Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おはようございます言えない!吃音症でも言いやすい方法で言いにくさ克服!

この言葉、言えない…

おはようございますが言えない!どうしたら、おはようございますが言えるようになるのか・・・?

 

このような悩みを持っている人は意外に多く、100人に1人の割合とも言われている。

 

なぜ、おはようございますが言えないのか?

 

実は、母音から始まる挨拶などの言葉が言いにくい症状は“吃音症(きつおんしょう)”の症状である場合が多い。

 

吃音症は、言葉の始まりが詰まって言えない、どもって噛んでしまうなどの症状がある病気。

 

特に母音(ア行)で始まる言葉が言いにくいことが多いが、残念なことに、日本語の挨拶や丁寧な言葉使いは吃音症には言いにくい言葉が多いのだ。

 

しかし、吃音症でも言いやすい方法やコツをつかむことができれば、おはようございますが言えない状況を克服できる。

 

今回は、おはようございますが言えない状況から言いにくさを軽減する方法をご紹介!

 

ぜひ取り入れて、毎日の始まりの挨拶を気持ち良く言えるようになろう!

 

おはようございますが言えないときは、“おはよう”と“ございます”を分けると言いやすい!

おはようございますが言えないと悩むなら、思いきって“おはよう”と“ございます”を分けて言うようにしよう!

 

なぜ、おはようございますを分けて言うと言いやすいのか?

 

それは、おはようございますという言葉はとても長いから。長い言葉を一息に話そうとすると、当然言いにくい。

 

おはようございますは、合わせて9文字もある。

 

もう、おはようございますを言うことを想像するだけで言いにくいのが分かるだろう。

 

それだけ、どもったり噛んだりすることも多くなる、というわけだ。

 

だから、おはようございますが言えないときは、“おはよう”と“ございます”を分けて言ってみよう。

 

そうすれば、“おはよう”という4文字を言った後に“ございます”の5文字を言うことになって、一語の長さは短くなって随分言いやすくなる。

 

あとは、“おはよう”と“ございます”の一語ずつを丁寧に、ゆっくり言うようにしよう。

 

おはようございますが言えないときは、おはようございますのイントネーションを変えて言ってみよう!

おはようございますが言えないときは、おはようございますのイントネーションを変えて言ってみよう。

 

というのも、あなたは知っているだろうか?

 

標準語で言うおはようございますと、関西のイントネーションで言うおはようございますは、イントネーションがまるで違うのだ。

 

イントネーションが違えば、同じおはようございますでも言い方はまるで異なる。

 

そう、おはようございますが言えないときは、そのギャップを利用するのだ。そうすることで、まるで別の言葉を言うように頭が錯覚して言いやすくなる。

 

普段言い慣れないイントネーションで言うのは恥ずかしかったり、少し言いにくいかもしれない。

 

でも、今のままではどうせ、おはようございますが言えないのだ。

 

そうであれば、別のイントネーションでおはようございますを言ってみる価値はあるだろう。

 

標準語と関西弁のおはようございますのイントネーションをそれぞれ説明していくので、普段言わない方のおはようございますを練習してみよう。

 

  • 標準語のおはようございますのイントネーション

ようざいます

(おはようございますの、“は”と“ご”でアクセントをつけるイメージ)

 

  • 関西弁のおはようございますのイントネーション

おはうごいます

(おはようございますの、“よ”と“ざ”でアクセントをつけるイメージ)

 

初めは難しいかもしれないが、テレビなどでもよく言う言葉なので、聞き流しながら慣れるようにしてみよう。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

おはようございますが言えないときは、有酸素運動をすると言いやすくなる!

おはようございますが言えないときは、息が上がるくらいの有酸素運動を30分ほどするようにしてみよう。

 

特に、朝行うようにしてみると良い。

 

というのも、おはようございますを言う場面になる前に有酸素運動を行うことが効果的だからだ。

 

有酸素運動をすると、前向きになるホルモンが出る。息も上がって呼吸がしやすくなる。

 

このような有酸素運動の特徴が、おはようございますが言えないときに良い働きをもたらしてくれるのだ。

 

だから、おはようございますを言う場面の前に有酸素運動を行っておけば、「おはようございますが言えないんじゃないか」と悩んで緊張することが減る。

 

また、呼吸する意識がしやすくなっているので、おはようございますの初めの母音が言いやすい。

 

もちろん、言うまでもなく健康には良いし、習慣化できれば自分に自信も持てるようになってくる

 

まさに、おはようございますが言えないと悩むときにおすすめの方法なのだ。

 

ぜひ明日から、まずは簡単なものから短時間で良いので取り組んでみるようにしよう!

 

おはようございますが言えないときの言いやすい方法まとめ

おはようございますが言えないと、コミュニケーションが取りづらくて本当につらい思いをしてしまう。

 

だが、ちょっとしたコツで、みるみるおはようございますが言いやすくなる。

 

今回ご紹介したおはようございますが言いやすくなる方法をまとめておくので、おはようございますが言いにくいと悩むならぜひ取り入れてみよう。

 

  • おはようございますが言えないときは、“おはよう”と“ございます”を分けて言うようにしよう!
  • おはようございますが言えないときは、おはようございますのイントネーションを変えて言ってみよう!
  • おはようございますが言えないときは、有酸素運動をしてみよう!

 

なお、おはようございます以外にも言えない言葉があるなど、吃音症で悩んでいる場合は、下方の赤いボタンから効果的な対策を知ることができる。

 

悩む前にできることから行動してみることが大切!健闘を祈る!

マコト

44,876 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。