Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おはようございますがうまく言えないのは吃音症?言いにくい母音から始まる挨拶の対処法!

この言葉、言えない…

おはようございますがうまく言えない。きっと自分は周りから白い目で見られているんじゃないか・・・。

 

事実、おはようございますなど挨拶がうまく言えない人は、仕事もあまりできないのでは?と思われやすい。

 

イメージとはとても大切なもので、実際にも影響を及ぼしかねない。

 

それに、おはようございますは「今日も一日頑張りましょうね!よろしくお願いします!」という意図さえ込められている言葉。

 

おはようございますという言葉をうまく言えないと、相手はきっと、

 

「なんだか連れないヤツだな!」

「おはようございますも言えないなんて、仕事もイマイチなんだろうな!」

 

と、思ってしまうかもしれない。

 

だから、おはようございますがうまく言えないのは大損!

 

今回は、おはようございますがうまく言えない人でも、おはようございますが言いやすくなる方法をご紹介していく。

 

しっかり活用して、おはようございますがうまく言えないことを解消できれば、“挨拶上手”になれる!

 

あなたもおはようございますの言葉一つで“仕事ができる人”になってしまおう!

 

おはようございますがうまく言えない!そんな時に活躍する、おはようございますを言いやすくする方法!

おはようございますがうまく言えないと相手の顔色を気にしてしまうし、何となく居場所がないというか、居心地が悪く感じてしまうかもしれない。

 

でも、おはようございますという挨拶は、相手の反応も一番に返ってくるものだ。

 

だから、自分が言うおはようございますに対して、相手もおはようございますを返してくれることが増えると、とても勇気が出てくる。

 

[su_box title=”おはようございますを言いやすくする方法①” box_color=”#ec060c”]

おはようございます言えない!吃音症でも言いやすい方法で言いにくさ克服!

[/su_box]

 

おはようございますをうまく言えないと悩んでいる状況から、おはようございますが言いやすくなる方法を活用してみよう!

 

そして、おはようございますから逃げるのでなく、おはようございますを自分から言う!くらいの気持ちを持てるようになっていこう!

 

[su_box title=”おはようございますを言いやすくする方法②” box_color=”#ec060c”]

おはようございますが言いにくい!を克服する言いやすい2つの対策方法

[/su_box]

 

スポンサードリンク

おはようございますがうまく言えない!言葉が詰まるなら母音を抜くと言いやすい!

おはようございますがうまく言えない。初めの「お」がどうしても出てこないから言葉が詰まる・・・。

 

おはようございますをうまく言えない人に多い悩みの一つが、初めの母音が詰まることで言葉が出てこないこと。

 

このような場合、おはようございますを言う時に初めの母音「お」を抜いて言うのが言いやすい方法だ。

 

  • はようございます
  • はざます
  • ざまーす

 

など言いやすい方法でOK。特に意識したいのは、最後の「ざいます」をしっかり言うように意識すること。

 

日本語というのは不思議なことに、一つの言葉でも語尾をしっかり言うように意識すればとても言いやすくなる言葉だ。

 

ハッキリと、爽やかな笑顔で自分なりにおはようございますを言うことが一番大事。

 

おはようございます自体をうまく言えないとしても全然問題ないのだ。

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせて慰めてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。

 

無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

スポンサードリンク

おはようございますがうまく言えない…は完璧を求めすぎている?

おはようございますをうまく言えない、特に初めの母音の言葉が詰まるようなら抜いて話すと言いやすい。

 

この方法について一つお伝えしておきたいのは、これは完璧におはようございますをうまく言えないことを克服する方法ではない、ということ。

 

しかし、おはようございますを言う目的は“うまく言う”ことではない。

 

初めにお伝えした通り、おはようございますを言うのは「今日も一日よろしく!」という確認のようなもの。

 

それに加えて、おはようございますを言うのは「あなたのことを認めていますよ」という気持ちを伝えている行為でもあるのだ。

 

たとえば、挨拶を無視されたと感じるととても気分が悪いもの。これは、「存在を認めてもらえていない」と感じるから。

 

だからこそ、おはようございますがうまく言えない人はそうならないように注意しなければいけない。

 

というのも、おはようございますをうまく言えないと、なんとなく相手の挨拶をスルーしてしまったりして、そのような態度にとられかねないからだ。

 

おはようございますをうまく言えないだけで、敵を作ってしまってはそれこそ大損だ。

 

だから、あえてもう一度お伝えしておこう。

 

今ここで一番大切にしていただきたいのは、おはようございますを完璧にうまく言おうとしないこと!

 

  • おはようございます(今日も一日がんばりましょうね!)
  • おはようございます(あなたの存在、認めてますよ!)

 

そのような気持ちで、おはようございますを言うようにしてみてほしい。

 

もちろん、ここまでご紹介してきた、おはようございますを言いやすくする方法をうまく活用して言うようにしよう。

 

そうすれば、きっとおはようございますがうまく言えない、と悩むこともなくなる。

 

コミュニケーションは挨拶から。おはようございますで悩まなくなったら、人間関係も円滑になって、仕事もどんどんうまく行く!

 

あなたがおはようございますをうまく言えないことで悩むことを卒業して、思い通りの人生を歩めることを心から願っています!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マコト

32,680 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。