Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話で噛まない方法は吃音症対策が重要だった!目からウロコが飛び出る克服方法!

うまく話せない…

電話で噛まない方法。それは吃音症対策が最重要!

 

というのも、電話で噛むという人は滑舌が悪くて何を言っているか分からない、というワケではないだ。(その場合は、電話で噛まない方法というより、滑舌が問題になってくる。)

 

また、電話で噛む人は、電話以外の場面なら同じ言葉を言っても噛まない、ということが多い。

 

このような場合、電話で話すことによるストレスが原因で噛んでしまうことが多い。そして、それは吃音症という。

 

だからこそ、電話で噛まない方法は吃音症対策が重要になってくる。あなたも電話で噛まない方法を取り入れて、電話が怖い毎日から抜け出そう!

 

電話で噛まない方法!電話で噛んでしまう吃音症の心理状態とは?

電話で噛まない方法は、吃音症対策を徹底すること。しかし、それにしても、なぜ人は電話で噛んでしまうのか。

 

それは、身体的な問題ではなく、すべては心理的な問題が原因なのだ。

 

なぜなら、もし身体的な問題で電話で噛むのだとしたら、当然、電話以外の場面でも噛むことになる。また、噛んでしまう言葉は絶対に噛まずにいられない。

 

しかし、電話で噛む人というのはそうではないのだ。

 

つまり、電話で噛んでしまう人は、

 

  • 決められた通りに言わなければいけないというプレッシャー
  • 周りの人が、自分が噛まないで言えるかどうか聞いているという緊張感
  • 電話先の相手に不快感を与えたり、失礼があってはいけないというストレス
  • 以前、電話で噛んでしまった経験があり、トラウマを抱えている

 

このような理由を心の奥底で抱えていて、電話で噛まないようにすることを必要以上にこだわりを持ってしまっている状態。

 

だからこそ、電話で噛むのはすべて心理的な問題なのである。

 

そのような中で、電話で噛まない方法の吃音症対策を説明していこう。

 

電話で噛まない方法① 吃音症でもプレッシャーを跳ね除ける方法

電話で噛まない方法の吃音症対策。その一つ目は、決められた通りに言わなくてはいけない!というプレッシャーを跳ね除けること。

 

仕事などの電話では、“長い決まり文句”を設定(時には、社訓と社名を合わせて言うような・・・)しているところも多い。

 

そして、これが電話で噛む人の心をズタボロにして悩ませている原因でもある。

 

また、電話で自分の名前を言う場合でも、言わなくては!という強いプレッシャーがかかるとどうしても噛まずにいられない。

 

では、実際にどうするのか。

 

それは、自分が言いやすいリズムやタイミングを大事にして話すこと。

 

というのも、電話での決まり文句や自分でこう言わなくては!と思っていることを、電話で言おうとすると必ず早口になってしまう。

 

確かに、電話で噛まないでスラスラ言えるのはカッコいい。

 

でも、いきなりそのレベルを目指すと、電話で派手に噛んでしまう確率も上がる。だから、まずは電話で噛まないで確実に相手に言葉を伝えることを意識してみよう。

 

どんなに長い社名でも、仕事の決まりで「社名の前に社訓も言え!言えるだろ!」というパワハラじみた命令でも、電話で噛まない方法。

 

それが、自分が言いやすいリズムやタイミングを大事にして話すことだ。

 

これは、言い換えれば、自分の言いやすいように言葉を区切りながら言うこと。

 

そんなにゆっくり言ってられないよ!という人もいるかもしれないが、実はこの電話で噛まない方法は受付担当も実践している。

 

電話で早口で言おうとして噛んでしまい、相手が聞き取れない言葉を連発すること。ゆっくり丁寧に、相手に伝わりやすい言い方を意識すること。

 

どちらが相手にとっても、自分にとっても良いだろうか?電話で噛まない方法をぜひ実践してみよう!

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

電話で噛まない方法② 人がいない時・場所を狙って電話する方法

電話で噛まない方法の吃音症対策。その二つ目は、人がいない時・場所を狙って電話すること。

 

周りや隣の席に人がいるところで電話することは、私も本当に苦手だった。シーンとしたところでは、職場の全員が聞き耳をたてて話を聞いているような気がしてならない。

 

別に、聞かれてマズイ話をしているわけではないのだが、本当に電話に身が入らない。そんな余計な緊張感があると、電話で噛まないわけがない。

 

そんな時に私がしていたことは、人がいない時・場所を狙って電話すること。

 

たとえば、人がいなくなる昼休みの時間帯に電話するように、電話先の先方に連絡を入れておいたり。

 

大事な電話は、使っていない会議室やホールのようなところで落ち着いて話す。もしくは、少しガヤガヤしたところに行って電話する。

 

また、先方から電話が会ったときは、短い電話にして折り返すように伝える。

 

ちょっとしたことなのだが、電話で話すことに集中したいときなどは自分の席で電話をすることは決してなかった。

 

ただし、自分の場所から離れられずに、その場で電話処理をしなければならないこともあるだろう。

 

そのような場合は、まずは電話で噛まない方法の吃音症対策の一つ目を徹底すること。

 

また、電話と口を手で囲み、押さえて話すようにすると周りに声が漏れにくいのでおすすめだ。

 

ここまでご紹介した電話で噛まない方法の吃音症対策をまずは試してみるようにしてほしい。

 

そうすれば、電話先の相手に不快感を与えたり、失礼があってはいけないというストレスも徐々に減り、電話で噛まないようになる。

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。