Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で噛みまくりな人ほど効果的な噛まない方法!吃音症の心理克服!

うまく話せない…

電話で噛みまくりの状態をなんとかしたい!

 

最近では電話で噛むのが怖くて、電話に出るのが恐怖になってきている・・・。なんとかして、電話で噛みまくりの状態を克服したい!

 

電話で噛みまくりの状態は、ある日突然やってくる。

 

きっかけは人それぞれだが、電話で言えなかった、噛んでしまった経験やそのことでバカにされてしまった経験。

 

電話で噛んでしまったことがイヤな思い出に変わったとき、電話で話すことに苦手意識を持つようになる。

 

その結果、人は電話で噛みまくりの状態になってしまう。

 

でも、電話で噛みまくりだからといって、電話を取らないわけにはいかない!

 

今日は、電話で噛みまくりの人ほど効果的な電話で噛まない方法をシェアしていこう。電話で噛みまくり状態を克服しよう!

 

電話で噛みまくり、はなぜ起こる?電話で噛みまくりになる流れとは?

なぜ電話で噛みまくりになってしまうのか??電話以外では噛まないで普通に話せる言葉でも、電話になると噛みまくりになってしまう。

 

まるで、電話に出た途端、“噛みまくりスイッチ”が入ってしまったかのように・・・。

 

電話に出るたびに緊張して身体はガチガチに。口だってまともに開けられない。電話に出ると、呼吸の仕方や言葉の出し方さえ分からなくなってくる。

 

そんな中でも何とか言葉を出そうとするので、焦って早口にもなるし、結果的に電話で噛みまくりに。

 

「同じところでまた噛んでしまった。」

「もう電話の噛みまくりで恥をかかないようにしたい!」

 

しかし、電話で噛まないようにしようとすればするほど、電話で噛みまくりの状態になってしまう。

 

でも、電話で噛みまくりの状態に陥ってしまったからといって、電話に出ることをボイコットするわけにはいかない。ましてや、仕事の場面では尚更だ。

 

そのようなストレスが、拍車をかけて電話で噛みまくりの状態にしてしまう。

 

これが、電話で噛みまくりの状態を改善しようとしても抜けられず、さらに電話で噛みまくりの状態が悪化してしまう流れだ。

 

あなたも同じような流れを辿って、電話で噛みまくりの状態になっていないだろうか?

 

では、このような電話で噛みまくりの状態から抜け出すにはどうしたら良いのか?具体的な方法をお伝えしていこう。

 

スポンサードリンク

電話噛みまくりの心理とは?電話で噛みまくりから抜け出すコツ

電話で噛みまくりの心理とはつまり、自分で電話で噛みまくりになる金縛りをかけているような状態なのだ、ということ。

 

まず、あなたが電話で噛みまくりになってしまう状態を、このように客観的に見てとらえることが、とても大事。

 

そうでなければ、いつまでも電話で噛みまくりの渦から抜け出すことができない。自分でかけた金縛りを解く方法まで辿り着くことができないのだ。

 

電話で噛みまくりという状態を克服したいのであれば、まずはその原因を解決しなければならない。

 

むやみに、電話で噛まないような話し方を意識したところで、余計に「電話で噛むこと」のトラウマを強くさせるだけなのだ。

 

多くの人が、電話で噛みまくりの状態からなかなか抜け出すことができず、さらに状態を悪化させてしまう。

 

この原因は、単に「電話で噛まないようにしよう」と思えば解決する、という理屈では電話で噛みまくりの状態を克服できない、ということを物語っている。

 

じゃあどうしたらいいのか?どうしたら電話で噛みまくりの状態から抜け出せるのか?

 

それは、電話で噛むことを恐怖を覚えるようになった原因をつぶすことしかない。

 

つまり、電話で噛むことは自分にとって恐怖ではない、と心底思えるようになること。

 

もっと言えば、電話で噛みまくりでも、別に困ることはない、と思える心理状態に持っていくこと。

 

これが、電話で噛みまくりの状態を克服するために大切な心理である。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

電話で噛みまくりになった原因をつぶす!秘策とは、逃げ道を作っておくこと

電話で噛みまくりの状態を克服するには、電話で噛みまくりになった原因をつぶすこと。

 

この方法について詳しくお伝えするために、少し例え話をしてみよう。

 

人は、自分自身が対処方法が分からない問題に対して、不安や恐怖を抱くものだ。

 

「案ずるより産むが易し」という言葉があったり、人によって苦手なものやトラウマがあるのも、これが根本にあるから。

 

つまり、それに対して自分で解決方法が見出せていないから、不安になる。恐怖感を覚える。

 

どうしたら解決できるか分からないからパニックになる。思ってもみないようなことをやってしまう・・・。

 

お気づきかもしれないが、電話で噛みまくりの状態もこれに由来するものだととらえることができる。

 

そう考えてみると、電話で噛みまくりの状態を克服するためにどうしたらいいのかが見えてくる。

 

ここで話を戻すと、電話で噛みまくりになった原因をつぶすための秘策とは、電話で噛みまくりになった時の対処を考えておく、ということなのだ。

 

言い方を変えれば、電話で噛みまくりになった時のために逃げ道を作っておく。電話で噛みまくりになった時の言い訳を考えておく。

 

それがあれば、電話で噛みまくりの状態になっても、どうすればいいか困らない。

 

だから、電話で噛みまくりになったって恐怖を感じないし、別に困らないのだ。

 

たとえば、

  • 咳込んでみる
  • 噛みまくりになっても、堂々と「〜です!」だけ強調して言えたフリをする
  • 噛んだことを突っ込まれたら、「言わないよりマシです!」と逆ギレしてみる
  • 「いやーいつも噛んでしまうんですよね。社名変えるように社長に頼んでるんですよ」と言ってみる

 

などなど、電話で噛みまくりの時の逃げ道をいくつか考えておこう。

 

そこで、電話で噛みまくりの状態を切り抜けることができれば、あなたの中で電話で噛みまくりの事実が悪い印象から救われるはずだ。

 

電話で噛みまくり状態になった時の逃げ道を考えておくなんて、原因をつぶすことにならない!と思われるかもしれない。

 

でも、電話で噛みまくりの時こそ「逃げるが勝ち」

 

あなたはこれまで、電話で噛みまくりの状態を何とか克服しようとして、試行錯誤してきたはずだ。

 

押して無理なら引くも良し。それでも無理なら、逃げる方法を試してみる時なのでは?

 

なお、本気で吃音症を克服したいなら、下方の内容もじっくり読んでみてほしい。あなたの期待を裏切らない、お役に立てる情報ばかりのはずだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

31,986 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。