応ができるようになることを心から願っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。