Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ありがとうございましたのコツ!吃音症でも3ステップでありがとうが言える方法

この言葉、言えない…

ありがとうございましたのコツ、あなたはご存知だろうか?

 

ここで言うありがとうございましたのコツとは、“上手にゴマすりをするための方法”ではない。

 

ありがとうございましたがうまく言えない・・・。

 

ありがとうございましたの「あ」の言葉が詰まって出ない・・・。

 

ありがとうございましたがどもるようになって、言えなくなった・・・。

 

このような状態になってしまった時に、どうしたらありがとうございましたが言えるのか?

 

そのような場面で活躍する、ありがとうございましたのコツを紹介していく。

 

もし、ゴマすりのためのありがとうございましたのコツをお探しなら、このページは閉じてもらった方がいい。

 

それでは、早速ありがとうございましたのコツを3ステップ形式でお教えしていこう!

 

ありがとうございましたのコツ① ありがとうを言えない自分を客観的に見る

ありがとうございましたのコツ一つ目は、ありがとうございましたを言えない自分を客観的に見るようにすること。

 

ありがとうございましたを言うときに、噛んでどもってしまったり、初めの「あ」の言葉が出ないと、とんでもなく焦ってしまう。

 

ありがとうを伝えるはずだった相手からの失笑・・・。

 

周りからの冷ややかな視線・・・。

 

穴があったら入りたいくらいの恥ずかしさ・・・。

 

こうなると、なかなかありがとうございましたが出てこない。ここでの失敗が後にトラウマとなって、あなたを恐怖のイメージから離さなくなる。

 

そう、これがありがとうございましたが言えなくなるパターンなのだ。

 

でも、誰しも一度くらい、このような経験があるはずだ。

 

逆にありがとうございましたのコツを掴みたいならば、トラウマを思い出して頭を掻きむしる前に、ここで冷静になっていただきたい。

 

ここで言うありがとうございましたのコツは、どうしたら自分はありがとうございましたを失敗してしまうのか、その状況をよく把握すること。

 

思い出すだけでつらい・・・。

 

と、思うかもしれない。

 

でも、ありがとうございましたが言えない状況をよく知ることが、今後の自分を支えてくれるのだ。

 

ありがとうございましたを言えない状況を客観的に見るためのポイントを詳しくまとめてあるので、もし自信が無ければ、こちらの参考記事に参考にしてみよう。

 

[su_box title=”自分を客観的に見るための参考記事” box_color=”#ec060c”]

ありがとうございましたがどもる…そんな時に気をつけたい3つのこと

[/su_box]

 

ありがとうございましたのコツ② ありがとうを言いやすい環境を整える

ありがとうございましたのコツ二つ目は、ありがとうございましたを言いやすい環境を整えること。

 

それができたら、悩んじゃいないよ!

 

という声が聞こえてきそうだが、大丈夫。

 

私も実際にこの“ありがとうございましたのコツ”の3ステップで、ありがとうございましたを克服してきている。

 

だから、自信を持っておすすめできるし、私以外が実践できないコツなどここでお伝えするわけにいかない。

 

しかし、一つ言うなら、ありがとうございましたのコツ一つ目を押さえていることが大切だ。参考記事も確認して、コツ取得に挑もう!

 

そう、ありがとうございましたのコツ一つ目を押さえると、自分がありがとうございましたを言いにくい状況というのが見えてくる。

 

この原因が明確になれば、あとは対策を行うだけ。

 

ありがとうございましたが言えない状況だなぁと感じたら、それを緩和する対策をすることで、自分がありがとうございましたを言いやすい環境を整えよう。

 

なお、具体的な原因ごとの対策はこちらの記事を参考にしてみてほしい。

 

[su_box title=”ありがとうを言いやすくする具体的な対策はこちら” box_color=”#ec060c”]

ありがとうございましたを噛む人へ、どもりの私が接客業を乗り切ったコツを教えます!

[/su_box]

[su_box title=”ありがとうを言いやすくする具体的な対策はこちら” box_color=”#ec060c”]

ありがとうございましたが言えなくなった…その理由と解決策を徹底解説!

[/su_box]

 

吃音は克服できない!

そう自分に言い聞かせてきた。でも結局、自分と向き合わずに逃げてたんだ。

影響力は小さくていい。「自分には無理だ」と感じる心を開くきっかけになれたら。


無理だと決めつけているのは自分自身。それに気づくことが、吃音克服の一歩目だ。

吃音克服の正しい方法を知る

ありがとうございましたのコツ③ ありがとうが言えない時こそ下を向くな!開き直れ!

ありがとうございましたのコツ三つ目は、ありがとうございましたを言えない時こそ開き直って前を向くこと!

 

正直、ありがとうございましたなんて綺麗に言えなくたっていい!

 

ありがとうございましたのコツなのに・・・そんなムチャクチャだよ〜!

 

あなたはそう思うかもしれない。

 

でも、あなたはアナウンサーじゃない。そんな妙技はアナウンサーに任せておけばいい。

 

そう、初めから、ありがとうございましたを流れる川のようにスラスラと伝えることを相手は期待してなんかいないんだ。

 

じゃあ何のために、ありがとうございましたを言うのか?

 

それは間違いなく、感謝を伝えるため。

 

いつしか私たちはありがとうございましたを言えなくなって、何とかありがとうございましたを口からひねり出すことに躍起になっていた。

 

ありがとうございましたをうまく言うことにこだわっていた。

 

だけど、一番大切なのは、相手に感謝の気持ちを伝えることだ。ありがとうございましたをスラスラ言えることが一番大切なのではない。

 

ありがとうございましたの初めの「あ」が言えなくたって、噛んでどもったって正直問題ない。

 

それより、ありがとうございましたという感謝の気持ちを相手に届けることが大切だ。

 

笑顔でにこりと微笑んで、感謝の気持ちとしてありがとうございましたを言おう。これが、ありがとうございましたのコツだ。

 

[su_box title=”関連記事” box_color=”#ec060c”]

ありがとうございましたが言えない時は開き直るのが一番!

[/su_box]

マコト

56,788 views

どもり・吃音症の心理アドバイザー。 自らが吃音症を克服してきた経験から、今現在どもりや吃音症で悩んでいる人をサポート。 これまでの失敗談や数多くの成功例など...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。