Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ありがとうが詰まる!を改善する吃音症のための今すぐ出来る驚き手法とは?

この言葉、言えない…

「ありがとう」が詰まる。こんな経験、あなたも味わったことがないだろうか?

 

噛む、と言うよりは“詰まる”感じ・・・。これは何とも言葉では説明しづらいのだが、強いて言えば喉のあたりがクッと詰まる感じだ。

 

「ありがとう」と言葉を出したくても、喉の奥に詰まって言葉にならない。このように表現すると、「自分も同じことで悩んでいる・・・!」と伝わるかもしれない。

 

また「ありがとう」が詰まるかもしれない…。不安になる程、声は出てくれない。

「ありがとう」が詰まるほどに、次は言えるだろうか?という不安が襲ってくる。あまり考え過ぎると逆効果であると知りながらも、頭から離れない・・・。

 

だって、生活の中で「ありがとう」を言わない日の方が少ないかもしれない。

 

毎朝起きると、「今日はありがとうを詰まることなく、言えるだろうか?」と考えてしまうほどだった。苦痛以外の何物でもない。

 

「ありがとう」が詰まる状況を何とか抜け出すことができないか?

 

「ありがとう」を詰まることなく伝えられる方法を、毎日考えた。これ以上、「ありがとう」が詰まる日々が続いたら、もしかしたら自分は消えたくなるかもしれない・・・。

 

そこまで気持ちの限界が来ていた。

 

しかし、その甲斐あってか状況は好転した。そう、やっと「ありがとう」を詰まることなく言える方法を見つけたのである。

 

今回は惜しみなく、この「ありがとう」を詰まることなく言える方法を、あなたにお伝えしようと思う。

 

だから、もし以前の私のように「ありがとう」が詰まると悩んでいるのならぜひ参考にしてみて欲しい。

 

なぜ「ありがとう」が詰まるのか・・・?

「ありがとう」を詰まることなく言える方法を、これからお伝えしていく。

 

が、その前に、どうして「ありがとう」が詰まるのか?このことを簡単に説明しておきたいと思う。

 

「ありがとう」が詰まる原因① 「ありがとう」は自分のタイミングで言えない

「ありがとう」が詰まる原因として一番大きいのが、意外かもしれないがこの理由だ。当たり前のことではあるが、「ありがとう」は相手があってこそ出てくる言葉。

 

つまり、相手が話すタイミングも見計らいつつ、自分が「ありがとう」を切り出すタイミングを見つけ出さなければならない。

 

これは意外に難しい。特に、心の優しい人間にとっては尚更だ。

 

話の腰を折る事が気にならず、ズバズバ自分が言いたいことを言いまくるタイプの人間には、この「ありがとう」が詰まるという感覚は分かるまい。

 

逆に言えば、あなたがこの「ありがとう」が詰まることに悩んでいるということは、あなたの優しさが溢れ出している結果なのだ。

 

「ありがとう」を切り出すタイミングなんて、今まで考えたことなかったな。自分はあてはまらないのかもしれない・・・。

 

と、感じるかもしれないが、これは心の奥底で感じること。だから、なかなか表面化する感情としては感じにくいものなのだ。

 

「ありがとう」が詰まる原因② 「ありがとう」の前に息を吐き、「ありがとう」と同時に息を吸ってしまう

「ありがとう」が詰まるのは単刀直入に言えば、「ありがとう」と発する時に息を吐き出せる状態にないから。

 

この要因が非常に大きい。

 

意識していないかもしれないが、言葉を発する時は必ず息を吐き出しながら行うものだ。

 

しかし、息を吐き出すタイミングを誤り、「ありがとう」と発する前に息を吐き出してしまうと「ありがとう」が詰まってしまう。

 

なぜ、このような現象が起きるかというと、先ほどの“「ありがとう」が詰まる原因① 「ありがとう」は自分のタイミングで言えない”が深く関係している。

 

つまり、自分が「ありがとう」を言えるタイミングではないのに、無理をして「ありがとう」を言おうとしている。だからその結果、「ありがとう」が詰まるのだ。

 

ここまで理解していただけただろうか?

 

実を言うと、私はここまで理解するのに10年以上かかってしまった。だから、悩んだ期間も長かったし、莫大なお金も費やしてしまった。

 

しかし、ここまで理解できれば後は簡単。

 

あなたには、私と同じようなつらい思いをして欲しくない。こんなことに悩むのは私一人で十分だ。

 

では早速、「ありがとう」を詰まることなく言える方法をお伝えしていこう。

 

吃音は克服できない!

そうやって自分を慰めているあなたへ。

いつまで自分と向き合わずに逃げるのか?

 

無理だと決めつけているのは自分自身。

吃音の自分から生まれ変わりたいなら、今すぐ行動しよう。

“最も簡単な”吃音克服の正しい方法を知る(期間限定配信)

「ありがとう」を詰まることなく言える方法 「ありがとう」を言えるタイミングをつくる

「ありがとう」が詰まる原因が、「ありがとう」を切り出すタイミングが掴めないということなら、そのタイミングを自ら作り出す必要がある。

 

難しく考える必要はない。以下を実践してみよう。

 

[su_box title=”「ありがとう」を言えるタイミングをつくる方法” box_color=”#ec060c”]①「ありがとう」の「あ」を発するタイミングで、軽く自分の太ももを叩いてリズムをとってみよう。

 

②「ありがとうございます」なら、「ありがとう」の「あ」と「ございます」の「ご」で二回、太ももを叩いてみる。

 

③人前で話す際には指先で軽くトントンとリズムをとる程度でかまわない。[/su_box]

 

慣れればこれだけで「ありがとう」に詰まることなく、発するタイミングを自在に操れるようになる。

 

これは英会話スキルを上げる時に効果的な手法なのだが、リズミカルに言葉を発することにマッチした手法でもあるのだ。

 

驚くことに、これだけで自然と「ありがとう」の前に呼吸を整えることもできる。

 

簡単にできるので、ぜひ取り入れてみよう。

 

「ありがとう」を詰まることなく言える方法のまとめ

「ありがとう」が詰まると悩んでいるなら、今回お伝えした方法は簡単にできる上に効果的なので、ぜひ試してみてほしい。

 

しかし、「ありがとう」を詰まることなく言える方法というのは、実はまだまだある。

 

今回はご紹介しきれなかったが、興味がある方はこのページの一番下の関連記事でお伝えしているのでぜひ覗いてみてほしい。

 

きっと「ありがとう」が詰まることなんて気にならなくなって、前向きになれるはずだ。

 

さらに、有料級の方法を無料でゲットしたい方は、ぜひ下方にある赤いボタンをクリックだ。(有料級の情報を無料でお伝えしているので、悪用されないようにメルマガでこっそりお伝えしている。)

 

目からウロコ、の方法をたくさん載せているので、あなたの悩みの克服に貢献できると確信している。ぜひじっくり読んでみてほしい。

マコト

44,875 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。